「ほっ」と。キャンペーン

開化天皇

                                   【古事記】   

開化天皇

系図だけでしたが、
例の三人の共通の先祖なんだ


若倭根子日子大毘毘の命は春日の伊邪河(いざかわ)の宮で天下を治めました。
この天皇が旦波(たには)の大県主であるユゴリの娘の竹野姫を娶って、生まれた御子はヒコユムスミの命

また庶母(ままはは)のイカガシコメの命を娶って、生まれた御子はミマキイリヒコ・イニエの命。次にミマツヒメの命

また丸邇(わに)の臣の祖、日子国オケツの命の妹、オケツヒメを娶って、生まれた御子は日子イマスの王

また葛城の垂見の宿禰の娘。ワシ姫を娶って生れた御子は建豊ハヅラワケ
この天皇の御子たちは合せて五柱です。

この内、ミマキイリヒコ・イニエの命が次代の天皇になりました。

開化天皇
名 若倭根子日子大毘毘の命
父 大倭根子日子国玖琉の命(孝元天皇)
母 内色許賣の命(孝元天皇の后)

以上。開化天皇については系図だけしか書いてありませんでした。
ただし、この子供たちの系図が大変詳しく書いてあります。
その系図を辿ると6代目にオキナガタラシ姫が出てきました。
c0213541_2172341.gif

仲哀天皇と神功皇后と竹内宿禰は同族でしたよ!
対三韓の利害が一緒だったんだ。


c0213541_219724.gif

[PR]
by himeluna | 2011-02-06 20:34 | 開化天皇・9代 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://himeluna.exblog.jp/tb/15878727
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
スペルボーン(Spellborn)