「ほっ」と。キャンペーン

景行天皇(7)日本武尊の熊襲攻撃

                                   【日本書紀】   

景行天皇(7)
日本武尊の熊襲攻撃


日本武尊は12月に熊襲国に着きました。そして、国の様子や地形を観察しました。当時、熊襲には魁帥(たける)という者がいました。名前を取石鹿文(とろしかや)、別名川上梟帥(かわかみのたける)と言いました。ちょうど親族が集まって、宴をしようとしていました。

そこで日本武尊は髪を解いて乙女の姿になって、ひそかに川上梟帥の宴の時を伺いました。剣を衣の内に佩(は)いて宴の家に入り、女たちの中に紛れ込みました。

川上梟帥はその乙女が美しいのが気に入って、手を取って横に座らせ、杯を取って飲ませて、戯れました。そうして夜が更けて人もまばらになりました。川上梟帥は酔っ払っていました。

日本武尊は衣の中から剣を抜き出して、川上梟帥の胸を刺しました。川上梟帥は息を引き取る前に、頼んで言いました。
「ちょっと待って下さい。言いたい事があります。」
日本武尊は剣を途中で止めて待ちました。
川上梟帥は
「あなたはどなたですか。」と尋ねました。
「私は大足彦(おおたらしひこ)天皇の御子である。名は日本童男(やまとおぐな)と言う。」と日本武尊は答えました。

川上梟帥は言いました。
「私は国中で力ある者です。私の威力に勝るものはいず、従わないと言う者はいません。私は何度も武力で戦ってきたけれども、皇子のような人にはあった事がありません。私のような賤しいものが、いやしい口で尊号を奉ります。聞き届けてくださいますか。」

「よかろう。」
「これから先、日本武皇子(やまとたけるのみこ)と名乗って下さい。」
言い終わると、日本武尊は胸を突き通して殺しました。今に至るまでも、日本武尊と称えて呼ぶのはこれが由縁です。

この後、弟彦たちを遣わして、ことごとくその一党を斬らせました。生き残る者はいません。

こうして海路で倭に向かって吉備を通って穴海を渡りました。そこには荒ぶる神がいました。すぐに殺しました。また難波では柏済(かしわのわたり)の荒ぶる神を殺しました。

28年の春2月1日に、日本武尊は熊襲を平定した状況を奏上して、
「私は天皇の神霊のおかげで、兵士を挙げて、熊襲の首長を殺して、その国を平定しました。こうして西洲(にしのくに)は鎮まりました。人民は無事です。ただ吉備の穴済の神と難波の柏済の神たちだけは有害で、道行く人々を苦しめていて、悪人がおおぜい集まっていたので、を殺して、水陸の安全な道を開きました。」
と言いました。
天皇をそれを聞いて、日本武の功績を褒め讃え、格別に寵愛しました。


c0213541_219724.gif



[PR]
by himeluna | 2011-07-06 16:23 | 景行天皇・12代 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://himeluna.exblog.jp/tb/16464163
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
スペルボーン(Spellborn)