武内宿禰(4) 日本書紀版 孝元天皇から仲哀天皇

                    ★日本書紀版です。読み方は「たけしうち}です。

武内宿禰(4)
たけしうちのすくね
孝元天皇から仲哀天皇崩御まで


【日本書紀】

〔孝元天皇〕

7年の春二月の丙寅(ひのえとら)の朔丁卯(ひのとうのひー2日)に、
孝元天皇ウツシコメの命を立てて皇后としました。
后(きさき)は二人の男、一人の女を生みました。
第一をオオビコの命と言います。
第二をワカヤマトネコヒコオオヒヒの天皇と言います。
第三をヤマトトト姫の命と言います。
(ある本にはこの姫の父は天皇の同母弟スクナヒコオの命と言います。)

妃(みめ)イカガシコメの命ヒコフツオシノマコトの命を生みました。
次の妃(みめ)河内のアオタマカケの娘の埴安姫
タケハニヤスビコの命を生みました。
兄のオオビコの命は阿倍(あべ)の臣・膳(かしわで)の臣、アへの臣、ササキの山の君、筑紫の国の造・越の国の造・伊賀の臣、すべて七族の始祖です。
ヒコフツオシノマコトの命は、武内宿禰の祖父です。

〔景行天皇〕


3年の春二月の庚寅(かのえとら)の朔(ついたち)に、景行天皇
紀伊の国に出かけて、もろもろの神祇を祝い祀ろうとして、占いましたが、
吉ではありませんでした。そこで、行幸は中止になりました。

ヤヌシオシオタケオココロの命を代わりに遣わして祭祀させました。
ヤヌシオシオタケオココロの命が詣でて、阿備(あび)の柏原に行って、
神祇を祝い祀りました。そこに9年間住みました。
その時、紀の直(あたい)の遠祖ウヂヒコの娘の影姫を娶って、
武内宿禰が生まれました。

25年の秋、7月の庚辰(かのえたつ)の朔壬午(みずのえうま―3日)に、
武内宿禰を遣わして、北陸および、東方の国々の地形、また人民の消息を
視察させました。

27年の春2月の辛丑(かのとうし)の朔壬子(みずのえのねー12日)に、
武内宿禰は東国から帰って来て奏上しました。
「東(あづま)の田舎の中に、日高見の国があります。
その国の人は、男女とも髪を椎(つち)のような形に結って、
からだに入れ墨を入れて、ひととなりは勇ましく、たくましく見えます。
これをみな蝦夷(えみし)と言います。また土地が肥沃で広いです。
攻撃して取るのがよろしい。」と言いました。

秋8月に熊襲がまた背いて、辺境を侵しました。

冬10月の丁酉(ひのととり)の朔己酉(つちのととりー13日)に、
日本武尊(やまとたけるのみこと)を遣わして、熊襲を撃たせました。
その年16歳。

51年の春正月の壬午(みずのえうま)の朔戊子(つちのえね―7日)に、
景行天皇は群臣たちを召して宴(とよのあかり)を数日されました。
その時、皇子のワカタラシヒコの尊と武内宿禰は宴の庭に参内しませんでした。
天皇は召してその訳を尋ねました。
そこで奏上したのは、
「このような宴楽の日には、群臣百寮はきっと心が遊びごとでいっぱいで、
国家の事が疎かになります。もし、狂った人がいて、警備の隙を突く事が
あったらいけないと、門の所に伺候して、非常の事態に備えていました。」
と。
その時、天皇が言いました。
「これはあっぱれ。」と。そう言う事で武内宿禰を寵愛しました。

秋8月の己酉(つちのととり)の朔壬子(みずのえねー4日)に、
ワカタラシヒコの尊を立てて、皇太子となさいました。
この日に、武内宿禰を棟梁の臣(むねはりのまえつきみ)とされました。

〔成務天皇〕


3年の春正月の朔癸酉(みずのとりー7日)に、
武内宿禰を大臣(おおおみ)とされました。
もともと成務天皇と武内宿禰とは同じ日に生まれました。
それで特に寵愛されました。

〔仲哀天皇〕


9年の春2月の癸卯(みずのとのう)の朔丁未(ひのとのひつじー5日)に、
仲哀天皇は急に病に倒れて、翌日崩御されました。
その時52歳。神の言葉を受け入れなかったために早く亡くなったのでした。
ある本には仲哀天皇がみずから熊襲を討って、敵の矢に当たって
崩御されたといいます。
神功皇后と大臣武内宿禰は仲哀天皇の喪を隠して、天下に知らせませんでした。
そうして、皇后は大臣と中臣の烏賊津の連(むらじ)、大三輪の大友主の君
物部のイクヒの連、大友のタケモツの連に、
「今、天下はまだ天皇が崩御された事を知らない。
もし群臣・人民が知ったら、戦意を喪失するであろう。」
と言われました。
そこで四人の大夫に命じて、百寮を率いて宮中を守らせました。

ひそかに天皇の屍(しかばね)を収めて、武内宿禰に命じて
海路で穴門の宮に遷しました。
こうして豊浦の宮で殯(もがり)をして、灯火を付けずに
御霊をあげる儀式をしました。
甲子(きのえねー22日)に大臣武内宿禰は穴門から戻ってきて、
皇后に帰還を報告しました。
この年は新羅の役のために、仲哀天皇の葬儀が出来ませんでした。
                               (つづく)


c0213541_219724.gif



[PR]
by himeluna | 2010-08-07 10:46 | 武内宿禰(たけしうちのすくね) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://himeluna.exblog.jp/tb/14920102
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
スペルボーン(Spellborn)