スサノオの命(3) 出雲


スサノオの命(3) 

出雲


スサノオの命はこうして追放されて、
出雲の国の肥の河上、名は鳥髪(とりかみ)という所に降りました。
この時、箸がその川上から流れて来ました。
そこでスサノオの命は人がその川上に住んでいると思って、
尋ね求めて遡って行くと、老夫と老女が二人いて、
乙女を中に置いて泣いていました。

スサノオの命は「お前たちは誰だ。」と尋ねました。
老父が答えました。
「私めは国つ神、大山津見の神の子です。
私めの名前は足名椎(あしなづち)と言い、妻の名は
手名椎(てなづち)と言い、娘の名前はクシナダ姫と言います。

また、「お前はなぜ泣いているのだ。」
と尋ねると、
「私の娘は、もともと八人いたのですが、
この高志(こし)のヤマタのオロチが毎年来て食べてしまいました。
今また、やって来る時が来たのです。だから泣いています。」
と答えて申しました。

「その姿かたちはどんな風なのか。」と尋ねると、
「その目は赤いほおづきのようで、身体は一つで、頭が八つ、
尻尾も八つ付いています。
また、その体にコケとヒノキと杉の木が生えて、その長さは谷が八つ、
丘が八つ分あって、その腹を見ると、いつも血がただれています。」
と申し上げました。

そこで、スサノオの命はその老父に言いました。
「この、お前の娘を私にくれまいか。」
「畏れ多くも、お名前を存じません。」と答えました。
そこで応えて言いました。
「私は天照大御神の弟だ。こうして、今、天から降りて来た所だ。」
と言いました。
それを聞いてアシナヅチとテナヅチは、
「そうでしたら、畏れ多い事です。娘を差し上げましょう。」
と申し上げました。

そこで、スサノオの命はその乙女を湯津爪櫛(ゆつつまぐし)に変えて、
ミヅラに刺して、アシナヅチ・テナヅチに言いました。
「そなたたちは、八回繰り返して醸造した酒を作り、又垣根をぐるりと作り、
その垣根に八つの門を作り、門毎に八つの桟敷(さじき)を作り、
その桟敷毎に酒を入れる器を置いて、器ごとに酒をなみなみと入れて待ちなさい。」
と言いました。

そこで、言われたとおりに準備をして待った時、
例のヤマタのオロチが、言われた通りにやって来ました。
ヤマタのオロチは酒を見つけると、器ごとに頭を垂れてつっこんで、
その酒を飲みました。
そして、酔っぱらうと、居座って寝込んでしまいました。
それを見計らって、スサノオの命は帯びていた十握剣(とつかのつるぎ)を抜いて、
そのオロチをずたずたに切ったので、肥の河は血に染まって流れました。

ところが、そのオロチの尾を切った時に剣の刃が欠けてしまいました。
「怪しい。」と思って、剣の先で裂いてみると、
都牟刈(つむがり)の太刀がありました。
その太刀を取り出して、「不思議なものだ」と思って、
アマテラス大御神にその話をして献上しました。
これが草薙の太刀です。

こうして、スサノオの命はクシナダ姫と住む宮を作る場所を出雲の国で探しました。
須賀の地に着いたとき、言いました。
「ここ来たら、すがすがしい気持ちがする。」
と言って、そこに宮を作りました。
こうして、その地を今でも須賀と言います。

このスサノオの命が初めて須賀の宮を作った時、そこから雲が立ち上りました。
それを見て歌を詠みました。その歌は、
  八雲立つ 出雲八重垣 
  妻籠みに(つまこみに) 八重垣作る その八重垣を
       (雲が立つよ。 出雲の八重に造った垣根の家に
        妻と籠る為に 八重垣を作った その家に
        愛し合う二人を隠してくれるように)

それから、アシナヅチを召して、
「そなたは我が宮の(おびとー長官)に任命する。」と告げました。
また名前を与えて、稲田の宮主の須賀の八耳(やつみみ)の神と名付けました。

こうして、クシナダ姫と結ばれて生まれた子の名前は、
ヤシマジヌミの神と言います。
又、大山津見の神の娘、カムオオイチ姫を妻として生れた子は
大年(おおとし)の神ウカノミタマの神
(略)
ヤシマジヌミの神の6代目に、大国主の神が生まれました。
                                  (つづく)


c0213541_219724.gif



[PR]
by himeluna | 2010-07-02 21:11 | スサノオの命 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://himeluna.exblog.jp/tb/14754358
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 発明王島根 at 2011-02-20 00:36 x
 鋼一筋で来た安来の話を抜きでは語れない話でしょうね。
Commented by himeluna at 2011-02-20 16:01
ようこそ。発明王島根さん。
安来のお話、よかったら聞かせてください。この古事記とは違う伝承があるのかな…。もっと安来を知るには、どんなHPかブログに行ったらいいのかな…。最近よくそんな事を思います。
Commented by 出雲屋 at 2011-03-27 15:01 x
YouTubeでSWORD TATARAで検索すると、NHKのプロジェクトXがやっているので、その時の鈴本禎一氏の話を注意深く聞いてみたら色々と分かるよ。
Commented by himeluna at 2011-03-27 21:58
出雲屋さん、情報ありがとうございます!
取り敢えず鈴本禎一氏で検索しました。面白そうですね!
私のNTTドコモは残念ながらユーチューブが見られないのですが、きっとこのコメントを見てDVDを見せてくれる人が出てくると思います。(と〇〇さんに期待…)
蹈鞴については、真鍋大覚氏の新たな資料が出て来て、少しずつ状況が見えて来ました。『ひもろぎ逍遥』と合わせて記事にして行きたいと思っています。
これからも、よろしくお願いします。 (^-^)/
Commented by himeluna at 2011-05-26 16:16
出雲屋さん、お勧めの「千年の秘技 たたら製鉄」をようやく見ました。大感動です。弥生時代から始められた「たたら製鉄」。その失敗と成功。これが日本の至るところに残されていたのですね。本当に素晴らしい情報をありがとうございました。

Japanese Sword Tatara Part 1

http://www.youtube.com/watch?v=-mmPMSK-pl8&NR=1&feature=fvwp
Commented by jumgon at 2011-05-28 15:42
わたしもこのコメント欄を見てYouTubeでSWORD TATARAをみました。とても素晴らしい内容でした!!ありがとうございます。
Commented by himeluna at 2011-05-28 19:12
観たんですね!私、うるうるしながら見ました。
出雲屋さん、遊びに来てくれてるかな…。
Commented by 出雲屋 at 2012-04-23 17:59 x
 今、古事記編纂1300年の節目の年ということで、島根県は観光客を集めているらしい。7月からは神話博しまねってのをやるらしい。そういったなか、出雲市の島根県立古代出雲歴史博物館や安来市の和鋼博物館に人気が集まっているらしい。それは
島根県安来市植田町かわらけ谷で発見された奇跡的に1400年も経って出土したのに錆びていない大刀の展示があるからだ。その安来市は最先端の設備で高性能工具鋼を製造し世界のデファクトスタンダードを開発してきている。
 その大刀は1911年に発見されたらしい。ちょうどそのころ(1913)、安来鉄鋼合資会社(現;日立金属安来工場)の伊部喜作という人物が、玉鋼に合金元素を添加して東洋で初の高速度工具鋼(ハイス)を開発したらしい。それ以来、日立金属になってまでずっと工具鋼国内シェアーは第一位。つまり、工具鋼は国産100周年というのが来年にあたる。シェア国内一なのが100年も続く製品はトヨタさんでも持っていないのでは?なにか匂わないでしょうか?
Commented by himeluna at 2012-04-26 14:16
え?え?
錆びていない1400年前の太刀が出土していたのですか?
全く知りませんでした。HPで分かるかな。(・.・;)

それと後半の話、伊部喜作が高速度工具鋼を開発。
え?え?
何が匂うのですか(・.・;)
もしかしたら、古代の技術が蘇った?
出雲屋さん、詳しく教えてくさだい。
古代鉄…好きなのにちっとも分からないんです。
Commented by たたら好き@新日鉄 at 2012-06-12 20:54 x
 それって安来の須賀神社付近で見つかったんでしょ。伊部喜作氏がそれを分析して、洋鋼にはない工夫を安来鉄鋼合資会社が行って製造してきたから100年以上も日立金属がトップシェアーってところを言いたかったのかもね。
Commented by himeluna at 2012-06-13 08:20
なるほど!
具体的にありがとうございます!
東大寺の宝剣なんて、全く錆びてないし、古代には現代人の知らない技術があったのですね。
う~む。
それは粘土のような物質と関係があるかな…。
ある神社の御神体は鉄製造の時に投入するもだと伝わっているらしいのですが、
それがどんな作用のものか分かりますか?
たたらの時に使う物なんだそうです。
Commented by 名古屋人 at 2015-10-14 20:57 x
「このようにして製品の優秀なること
を世に確認させるとともに、販路は益々拡大して、今日
では兵器、軍艦の重要な部材材料として陸海軍当局より
多額の用命を受けるようになった。けれども、世間には
往々にしていやしい人がいて、事実をつくりごととして
根拠のない噂を流し、自分だけが大もうけするようにし
ようと考えたのだが、つまるところ天に唾する結果に
落ちいった。このため安来鉄鋼合資会社の評判はかえ
って益々世に知られると共に、中国産鉄の真価を内外に
発揮し、帝国産業界の誇りとする時期に達していたので
時の要求に応え、今では大いに資本を増やし、規模を
拡張する大成果に至った。」
スペルボーン(Spellborn)