神功皇后(8)出産

                                    【日本書紀】

神功皇后(8)

出産

神功皇后は12月14日に誉田(ほむた)天皇を筑紫で出産しました。
そのため、時の人は出生地を宇瀰(うみ)と言います。

今回の日本書紀の訳は二行だけです。いろいろと課題の多い事件なので、関係する神社を参考として挙げます。研究に役立てて下さい。

宇美と蚊田 
出産地について、神功皇后摂政の巻では冒頭のように宇瀰としていますが、同じ日本書紀の誉田天皇(応神天皇)の巻では
「誉田天皇は皇后が新羅を討った年の冬12月に、筑紫の蚊田に生まれました。」
となっています。宇美=蚊田説と別の場所説があるようです。

伝承
宇美八幡宮 福岡県粕屋郡宇美町
     神功皇后がホムタワケ命を生んだ場所として伝えている。
     現在も安産を祈願して参拝する人々が絶えない。

王子八幡宮  福岡県粕屋郡志免町
     宝満また宝満山という地名のそばにある。字金明から遷宮したが、
     元宮で王子(ホムタワケ命)が生れたという説がある。

蚊田宮 福岡県三井郡北野町 カダの地名があり、
     神功皇后の出産の伝承がある。ここにも宝満宮がある。

駕輿丁八幡宮 福岡県粕屋郡粕屋 神功皇后を輿に乗せた伝承。

日守神社 福岡県粕屋郡粕屋 神功皇后が時間を聞いたという伝承がある。
  
かだ    真鍋大覚氏 「かだ」は星の古語。拾遺p136
      応神帝が御誕生の時、宇美から鳩座βワズン星が南の空に見え、
      大臣星(おほみのほし)と言った。      
      神功皇后の御安産の前後にありとあらゆる倭法で万全を期した
      武内宿禰の名をとったと聞く。

      宇美星(おほみのほし)が倭人伝の頃は不彌星(ふみのほし)とな
      り、母が身二つになることを祈る星でもあった。

     「誉田」とは「中稲(なかて)」の事。(拾遺p200)


『ひもろぎ逍遥』でのレポートは駕輿丁八幡宮だけです。(2011、3月現在)

当時は立産で、木の枝に両手で万歳の形で支えにして出産したという話もあります。

c0213541_219724.gif



[PR]
by himeluna | 2011-03-07 16:20 | 神功皇后(息長帯比賣命) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://himeluna.exblog.jp/tb/16100298
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
スペルボーン(Spellborn)