ニギハヤヒ(3)塩土の翁がニギハヤヒの降りた美しい国を教える

                                    【日本書紀】

 饒速日尊(3)
 

 塩土の翁がニギハヤヒの降りた美しい国を教える

〔神武天皇〕

カムヤマトイワレビコ天皇の実名はヒコホホデミです。ヒコナギサタケウラヤフキアヘズの尊の第四子です。母は玉依姫です。海童(わたつみ)の娘です。イワレビコ天皇は生まれながらに明達で、意志が堅固でした。15歳で皇太子となりました。成長して日向国の吾田の邑のアヒラツ姫を娶って妃としました。タギシミミの命が生まれました。45歳になって兄弟たちや子供たちに言いました。

「昔、わが天神、タカミムスヒの尊とオオヒルメの尊がこの豊葦原の瑞穂の国を挙げて、わが天孫ヒコホノニニギの尊に授けた。その時、ホノニニギの尊は天のいわくらを開き、雲の道をかき分けて、先ばらいとともにやって来た。この時はまだ太古で、開けていなかった。暗いながらも正しい道を養って、この西の辺境の地を治めてきた。

皇祖は代々神、聖として善行・威光を積み重ねて長年がたった。天祖が天降りしてよりこのかた、179万2470年余りになる。しかし、遠方の地までは恩沢が行き届いていない。ムラごとに君がいて、村ごとに長がいて、境を隔てていさかいが絶えない。

さて、そこで、塩土の翁に尋ねたところ、
『東の方に美しい地が有ります。青山が四方を囲んでいます。その中に天磐船(あめのいわふね)に乗って飛んで降りた者がいます。』と言った。

私が思うに、その地は必ず大業(あまつひつぎ)を開き広めて、天の下に光り居るのにふさわしいだろう。まさしく天地四方の中心であろう。その飛んで降りて来た者というのは、饒速日(ニギハヤヒ)と言うではないか。是非とも行って都を作ろう。」と言いました。

皇子たちも「もっともです。私たちも常にそう思っていました。早く実行なさってください。」と応えて言いました。その年、太歳が甲寅(きのえとら)にありました。

その年の冬10月5日に天皇はみずから皇子たちや・舟師を率いて東征しました。


c0213541_219724.gif



[PR]
by himeluna | 2010-12-22 18:04 | ニギハヤヒノ命(ホアカリ) | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://himeluna.exblog.jp/tb/15649018
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by jumgon at 2010-12-24 22:15
神武はニギハヤヒがすでに東方の地に行ったことを知っていたのですね。でもどうして東の地へ行きたかったのでしょう?、大分の臼杵地方に行ったことがありますが、そこの稲作風景は私の知っている近畿の水田とはスケールが違いました。
なんて広いのだろうと感嘆しました。そんな広々とした食料地帯を捨ててなんでヤマトへ行きたがったのでしょうね。九州にも鉄の産地はあっただろうに、、、、。
九州が全部臼杵地方みたいではないと思うけど~
Commented by jumgon at 2010-12-24 22:21
九州王朝説ではヤマトではなく九州内での移動だったのですね。以前読んだことがあるけどはっきり対応する地名のことは覚えていない。
Commented by himeluna at 2010-12-25 09:47
そうなんですか?福岡の私から見たら臼杵あたりは狭いというイメージがあるので、近畿がもっと狭いというのは新鮮な驚きです。
神武天皇の東征の時代と、神功皇后の時代と、天智天皇の時代と、三回、九州と畿内のからみがあるのがようやく整理出来ました。
大和も弥生時代にあれほど発展しているので、やはり、水銀が魅力だったのだろうか、また伽耶の政情の不安定さが関わっているのだろうか、と考えたりしています。このコメント見て、九州王朝説の方がコメントくれないかな…。
スペルボーン(Spellborn)