襲津彦は新羅の人質に逃げられてしまう。

                                    【日本書紀】

葛城襲津彦(3)
かづらきのそつひこ 
襲津彦は新羅の人質・ミシコチを
護送する途中、逃げられてしまう。
新羅の草羅城を攻め落として捕虜を連れて帰る。

  
【神功皇后の巻】
それまでのあらすじ
神功皇后の軍勢は新羅に攻め入って、勝利する。新羅の王ハサムキムミシコチハトリ干岐(かんき)を人質として差し出した。高麗(こま)と百済も服従。これが三韓である。

神功摂政5年の春3月7日に、新羅の王ウレシホツ、モマリシチ、ホラモチたちを派遣して、貢ぎ物を持って来ました。それは先に人質となった、ミシコチ伐旱(ほつかんー新羅の官位)を返してほしいという心情からでした。

新羅の使者たちはミシコチ伐旱に謀り事を教えました。ミシコチは皇太后に欺いて言いました。
「使者のウレシホツとモマリシチたちが私めに言いました。
『新羅の王は、私めが久しく還らないので、妻や子供たちを皆捕えて奴婢としてしまった。』と。
願わくば、しばらく本土に還って、真偽を確認したいのですが。」と。

皇太后(神功皇后)は許可しました。葛城の襲津彦(そつびこ)を付けて派遣しました。共に対馬に着いて、鉏海(さひのうみ)の湊に泊まりました。その時、新羅の使者のモマリシチたちが密かに船と水手(かこ)を手配して、ミシコチ旱岐(かんき)を乗せて新羅に逃がしました。

その時、人形を作ってミシコチの布団の中に置いて、偽って病人のふりをさせて、襲津彦に言いました。「ミチコチが急に病気になって死にそうです。」と。

襲津彦は人を送って病人を見に行かせました。そこで騙された事が分かって、新羅の使者三人を捕えて牢屋に入れて、火をつけて焼き殺しました。そして、新羅に行って、蹈鞴津(たたらのつ)に行き、草羅城(さわらのさし)を攻め落として帰国しました。この時の捕虜たちは今の桑原、サビ、高宮、忍海(おしぬみ)たちの、四つの邑の漢人(あやひと)らの始祖です。

※西暦 205年の事です。

                                           (つづく)
c0213541_219724.gif



[PR]
by himeluna | 2010-12-07 17:36 | 葛城襲津彦かづらきそつひこ | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://himeluna.exblog.jp/tb/15512822
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by jumgon at 2010-11-25 22:56
葛城の襲津彦は神功摂政の205年に新羅に遠征、そして娘はイワノ姫(仁徳天皇皇后)です。記紀は年代的に矛盾した記事を平気で書いてますね。二倍年暦で考えても少し変。
でも私たちがいくら考えても分からない。学者に考えてもらわないと、、、。
とりあえず、そのまま読んでいくほかないですね。
Commented by himeluna at 2010-11-26 09:41
ホントその通りですね。さらに、この続きは矛盾が加わります。お楽しみに。
Commented by 安来の語部 at 2011-01-30 12:02 x
 ロス茶が古事記とユダヤ人を関連付けて日本人を洗脳しようとしているが、それとは対照的な立派なblogですね。
Commented by himeluna at 2011-01-30 12:16
安来の語部さん、コメントありがとうございまず。
教科書程度の知識しかないので、今、基礎史料を自分の手で作っているところです。日本書紀には知らない話ばかり載っているので、驚きの連続です。
この時代頃から外国の人たち(渡来人)が来ているのが、具体的にどんどん出てくるので、心底驚いています。出会った人の中には、ユダヤ人が来ているという話をする方もいます。この辺り、どうなんでしょうか。
ロス茶ですね。九州でもある神社に来たと宮司さんから直接聞いたことがありますよ。どうなってるんでしょう。
Commented by 出雲の語部 at 2011-02-06 18:30 x
 島根あたりでは日本書紀でさえ藤原不比等の偽作という関裕二氏の話もありますがどうなんでしょう。
Commented by himeluna at 2011-02-06 19:36
記紀の偽作説はいろいろとありますよね。
私は、まだ記紀を読み通していないので、論争の土俵に上がれないんです (;一_一)
まあ、偽作としても、編集者たちには何らかの良心があって、知り得た事実と、指揮者の意図のはざまで、どう間合いを取るか悩んだかもねと思うようになりました。
関さんのお話は面白いですよね。でも、まだまだ真偽を問うチカラは私にはないんです。(鵜呑みにはしたくない変な性格です)あと数年かかりそうですよ。
Commented by ニーチェ at 2011-02-08 01:36 x
 それにしても出雲の神々は鋼の意思で天皇と日本を守るでしょう。しかし今の日本には救うだけの価値があるのかという神道の精神が横たわっています。つまりこのような変なblogより世界を目指して、日本を浮上させる新たな展開が重要と私は思います。一体日本はどういう国なのかを説明できることが強力な世界ブランドにつながると思います。その精神を日本人は取り戻すべきと考えます。同時に超開国をやりながら。
Commented by himeluna at 2011-02-08 14:23
ニーチェさん、はじめまして。ようこそ!
「変なブログ」ですか?まいったなあ。図星ではありませんか。
それにしても、出雲は盛り上がってますね。これからも、遊びに来て下さいね。
スペルボーン(Spellborn)