景行天皇(11)日本武尊の系図

                                   【日本書紀】   

景行天皇(11)

日本武尊の系図

日本武尊ははじめに両道入姫(ふたぢのいりひめ)の皇女(ひめみこ)を娶って妃とし、稲依別王(いなよりわけのみこ)、足仲彦(たらしなかつひこ)天皇(仲哀天皇)、布忍入姫命(ぬのしいりびめのみこと)、稚武王(わかたけのみこ)が生まれました。
この中の第一子の稲依別王は犬上の君、武部の君の二つの族の始祖です。

日本武尊は又、吉備の武彦の娘、吉備の穴戸の武姫を妃として、武卵王(たけかひごのみこ)と十城別王(とおきわけのみこ)が生まれました。
兄の武卵王は讃岐の綾の君の始祖です。弟の十城別王は伊予別君の始祖です。

また次の妃の穂積氏の忍山の宿禰の娘の弟橘姫稚武彦王を生みました。

52年の夏5月4日に景行天皇の皇后の播磨の太郎姫(おおいらつめ)が亡くなりました。
(太郎姫は日本武尊の生母)
秋7月7日に八坂入媛命を皇后としました。

c0213541_917446.gif


次の二人は神功皇后の三韓攻撃の帰りに、それぞれ唐津市と平戸市に警備の為に残されて、
祭神として祀られています。

稚武王 ⇒ 唐津市呼子加部島 田島神社 祭神
十城別王 ⇒ 平戸市 志志岐神社

詳しくは 『ひもろぎ逍遥』志式神社(5)
哀しき神々たち 三良天神と志志岐三神 に書いています。
http://lunabura.exblog.jp/13130472/


十城別命の太刀が平戸城に展示されています。
環頭の太刀(国指定文化財、亀岡神社所蔵、平戸城天守閣)
柄頭を環状にまるめ、水牛の角の鍔、竹を馬革で包んだ鞘を持つ93㎝の鉄製直刀。
神功皇后の朝鮮出兵当時の武将の刀であったと伝えられています。志志岐神社祭神である十城別命(ときわけのみこと)は、日本武尊の御子であり、仲哀天皇の弟。

平戸観光再発見
http://www.hirado-net.com/history/cate01_02.php
c0213541_219724.gif



[PR]
by himeluna | 2011-07-02 09:21 | 景行天皇・12代 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://himeluna.exblog.jp/tb/16612916
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by jumgon at 2011-07-21 14:30
「次の二人は神功皇后の三韓攻撃の帰りに、それぞれ唐津市と平戸市に警備の為に残されて、
祭神として祀られています。」
これが、以前出てきた、九州に残された兄弟ですね。繋がってきました。

Commented by himeluna at 2011-07-21 18:21
そうそう。そうなんです。
まさか景行天皇の所に系図が出てくるとは思わなかったですよ。研究者の人たちも、彼らの結末がこうなってるとは想像つかなかった事でしょう。
ちなみに、十城別王の持っていた剣が長崎の資料館に残されていて、写真を見せてもらったのですが、それは立派な太刀でした。細工も一流です。
Commented at 2011-07-22 10:50
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by himeluna at 2011-07-22 20:35
非公開さん、コメントありがとうございます。言葉にしなくても伝わるから、あるがままでね。

剣、すごいです。くじらさんが写真くれたから、断りなくUPしようかな。
Commented by himeluna at 2011-07-22 20:51
写真の取り出し方が分からないから、習ってきます。<(_ _)>
Commented by jumgon at 2011-07-25 12:15
ありがとうございます!
Commented by himeluna at 2011-07-25 16:58
太刀は平戸城天守閣に展示されているので、リンク貼りました。そちらを見て下さいね。
Commented by スウェーデン at 2012-02-19 20:01 x
 島根県では古事記1300年のイベントがあるらしく、今年は山陰に足を延ばそうかと思います。まず鳥取県の白兎海岸での白ウサギの話のあと、オオクニヌシの神は、八十神にいじめられたあたりが鳥取県日野郡あたりで、その後根之堅洲国のスサノオ神からも試練を受ける。このあたりは島根県安来市の富田八幡宮の境内社須賀神社あたりになろうかと思います。近くには、古代出雲王陵の丘と言う弥生大型墳丘墓の一種四隅突出型墳丘墓の密集地帯があるそうです。イザナミ神の神陵地である比婆山にも寄ってみたい。そうやって島根県松江市にある黄泉平坂のある揖夜神社に寄って、出雲大社や古代出雲歴史博物館のある島根県出雲市へと向かいます。こうやって、オオクニヌシの神の移動に合わせて観光するのも一興だと思います。古代歴史博物館に飾られている錆びずに出土した奇跡の大刀は、中間地点の安来市から出土したらしく、ここはたたら吹き製鋼法を伝える和鋼博物館や、日本庭園世界一の足立美術館などもあります。
Commented by himeluna at 2012-02-20 00:10
スウェーデンさん。はじめまして。
出雲の旅のスケジュール、想像しただけでもワクワクします。
三日ぐらいかかりそうですね。
私も、日本海側の旅を長年夢見てるんです。
参考にさせてください。 
また、お話を聞かせてください。 (^-^)
Commented by S-MAGIC at 2012-06-15 21:22 x
神秘の自己潤滑型工具鋼を使わせてもらっているので、今年はいきたいなと思います。
Commented by 熱処理プレス at 2012-11-04 19:49 x
 島根県安来市に巨大な工場を構える日立金属が開発した新型工具鋼 SLD-MAGIC(S-MAGIC)は微量な有機物の表面吸着により、金属では不可能といわれていた自己潤滑性能を実現した。この有機物の種類は広範囲で生物系から鉱物油に至る広い範囲で駆動するトライボケミカル反応であると。潤滑機械の設計思想を根本から変える革命というものもある。
 このトライボケミカル反応にもノーベル物理学賞で有名になったグラフェン構造になるようになる機構らしいが応用化の速度にはインパクトがある。
Commented by himeluna at 2012-11-04 21:01
熱処理プレスさんこんにちは。
SLD-MAGIC(S-MAGIC)を検索してみました。
新しい画期的な技術が生まれたのですね。
スペルボーン(Spellborn)