カテゴリ:イザナギの命 ( 4 )

伊邪那伎の命(1)
イザナギ

イザナギの命の出現と夫婦の交わり


 天と地が初めて別れた時、高天(たかま)の原に
七柱の神が現れて、単独の神として、身を隠されました。
次に四組のペアの神々が現れ、
最後にイザナギの神、とイザナミの神が現れました。

 さて、天つ神がイザナギノ神とイザナミの神に
「このクラゲのように漂っている国を、つくり固めて完成させなさい。」
と言って、天の沼矛(ぬぼこ)を与えられました。

 そこで二人の神は天の浮橋にお立ちになって、
その沼矛を指し下ろしてかきまわしました。

国土が出来たばかりで、水に浮かんだ油のように、
クラゲのように漂っている所を
コオロコオロとかき鳴らして引き揚げる時に、
その矛の先からしたたり落ちたものが
重なり積もって島となりました。これがオノゴロ島です。

 そこでお二人はその島に天下りして、天の御柱を立てて、
八尋殿を建てました。
そこで、イザナギの神が妻のイザナミの命に尋ねました。
「お前の身体はどうなっている。」

「私の身体はよく出来ていますが、足りない所が一か所あります。」
「私の身体もよく出来ているガ、余った所が一か所ある。
それでは、私の余ったものを、そなたの足らない所に差し塞いで、
国土を生もうと思うが、どうだろうか。」

イザナギの命がそう言われたので、
イザナミの命が「それはいいですね。」とお答えになりました。
それを聞いてイザナギの命は、
「それでは私とそなたとこの天の御柱を回ってから、夫婦の営みをしよう。」
とおっしゃいました。「そなたは右から回って、私は左から回って会おう。」と。

約束して、その通りに廻る時に、イザナミの命が先に、
「ああ、なんて素敵なあなた。」と言い、それから、イザナギの命が
「ああ、なんと素敵なお前よ。」
と言ったあと、イザナギの命が「女の人が先に言ったのはまずいな。」と言いました。

しかし寝室に行って、夫婦の交わりをして、生んだ子供は水蛭子(ひるこ)でした。
この子は葦船に入れて流して捨てました。
次に淡島(あわしま)を生みました。
これも、子供とは扱いませんでした。

 そこで、お二人は、話し合いました。
「今回生まれた子供は良くなかった。
やっぱり、天つ神の所に行って、相談しよう。」
と言って、一緒に参上して天つ神の御意見を求めました。

そこで、天つ神の意見によって太占(ふとまに)で占って、告げられました。
「女が先に言ったのが良くなかった。また帰って、やり直しなさい。」

そこで、再び天下りして、天の御柱を同じように廻りました。
この時、イザナギの命が先に
「ああ、なんと素敵なお前よ。」
と言って、その後、イザナミの命が
「ああ、なんて素敵なあなた。」と言いました。

日本の島々を生む

 そうして再び、夫婦の交わりをして生んだ子供は
淡道(あわじ)の穂の狭別(さわけ)の島。
次に伊予の二名(ふたな)の島。
この島は身体は一つで、顔が四つ有りました。
顔ごとに名前が付いています。

伊予の国はエヒメと言い、讃岐の国イヒヨリヒコと言い、
粟の国はオオゲツヒメと言い、土佐の国はタケヨリワケと言います。

次に隠岐の三つ子の島を生みました。またの名は天のオシコロワケ。
次に筑紫の国を生みました。この島もまた、身体は一つで顔が四つありました。
顔ごとに名前が付いています。

筑紫の国は白日別(しらひわけ)と言い、豊国は豊日別(とよひわけ)と言い、
肥(ひ)の国はタケヒムカトヨクジヒネワケと言い、熊襲の国はタケヒワケと言います。

次に壱岐の島を生みました。またの名は天の一つ柱といいます。
次に津島を生みました。またの名は天のサデヨリヒメと言います。
次に佐渡の島を生みました。
次にオオヤマトトヨアキヅ島を生みました。またの名は天つミソラトヨアキヅネワケと言います。
こうして、八つの島を先に生んだので、大八島国(おおやしまぐに)と言います。

 そうしてから、戻る時に吉備の児島を生みました。またの名はタケヒカタワケと言います。
次に小豆島を生みました。またの名をオオノデヒメと言います。
次に大島を生みました。またの名はオオタマルワケと言います。

次に女島(ひめしま)を生みました。またの名は天一根(あめのひとつね)と言います。
次に知訶(ちか)の島を生みました。またの名は天の忍男(おしお)と言います。
次に両児(ふたご)の島を生みました。またの名は天の両屋(ふたや)と言います。


                                      (つづく)
[PR]
伊邪那伎の命(2)

神生みと妻の死


二人は神々を生む

 こうして、国を生み終えて、さらに神を生みました。
生んだ神の名前は、オオコトオシオの神。
次にイワツチビコの神を生み、次にイワスヒメの神を生み、
オオトヒワケの神、天のフキオの神、
オオヤビコの神、カザモツワケノオシオの神、
次に海の神で名は大綿津見の神を生み、
ミナトの神、ハヤアキヅヒコの神、イモハヤアキヅヒメの神を生みました。

(オオコトオシオの神からアキツヒメの神まで合わせて十神。)
このハヤアキツヒコとハヤアキツヒメの二柱の神はそれぞれ川と海を受け持ちました。

次に生んだ神の名は、アワナギの神、次にアワナミの神。
次にツラナギの神、次にツラナミの神。
次に天の水分(ミクマリ)の神、次に国の水分の神、
次に天のクヒザモチの神、次に国のクヒザモチの神。

次に風の神、名はシナツヒコの神を生み、
次に木の神、名はククノチの神を生み、
次に山の神、名は大山津見の神を生み、
次に野の神、名はカヤノヒメの神を生みました。
またの名は野椎(のづち)の神と言います。

(シナツヒコの神より野椎の神まで、合わせて四神。)
この大山津見の神とノヅチの神の二柱はそれぞれ山と野を受け持ちました。

次に生んだ神の名は天の狭土(さづち)の神、次に国の狭土の神、
次に天の狭霧の神、次に国の狭霧の神、
次に天の闇戸(くらど)の神、次に国の闇戸の神、
次に大戸惑子(おおとまとひこ)の神、次に大戸惑女(おおとまとひめ)の神。

(天の狭土の神から大戸惑女神の神まで、合わせて八神。)


火の神を生んでイザナミの命が亡くなる

次に生んだ神の名は、鳥の石楠船(いはくすぶね)の神、
またの名は天の鳥船と言います。
次にオオゲツヒメの神を生みました。
次に火のヤギハヤオの神を生みました。
またの名は火のカガビコの神と言い、またの名を火のカグツチの神と言います。

 この子を生んだために、イザナミの命は陰部を焼かれて病み臥すようになりました。

吐いたものに生まれた神の名は金山ビコの神、次に金山ビメの神。
次に糞に生まれた神の名はハニヤスビコの神、次にハニヤスビメの神。
次に、尿に生まれた神の名はミツハノメの神、次にワクムスヒの神。
この神の子は、豊ウケビメの神といいます。
そうして、イザナミの神は火の神を生んだのが原因で、ついに亡くなりました。

(天の鳥船より、豊ウケビメの神まで、合わせて八神)。

すべてイザナギとイザナミの二柱の神が共に生んだ島、14島、神は35柱。

(これはイザナミの神がまだお亡くなりになる前に生みました。
ただ、オノゴロ島は生んだのではありません。
また、蛭子と淡島とは、子供の数には入れません。)

イザナギの命は
「いとしい私の妻を、子供一人に換えてしまったとは。」
と嘆いて、枕もとに腹這い、足元に腹這って声を上げて泣いた時に、
涙に生まれた神は、香山(かぐやま)の畝尾(うねお)の木の本に鎮座する、
泣沢女(なきさわめ)と名付けられた神です。

こうして、亡くなったイザナミの神は出雲の国と伯耆(ほうき)の国との境の
比婆(ひば)山に埋葬されました。


イザナギが子供を殺すと、剣から神々が生まれた

 そして、イザナギの命は帯びていた十拳剣(とつかのつるぎ)を抜いて、
その子カグツチの神の首を斬りました。
この時、剣の峰に付いた血が石に飛び散って生まれた神の名はイワサクの神。
次にネサクの神。次にイワツツノオの神。
次に、剣のツバに着いた血もまた石に飛び散って、生まれた神の名はミカハヤヒの神。
次にヒハヤヒの神。
次にタケミカヅチノオの神。またの名はタケフツの神。亦の名はトヨフツの神。
次に剣のツカに集まった血が指の間から漏れ出て生まれた神の名はクラオカミの神。
次にクラミツハの神。

(以上のイワサクノ神からクラミツハの神まで、合わせて八神は、剣から生まれた神です。)


殺されたカグツチの神から神々が生まれた

 殺されたカグツチの神の頭に生まれた神の名は、マサカ山津見の神。
次に胸から生まれた神の名は、オド山津見の神。
次に腹から生まれた神の名は、奥山津見の神。
次に陰部から生まれた神の名はクラ山津見の神。

次に左の手から生まれた神の名は、シギ山津見の神。
次に右の手から生まれた神の名は、ハ山津見の神。
次に左の足から生まれた神の名は、原山津見の神。
次に右の足から生まれた神の名は、戸山津見の神。

(マサカ山津見の神から戸山津見の神まで八神。)
こうして、斬った剣の名は天のオハバリと言い、またの名をイツノオハバリと言います。

                                        (つづく)
[PR]
伊邪那伎の命(3) 

黄泉の国に妻を捜しに行く



黄泉の国の食べ物を食べてしまった妻


 イザナギの命は、亡くなってしまったイザナミの命に会いたいと思って、
黄泉の国に追って行きました。
イザナミの命はそれを聞いて、御殿の閉ざされた戸から出て、夫を迎えに出ました。
イザナギの命は説得して言いました。
「いとしい私の妻よ、私とそなたと作った国はまだ、出来上がっていない。
だから、戻ってくれ。」

イザナミの命が答えて、言いました。
「悔(くや)しいです。もっと早く来て下さったらよかったのに。
私は、黄泉の国の食べ物を食べてしまいました。
けれども、いとしいあなたがこんな所まで来て下さったなんて、畏れ多い事。
それなら、私も戻りたいから、しばらく黄泉の国の神と交渉して来ます。
それまで、私を見ないでください。」

約束を破って妻の亡骸を見てしまう

 こうして、御殿の中に帰って行った妻を待つ間、
イザナギの命はひどく長く待たされて、待ちきれなくなってしまいました。
そこで、ミズラに結った髪の左に刺したユツツマ櫛(ぐし)の端っこの
太い所を一本、折って、火を灯して中に入って見ると、
妻の亡骸にはウジがモゾモゾとたかっていて、

頭には大雷(おおいかづち)がいて、
胸には火雷(ほのいかづち)がいて、
腹には黒雷がいて、
陰部には析雷(さきいかづち)がいて、
左の手には若雷がいて、
右の手には土雷がいて、
左の足には鳴雷(なりいかづち)がいて、
右の足には伏雷(ふしいかづち)がいて、
合わせて八柱の雷神が生まれていました。

イザナギは逃げる

 イザナギの命はそれを見て恐れをなして逃げて帰りました。
イザナミの命は「私に恥をかかせた。」と言って、
すぐに黄泉の国のシコメを遣(つか)わして追い掛けさせました。

それを見て、イザナギの命が黒い髪飾りを取って投げ捨てると、
たちまちにブドウの実がなりました。
黄泉の国のシコメがこれを拾って食べている間に、逃げて行きましたが、
さらに追い掛けて来たので、
右のミズラに刺したユツツマ櫛を取って投げ捨てると、
たちまちにタケノコが生えて来ました。
シコメがこれを抜いて食べている間に、さらに逃げました。

 この後、イザナミの命はさっきの八柱の雷神に
千五百(ちいお)の黄泉国の軍勢を添えて追わせました。
すると、イザナギの命は身に付けていた十拳剣(とつかのつるぎ)を抜いて、
後ろ手に振りながら逃げて行きました。
軍勢はさに追いかけて来て、黄泉ひら坂(よもつひらさか)のふもとに着きました。
その時、イザナギの命が、そこに、なっていた桃の実を三つ取って、
待ち構えて投げつけると、みんな逃げて帰りました。

そこで、イザナギの命はその桃の実に言いました。
「お前は、私を助けてくれたようにして、
葦原の中つ国にいるすべての青人草(あおひとくさ=人々)が
苦しい瀬に落ちて憂(うれ)い悩む時に助けてあげなさい。」
と言って、オオカムヅミの命と名を授けました。

夫婦の絶縁

 最後に、イザナミの命がみずから追いかけて来ました。
そこで、イザナギの命は千引(ちびき)の岩を
その黄泉ひら坂(よもつひらさか)に引いて塞いで、その岩を間に置いて、
互いに向かい合って立ち、イザナギの命が絶縁の言葉を言い渡しました。
すると、イザナミの命は
「いとしいあなた。
こんな事をするなら、あなたの国の人々を一日に千人、くびり殺します。」
と言いました。

そこで、イザナギの命が言いました。
「いとしいわが妻よ、そなたがそんな事をするなら、
私は一日に千五百の産屋を建てよう。」
こういう事から、一日に必ず千人死に、一日に必ず千五百人生まれるようになりました。


 こうして、そのイザナミの命を名づけて、黄泉津大神(よもつおおかみ)と言います。
また、一説には、追いついたという意味で道敷(ちしき)の大神と名付けたと言います。

 また、その黄泉の坂で塞いだ岩は道反(ちがえし)の大神と名付け、
また、塞がっている黄泉戸(よみど)の大神とも言います。
その黄泉比良坂(よもつひらさか)は、
今、出雲の国の伊賦夜(いふや)坂と言います。

                                          (つづく)
[PR]
伊邪那伎の命(4)

橘の小戸の阿波岐が原でミソギをする


身につけた物を脱ぎ棄てると神々が生まれた

 こうして、黄泉の国から戻って来たイザナギの大神は、
「私はひどく汚い所に行ってしまったんだなあ。
だから、身体を禊いで清めよう。」
と言って、竺紫(つくし)の日向の橘の小門の阿波岐(あはき)原に行って、
禊祓いをされました。

 そこで、投げ捨てた御杖に生まれた神の名は、撞立船戸(つきたつふなど)の神
次に、投げ捨てた御帯に生まれた神の名は、道の長乳歯(ながちは)の神。
次に投げ捨てた御袋に生まれた神の名は、時量師(ときはかし)の神。

次に投げ捨てた御衣に生まれた神の名はワヅラヒノウシの神。
次に投げ捨てた御褌(みはかま)に生まれた神の名は、道俣(ちまた)の神。
次に投げ捨てた御冠(みかがふり)に生まれた神の名は、
飽咋(あきぐひ)のウシノの神。

次に投げ捨てた左の御手の手巻に生まれた神の名は、奥疎神(おきざかるのかみ)
次に奥津ナギサビコの神。
次に奥津カヒベラの神。

次に投げ捨てた右の御手の手巻に生まれた神の名は、辺疎(へざかる)の神。
次に辺津ナギサビコの神。
次に辺津カヒベラの神。

以上の船戸の神から辺津カヒベラの神までの十二神は、
身につけるものを脱いだ事で生まれた神である。


水で身体を清めると神々が生まれた

 それから、
「上の瀬は流れが速い。下の瀬は流れが弱い。」と言って、
初めて中の瀬に潜って、すすいだ時に生まれた神の名は、
八十禍津日(やそまがつひ)の神。
次に大禍津日(おおまがつひ)の神。
この二神は、そのけがらわしい国に行った時の穢れによって生まれた神です。

つぎにその禍(まが)を直そうとして、生まれた神の名は
神直毘(かむなおび)の神。
大直毘(おおなおび)の神。
次にイヅノメの神。

次に水の底にすすぐ時に生まれた神の名は、
底津綿津見(そこつわたつみ)の神。
次に底筒(そこつつ)の男(お)の命。

中にすすぐ時に生まれた神の名は、
中津綿津見の神。
次に中筒の男の命。

次に水の上にすすぐ時に生まれた神の名は、
上(うは)津綿津見の神。
次に上筒(うはつつ)の男の命。

この三柱の綿津見の神は、阿曇(あづみ)の連(むらじ)らが
祖神(おやがみ)として、お仕えする神です。
また、阿曇の連たちは、その綿津見神の子の
ウツシ日金作拆(ひがなさく)の命の子孫です。

その底筒の男の命、中筒の男の命、上筒の男の命の三柱の神は、
墨の江の三前(みまえ)の大神です。


最後に三貴子が生まれた

それから、左の御目を洗う時に生まれた神の名は天照大御神。
次に右の御目を洗う時に生まれた神の名は、月読の命。
次に御鼻を洗う時に生まれた神の名は、建速(たけはや)スサの男の命。

(以上の八十禍津日(やそまがつひ)の神から建速スサの男の命までの
十四柱の神は身体をすすぐ事で生まれた神です。)


イザナギの命は三貴子に国を授けた

この時イザナギの神は大変喜んで言いました。
「私は子供を生みに生んで、最後の最後に三柱の貴い子が出来た。」と。
すぐに首にかけていた首飾りの玉のひもをゆらゆらと揺らして、
天照大御神に授けて言いました。
「そなたは高天の原を治めなさい。」
とお任せになりました。
その首飾りの玉の名は御倉板挙(みくらたな)の神と言います。
次に月読の命に、
「そなたは夜の食国(おすくに)を治めなさい。」
と言ってお任せになりました。
次に健速スサの男の命に言いました。
「そなたは海原(うなはら)を治めなさい。」
とお任せになりました。


スサノオの命は追放される

こういう事で、それぞれがお言葉に従って、
授けられた国を治めておいでになる中で、
スサノオの命は命ぜられた国を治めないで、
ヒゲが胸のところに伸びるまでひどく泣きました。

その泣く様子は、青い山は枯れるまで、川や海は干上がるほどでした。
そのために、悪い神の声はハエがワンワンとたかるように満ちて、
いろんな災いが起こるようになりました。

そこで、イザナギの命がスサノオの命に尋ねました。
「どうしてそなたは授けた国を治めないで泣きわめくのだ。」
「わたくしめは亡き母の国、根の堅洲国に行きたくて、泣いています。」
とスサノオの命は答えました。

すると、イザナギの大神は大変怒って言いました。
「それなら、そなたはこの国に住んではならない。」
と言って、そのまま、追放されました。

こうして、そのイザナギの大神は淡海(おうみ)の多賀に鎮座されています。


イザナギの命の禊の場所はこんな所?

橘の小戸のアワキが原が何箇所か候補に挙げられていますが、
阿曇族の聖地を探すうちに、
人に知られていない、阿波岐が原を見つけました。
ひもろぎ逍遥』の「志賀海神社(2)沖津宮と小戸
で紹介しています。
とても、美しい海です。

阿曇族の本拠地については、「志賀海神社」「志式神社」にて。
筑紫の「多賀神社」はもうすぐUPの予定です。

[PR]
スペルボーン(Spellborn)