神武天皇 (2)熊野の荒ぶる神


神武天皇 (2)

熊野の荒ぶる神 


荒ぶる神の霊気に当たって倒れる

こうして、イワレビコの命はそこから廻り込んで、熊野の村に着いた時に、
大きな熊がほのかに、ふっと出て来て、そのまま消えてしまいました。
すると、イワレビコの命は急に疲れてしまい、
また率いていた軍勢も皆疲れて倒れてしまいました。

この時、熊野の高倉下(たかくらじ)という者が、一振りの太刀を持って、
天つ神の御子が倒れている所にやって来て、その太刀を献上しました。
すると、イワレビコの命はすぐに目が覚めて起き上がり、
「長く寝たなあ。」と言われました。
そして、その太刀を受け取ると、その熊野の山の荒ぶる神はひとりでに皆切り倒されました。
すると惑わされて倒れていた軍勢も、みな目が覚めて起きました。

高倉下に夢のお告げがあった

そこで、イワレビコの命が高倉下に、その太刀を手に入れた事情を尋ねると、
高倉下は、こう答えました。
「こんな夢を見ました。
天照大御神高木の神の二柱の神が建御雷の神を召して、言われました。
葦原の中つ国はひどく騒いでいるようだ。我が御子たちが病んでいるらしい。
その葦原の中つ国は、そもそもそなたが平定した国である。
だから、そなた建御雷の神が天降りしなさい。』と。

そこでお答えになったのが、
『私めが天降りしなくても、その国を平定した太刀が有るので、
その太刀を下ろすのがよろしいでしょう。』と。
(この太刀の名は佐士布都(さじふつの)神と言い、
またの名は甕布都主(みかふつぬし)と言い、
またの名は布都御魂(ふつみたま)と言う。この刀は石上神宮にある。)

そして、私にお告げになったのです。
『この刀を降ろす方法だが、高倉下よ、お前の家の倉の屋根に穴を開けて、
そこから落とし入れる。だから、縁起をかついで、朝、目を覚ました時に、
一番最初に目に入るようにして、天つ神の御子に奉りなさい。』と。

太刀と八咫烏が降ろされる

朝、目が覚めて、夢で教えられた通りに倉を見ると、本当に太刀がありました。
だから、その太刀を持って献上しに参りました。」
と高倉下は申し上げました。さらに付け加えて言いました。

「その時、また、高木の神が教え諭された事には、
『天つ神の御子を、これより奥の方には、入らせないようにしなさい。
荒ぶる神がとても多い。今、天から八咫烏(ヤタガラス)を遣わす。
その八咫烏が道案内をするであろう。
それが飛び立った後から、行軍されるように。』との事です。」

吉野で国つ神たちに出会って行く

それを聞いて、イワレビコの命は教えの通りに、八咫烏の後から行軍し、
吉野河の川尻に着いたとき、梁(やな、竹の仕掛け)を伏せて、
魚を取っている人がいた。そこで、イワレビコの命は
「そなたは誰か。」と尋ねると、
「私は国つ神、名はニヘモツの子と言います。」と答えました。
(これはアダの鵜飼の祖である。)

そこからさらに進むと、尻尾がある人が井戸から出て来ました。
その井戸に光が有りました。そこで、
「そなたは誰か。」と尋ねると、
「私めは国つ神、名はイヒカと言います。」と答えました。
(これは吉野首らの祖である。)

そこでその山の中に入って行くと、また尻尾がある人に会いました。
この人は岩を押し分けて出て来ました。そこで、
「そなたは誰か。」と尋ねると、
「私めは国つ神、名はイワオシワクの子と言います。
今、天つ神の御子が来られたと聞いたので、御迎えに来ました。」と答えました。
(これは吉野の国巣の祖。)

(つづく)
[PR]
by himeluna | 2010-05-09 09:39 | ◆神武天皇・1代 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://himeluna.exblog.jp/tb/14311960
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by スサノオ at 2011-02-21 11:38 x
藤原不比等が天皇の外戚として権力をコントロールしやすく書いたのが、日本書紀。戦後、伊勢は国家神道の状態を解体され、ロス茶をたのんだ。だから日本の神道がユダヤ教とにているとの説が跋扈した。ロス茶は 100年以上の時間をかけ、この藤原氏が開発した権力コントロールシステム を復活させ、安住できる第二のイスラエルを目指している。だから古事記の研究に難癖をつけたり、古事記の純粋性を否定する論文が出るのはロス茶の回し者。
Commented by himeluna at 2011-02-21 13:10
へえ~。古事記の純粋性を否定する論文とかあるんですか。どんな論点だろ。面白そうですね。そんな論文を書く人だから、きっと古事記を全文、読破してるはず。
るなはまだまだ10分の一も読んでない…。
Commented by プレス技術者 at 2012-12-29 21:49 x
 島根県安来市に巨大な工場を構える日立金属が開発した新型冷間工具鋼 SLD-MAGIC(S-MAGIC)は微量な有機物の表面吸着により、金属では不可能といわれていた自己潤滑性能を実現した。この有機物の種類は広範囲で生物系から鉱物油に至る広い範囲で駆動するトライボケミカル反応を誘導する合金設計となっている。潤滑機械の設計思想を根本から変える革命的先端材料というものもある。
 このトライボケミカル反応にもノーベル物理学賞で有名になったグラフェン構造になるようになる機構らしいが応用化の速度にはインパクトがある。
Commented by 雲南広島尾張 at 2013-04-02 21:29 x
文科省は重大な問題として考えていないな。
スペルボーン(Spellborn)