ソツビコ兄弟は加羅に留まった弓月人民の日本への亡命を助ける。

                                    【日本書紀】

葛城襲津彦(5)

ソツビコ兄弟は加羅に留まった弓月人民の
日本への亡命を助ける。

【応神天皇の巻】

応神天皇14年の春2月に百済の王衣縫(きぬぬい)の工女を献上しました。マケツと言います。この人は今の来目(くめ)の衣縫の始祖です。

この年、弓月の君が百済から来朝しました。その理由を奏上するに、
「私めは自分の国の人夫120県を率いて帰化しようとしました。ところが新羅人が邪魔をしたので、みんな加羅国に留まっています。」と。

そこで葛城襲津彦を派遣して、弓月の人民を加羅に集めました。しかし、三年たっても襲津彦は戻って来ませんでした。

応神天皇15年の秋8月6日に百済の王アチキを派遣して良馬二匹を献上しました。(略)

応神天皇16年の春2月に王仁(わに)が来朝しました。そこで皇太子のウヂノワキ
イラツコ
の師としました。いろいろな漢書を王仁に習いました。(略)
この年、百済のアクヱ王は亡くなりました。そこで、天皇はトキ王を召して言いました。
「そなた、国に帰って位を継げ。」と。そして、また東韓の地を与えました。東韓は甘羅城(カムラのさし)高難城(カウナンのさし)・爾林城(ニリムのさし)を指します。

8月に平群(へぐり)のツクの宿禰・的(いくは)の戸田の宿禰を加羅に派遣しました。その時、天皇は精兵を授けて、言いました。
「襲津彦は長らく帰ってこない。きっと、新羅が邪魔をしていて、滞っているのだろう。そなたら、急いで行って新羅を撃って、その道を開け。」

そこで、ツクの宿禰たちは精兵を進軍させて、新羅との国境に臨みました。新羅の王は、恐れて罪に服しました。その結果、弓月の人民を率いて、襲津彦と共に帰国しました。


アクヱ王(阿花王)…応神天皇3年。百済のシンシ王が即位して日本に礼をしなかった。そこで、紀角宿禰・羽田八代宿禰・石川宿禰・ツクの宿禰を派遣して、その無礼を責めた。そうして、百済国はシンシ王を殺して謝罪した。紀角宿禰たちはすぐにアクヱを王に即位させて、帰国した。

トキ王(直支王)…阿花王の長子。人質として日本に来ていた。三国史記によると、405年。

皇太子ウヂノワキイラツコはその後、自殺している。

弓月の君秦(はた)氏の祖先。中国の帝秦(しん)氏の後裔とされている。


c0213541_1602476.gif

c0213541_219724.gif



[PR]
by himeluna | 2010-12-05 16:02 | 葛城襲津彦かづらきそつひこ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://himeluna.exblog.jp/tb/15532948
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by jumgon at 2010-11-30 17:07
神功・応神は百済と親族のような気がします。出身地だったのでしょうか。仲哀天皇自体、ヤマトに都をおいたとは書かれていませんよね。
Commented by himeluna at 2010-11-30 20:23
そうですね。かなりの親密さですね。それに加えて、神功皇后はアカル姫を追っかけて日本に来た、新羅のアメノヒボコの子孫だという事は、古事記に明確に書いてあります。つまり、新羅の王の継承権がまだ主張出来る可能性があります。百済にこれほどの介入が出来る立場なのは、知ったばかりで、驚いています。
仲哀天皇の都は穴門の豊浦宮と筑紫の香椎宮だと古事記にはっきりと書いてあります。言われる通り、関西ではないのです…。
スペルボーン(Spellborn)