景行天皇(3)神夏磯姫・鼻垂・耳垂・麻剝・土折猪折

                                    【日本書紀】

景行天皇(3)
神夏磯姫・鼻垂・耳垂・麻剝・土折猪折

この月に天皇は美濃の国の造(みやつこ)で名前は神骨(かむほね)の娘たち、姉の兄遠子(えとほこ)と妹の弟遠子(おととほこ)が二人とも美人だと聞いて、大碓の命にその姉妹の顔を見て来るように言いました。大碓の命は姉妹を見て密通してしまい、父の天皇には黙ったままにしました。天皇は大碓の命を恨みました。

冬11月1日に天皇は美濃の国から帰還しました。纒向(まきむく)にさらに都を作りました。これを日代(ひしろ)の宮と言います。

12年秋7月に熊襲が叛いて朝貢しませんでした。
8月15日に天皇は筑紫に向かいました。
9月5日に周芳(すは)のサバに着きました。その時、天皇は南の方を見て、群臣たちに
「南の方に煙が沢山立っている。きっと賊がいるに違いない。」
と言いました。

そこに留まって、まずは多臣(おほのおみ)の祖の武諸木(たけもろき)と国前(くにさき)の臣の祖のウナテと物部の君の祖の夏花(なつはな)を遣わして、その状況を調べさせました。

そこには女人がいて、神夏磯姫(かむなつそひめ)と言い、人民も大勢いました。姫は一国の首長という存在でした。

神夏磯姫は天皇の使者が来る事を知って、すぐに磯津(しつ)の山の榊を抜き取って、上の枝には八束の剣を掛け、中の枝には八咫鏡を掛け、下の枝には八坂瓊(に)を掛けて、白旗を船の舳先に立てて、迎えて言いました。

「どうぞ兵を差し向けないで下さい。我らは叛くようなものではありません。今こうして帰順いたします。ただ服従しない者たちが他にいます。

一人は鼻垂(はなたり)と言い、勝手に自分は王だと言って山の谷に集まって、ウサの川上にたむろしています。
二人目は耳垂(みみたり)と言って、しばしば略奪してむさぼり食ったり、人々を殺したりしています。御木(みけ)の川上に住んでいます。

三人目は麻剝(あさはぎ)と言い、ひそかに仲間を集めて高羽(たかは)の川上に住んでいます。
四人目は土折猪折(つちおりいおり)と言って、緑野の川上に隠れ住んで、山川が険しいのを当てにして、人民をさらっています。

この四人は要害の地に住んでいて、それぞれに住民がいて、一国の首長だと言っています。それらは皆『皇命には従わない』と言っています。どうぞすぐに攻撃して下さい。時期を逃さないで下さい。」
と言いました。

そこで、武諸木たちはまず麻剝の仲間を誘いこむ事にしました。赤い上着や袴や珍しいものをいろいろと与えて、かねてから服従しない他の三人を連れて来るように言いました。すると、仲間を連れて集まって来ました。武諸木たちは彼らを残らず捕えて殺しました。

天皇はついに筑紫に入り、豊前の国の長峡(ながお)県(あがた)に着いて、行宮を建てて住みました。そこを京(みやこ)と呼ぶようになりました。
                      (つづく)


c0213541_219724.gif



[PR]
by himeluna | 2011-07-10 17:33 | 景行天皇・12代 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://himeluna.exblog.jp/tb/16336757
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by jumgon at 2011-05-20 20:18
景行天皇も美濃に行ったり、筑紫にいったり大いそがしですね。
天皇記も有名なところしか知らないから、るなさんの現在語訳で初めて知る内容も多いです。
Commented by himeluna at 2011-05-21 09:14
そうそう。自分で訳して、びっくりしてばかりいます。何も知らなかった~、ですよね。
地名の移動が極端で変なので、筑紫の中の地名に当てはまらないかと、平行して調べています。
景行天皇~仲哀天皇は多くが筑紫が舞台なので、地形が分かって想像以上に面白いです。
麻呂子皇子で調べてくれたように、こちらも鉄の生産地の制圧のための物語みたいだなと感じています。
スペルボーン(Spellborn)