熊襲建(クマソタケル)と出雲建(イズモタケル)

ヤマトタケルの命(日本武尊)(2)

熊襲建(クマソタケル)と出雲建(イズモタケル)


熊曾建の兄弟たち

 こうしてヤマトタケルの命が熊襲建(くまそたける)の家に着いて様子を伺うと、
その家の周囲を軍勢が三重に囲んで、室(土蔵の家)を作っていました。
室が完成したら、落成の祝宴をしようと騒いでいて、
御馳走をつくる準備をしていました。
そこで、ヤマトタケルの命はそのあたりをブラブラとして、祝宴の日を待ちました。

 ついに、その祝宴の日になると、これまで結っていた少年の髪型をほどいて、
乙女の髪のようにけずって垂らし、叔母のヤマトヒメからもらった
上着と裳に着替えて、すっかり乙女の姿になって、
女の人たちの中に紛れ込んで、その室の中に入りました。

すると、熊襲建の兄弟が二人ともヤマトタケルの命を見染めて、
二人の間に座らせて、盛り上がって宴会をしました。
そして、宴がたけなわになった時に、ヤマトタケルの命は懐から剣を出して、
兄の熊襲建の衣の襟首を掴んで剣で胸を刺し通しました。

弟の熊襲建が恐れて逃げ出しました。
それを追いかけてその室の階段の下に追い込むと、
背中を掴んで剣を尻から刺し通しました。
すると、その熊襲建が言いました。
「その太刀を動かさないで下さい。(動かすと、死んでしまうので)
言いたい事があります。」
そこで、しばらく聞き入れる事にして、押し伏せました。

「あなた様はどなたですか。」と熊襲建が尋ねたので、
「私は巻向(まきむく)の日代宮(ひしろのみや)で大八島国を治めていらっしゃる、
オオタラシヒコオシロワケの天皇の御子、名はヤマトオグナだ。
おのれ熊襲建兄弟二人、まつろわず、無礼だとお聞きになって、
おのれらを討ち取れと、みことのりされて、遣わされたのだ。」と言いました。

すると、熊襲建が言いました。
「まことにその通りでしょう。西の方に私たち二人を除いて、
勇猛で強い人はいません。
しかし、オオヤマトの国には我ら二人より勇猛な人がいたんですね。
私がお名前を差し上げましょう。これからはヤマトタケルの御子と称えます。」

熊曾建がこう言い終えると、ヤマトタケルの命は
熟れた瓜を絶ち切るように殺しました。
こうして称えられて、名前をヤマトタケルの命と言うようになりました。
ヤマトタケルの命は都へ還りながら、山の神、川の神、また穴戸の神を
みな平定して行かれました。

出雲建

 その途中、ヤマトタケルの命は出雲の国に入ると、
出雲建(いずもたける)を殺そうと思って、友達になりました。
こっそりとイチヒの木で木刀を作り、貴人用の太刀に仕立てて、
出雲建と二人で肥の川で沐浴(身体を洗う事)しました。

 ヤマトタケルの命は先に川から上がると、出雲建が置いていた太刀を手に取って、
「刀を交換しないか。」と言いました。
出雲建は後から川から上がると、ヤマトタケルの命の偽太刀を腰に付けました。

そうすると、ヤマトタケルの命は「なあ、太刀を合わせてみないか。」と誘いました。

そこで、互いに太刀を抜いたとき、出雲建は偽太刀を抜けませんでした。
すると、ヤマトタケルの命は太刀を抜いて、出雲建を討ち殺してしまいました。
そうして歌を詠みました。
  出雲建の腰につけた太刀は 黒いカズラを沢山巻いているのに 
刀身が無いのがあわれだったなあ

こうして、平定して都に戻って、帝に報告しました。
                           (つづく)
[PR]
by himeluna | 2010-06-09 13:28 | ヤマトタケル(日本武尊)1-5 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://himeluna.exblog.jp/tb/14445368
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by カミタク(熊襲の穴訪問記) at 2010-10-21 20:53 x
【リンク報告】
こんにちは。カミタク
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/
と申します。

私が運営しております、鹿児島県内外の温泉と観光を紹介するホームページ「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/kagoonin.htm
内のサブ・コンテンツ「熊襲の穴訪問記」
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/KAGKANAU.HTM
から貴ブログ記事にリンクを張りましたので、その旨、報告いたします。

今後とも、よろしくお願い申し上げます。
Commented by himeluna at 2010-10-22 09:05
リンクありがとうございます。
鹿児島の魅力満載ですね。鹿児島は大好きです。何度も行きました。今度はこのHPを参考に旅を決めたいと思います!
Commented by 山陰ロマン旅行家 at 2012-02-20 10:40 x
 島根県では古事記1300年のイベントがあるらしく、今年は山陰に足を延ばそうかと思います。まず鳥取県の白兎海岸での白ウサギの話のあと、オオクニヌシの神は、八十神にいじめられたあたりが鳥取県日野郡あたりで、その後根之堅洲国のスサノオ神からも試練を受ける。このあたりは島根県安来市の富田八幡宮の境内社須賀神社あたりになろうかと思います。近くには、古代出雲王陵の丘と言う弥生大型墳丘墓の一種四隅突出型墳丘墓の密集地帯があるそうです。イザナミ神の神陵地である比婆山にも寄ってみたい。そうやって島根県松江市にある黄泉平坂のある揖夜神社に寄って、出雲大社や古代出雲歴史博物館のある島根県出雲市へと向かいます。こうやって、オオクニヌシの神の移動に合わせて観光するのも一興だと思います。古代歴史博物館に飾られている錆びずに出土した奇跡の大刀は、中間地点の安来市から出土したらしく、ここはたたら吹き製鋼法を伝える和鋼博物館や、日本庭園世界一の足立美術館などもあります。
スペルボーン(Spellborn)