神武天皇 (5) 結婚 后と大后

神武天皇 (5)

結婚 后と大后


后 アヒラ姫

イワレビコノ命が、まだ日向(ひむか)に居られた時に、
アタのオバシの君(きみ)の妹、アヒラ姫を妻としました。
その二人の間に生まれた御子はタギシミミノ命キスミミノ命です。

大后 イスケヨリ姫

しかし、更に大后(おおきさき)にふさわしい美人を捜す事になりました。
その時、大久米(おおくめ)の命が申し上げました。

「この近くに良い娘がいます。この娘を神の子と言います。
何故かと言うと、三島のミゾクイの娘でセヤダタラ姫という人がとても美しい方で、
三輪山の大物主神(おおものぬしのかみ)が見染めたそうです。
その姫が川の上に作った厠(かわや)に行って、用を足していると、
大物主神は、赤く塗った丹塗りの矢になって、川から流れて来て、
その人のホト(女陰)を突きました。
その姫は驚いて、逃げてイススキ(狼狽し)ました。

その矢を床の所に置くと、たちまちに麗しい男になって、
セヤダタラ姫を妻にしました。
こうして生まれたた子供の名前はホトタタライススキヒメの命と言い、
また、ヒメタタライスケヨリ姫とも言います。
(これはホトという言葉を嫌って後に名前を改めました。)
こう言う事で神の御子と言うのです。」

七乙女

 ある日、七人の乙女たちが高佐士野(たかさじの)で、
野遊びをしている中に、イスケヨリ姫がいました。

大久米の命が、イスケヨリ姫を見つけて、
歌を作って、イワレビコの命に言いました。
   「倭(やまと)の高佐士野を 七人の乙女たちが通って行きます。
   あなたは誰と共寝をしますか。」
この時、イスケヨリ姫は一番前に立っていました。
イワレビコノ命はその乙女たちをご覧になって、
(イスケヨリ姫は一番前に立っている人だろう)と思って、
歌で返事をされました。
  「まあそうだな。一番前に立っている可愛い人と共寝をしよう。」

そこで、大久米の命はイワレビコノ命のお気持ちをイスケヨリ姫に伝えました。
イスケヨリ姫はその大久米の命が目の周りに入れ墨をして鋭い目に見えるのを見て、(変わってるなあ)と思って、歌にして、返事をしました。
  「つばめ、せきれい、ちどり、ほおじろ。それにあなた。
  どうしてそんなに縁取りのくっきりとした目なの。」

それを聞いて、大久米命も歌を返しました。
  「ただ、あなたに会いたいと、探し求めて、大きな目になりました。」

その歌の意を汲み取った乙女は「お仕えしましょう。」と言って、
お后になる事を承知しました。

イスケヨリ姫の家は狭韋河(さいがわ)のほとりにありました。
イワレビコノ命はイスケヨリ姫の家にお出ましになって、一夜、共寝をなさいました。
  (その川を狭韋河と言う訳は、
   その川辺に山百合の花がたくさん咲いていたからです。
   サイとは山百合の花の事です。)

のちに、イスケヨリ姫が入内された時に、イワレビコノ命が歌を詠まれました。
   「葦がいっぱい生えている所の、粗末な小屋で、
   菅で編んだ敷物を清らかに敷いて、私とそなたと一緒に寝たなあ。」

こうして、生まれた御子の名前は、日子八井命(ヒコヤイノ命)。
次に神八井耳命(カムヤイミミノ命)、
次に神沼河耳命(カムヌナカワミミノ命)の三人でした。
                    * 
 神倭(カムヤマト)イワレビコの天皇の崩御の年は137歳。
御陵は畝火山の北の方の白檮(かし)の尾の上にあります。

神武天皇の東征前の伝承が、福岡県の筑前地方各地に残っています。

飯塚市 日若神社  神武天皇が峠の霧で困ったのを助けられた話。
      厳島神社  神武天皇を物部氏が馬を連れて迎えに来た話。
嘉麻市  宇麻美神社(馬見神社)神武天皇が物部氏の案内で
         天孫を祀りに行った所。
宗像市  八所宮  神武天皇たちが東征前に神を祀った所。
北九州市 岡湊神社 一年間逗留した所。

青い所は『ひもろぎ逍遥』で紹介しています。 


イスケヨリ姫の出自については
 『ひもろぎ逍遥』
日若神社(5)イスケヨリ姫との結婚の背景
         姫の名前には古代鉄の暗号が。
で詳しく書いています。                   


イスケヨリ姫の歌に出てくる鳥について、ブログ『徒然なるままに、、、』で、野鳥の会の方に検証してもらった記事が出ましたので、リンクしました。写真付きです。
                   「古事記にでてくる鳥」 
[PR]
by himeluna | 2010-05-06 18:50 | ◆神武天皇・1代 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://himeluna.exblog.jp/tb/14371945
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by じゅんじゅん at 2010-09-03 21:21 x
「つばめ、せきれい、ちどり、ほおじろ」と訳されていますが、鳥の名前はどこかに書かれていましたか?
Commented by himeluna at 2010-09-03 21:57
元歌を書きますね。万葉仮名をひらがなで。
「あめつつ ちどりましとと などさけるとめ」
これがその歌です。古事記・中巻・神武天皇の所です。
「記伝」の四種の鳥説を訳したと思います。漢字があててありますが、変換が無理かな。「鶺鴒・千鳥」だけは現代と同じです。
質問の答えになったでしょうか。
Commented by じゅんじゅん at 2010-09-04 09:26 x
胡燕子鶺鴒〔あめつつ〕 千鳥〔ちどり〕ま鵐〔しとと〕がよく分からなくて、、、。とにかく鳥だとは思うのですがわたしって具体的にどんなのか知りたがるの。一応奈良の野鳥保存会の人のサイトに出会ったので、奈良に生息する、刺青をいれたみたいにパッチリした目の鳥を教えてほしいと、メールしたけど、、、。
Commented by himeluna at 2010-09-04 09:36
それはありがたいです。江戸時代からこの歌は謎で、いろいろと学説があるようです。でも、身近な鳥のはずなんです。野鳥の会の人なら、解けるかも知れない。
そうすれば、画期的な発見になります!
Commented by jumgon at 2010-09-06 22:37
野鳥の会の方から、お返事いただけました。るなさんが書かれてたのと同じ答えです。でも鳥の愛好家から他の知識も得られてよかったです。
Commented by himeluna at 2010-09-06 22:42
え、そうなんですか?それは嬉しい(^。^)
それは大発見です。写真が見たい!ブログお邪魔します。
Commented by jumgon at 2010-09-08 19:58
「古事記に出てくる鳥」リンク貼っていただいて有難うございます。それにしても、古事記には色んな鳥や動物、植物名が出てきますが、現在と同じと思われるものもあれば、想像もつかないものがありますね!気になってきた。へんな方向に寄り道しそう~
Commented by himeluna at 2010-09-09 13:14
こちらこそ、詳しく調べていただいてありがとうございます。
「古事記」にしろ、古典は人間の暮らしそのものを描いているので、総合的な知識がいるなと、思いました。国語学者だけでは、手が足りないと思います。こうして、各分野の人たちの知識を集めると、細かいとこまで明らかになって、少しでも真実に近づける。
ここでも姫が鳥の顔も名前もよく知ってる事に時代の相違を感じます。
百合も、どうやら、種が風で飛ぶ品種らしいですよ。調べ甲斐がありそうですね。
Commented by jumgon at 2010-09-09 14:23
大神神社(ご神体は三輪山)には「ささゆり」が昔から咲いており、近年ハイカーが持ち帰ったりして花が絶えそうになったので、今保存活動がされているようです。
Commented by himeluna at 2010-09-09 17:55
三輪山には百合もあるんですね。百合は球根はもちろんですが、種が風に飛んで繁殖するので、前年の風向きを確認できるそうです。鉄の民にとっては風がとても大切なので、持って移動したのかも。
スペルボーン(Spellborn)