カテゴリ:スサノオの命( 4 )


須佐之男の命(1)
スサノオのみこと

スサノオの命の誕生

イザナギの命は黄泉の国から逃げて来て、
筑紫の日向の橘の小門(おど)のアハキ原で禊祓いをしました。
身につけているものを脱いだ時に十二柱の神々が生まれました。

 それから、「上の瀬は流れが速い。下の瀬は流れが弱い。」と言って、
初めて中の瀬に潜って、すすいだ時に十一柱の神々が生まれました。

それから、左の御目を洗う時に生まれた神の名は天照大御神
次に右の御目を洗う時に生まれた神の名は、月読の命
次に御鼻を洗う時に生まれた神の名は、建速(たけはや)スサの男の命

この時イザナギの神は大変喜んで言いました。
「私は子供を生みに生んで、最後の最後に三柱の貴い子が出来た。」と。
すぐに首にかけていた首飾りの玉のひもをゆらゆらと揺らして、
天照大御神に授けて言いました。
「そなたは高天の原を治めなさい。」
とお任せになりました。
その首飾りの玉の名は御倉板挙(みくらたな)の神と言います。
次に月読の命に、「そなたは夜の食国(おすくに)を治めなさい。」
と言ってお任せになりました。
次に健速スサの男の命に言いました。
「そなたは海原(うなはら)を治めなさい。」とお任せになりました。


スサノオの命の追放


こうして、それぞれがお言葉に従って、授けられた国を治めておいでになる中で、
スサノオの命は命ぜられた国を治めないで、
ヒゲが胸のところに伸びるまでひどく泣きました。
その泣く様子は、青い山は枯れるまで、川や海は干上がるほどでした。
そのために、悪い神の声はハエがワンワンとたかるように満ちて、
いろんな災いが起こるようになりました。

そこで、イザナギの命がスサノオの命に尋ねました。
「どうしてそなたは授けた国を治めないで泣きわめくのだ。」
「わたくしめは亡き母の国、根の堅洲国に行きたくて、泣いています。」
とスサノオの命は答えました。
すると、イザナギの大神は大変怒って言いました。
「それなら、そなたはこの国に住んではならない。」
と言って、そのまま、追放されました。
こうして、そのイザナギの大神は淡海(おうみ)の多賀に鎮座されています。

アマテラス大御神とのウケイ

そこで、スサノオの命は
「それならば姉のアマテラス大御神に事情を話してから出て行きましょう。」
と言って、天に昇る時、山川がことごとく鳴り響き、国土がみな揺れました。
アマテラス大御神は弟がやって来ると聞いて驚いて言いました。
「私の弟の命が昇って来るのは、きっと善良な心からではあるまい。
私の国を奪おうとしているにちがいない。」

そう言うと、結っていた髪をほどいて、男の髪型のみずらに結って、
左右のみずらにも、それを留める髪飾りにも、また左右の手にも、
それぞれに八尺(やさか)の勾玉のたくさん連ねた珠を巻き付けて、
背中には千本入る靫(ゆぎ…矢入れ)を背負い、脇にも五百本入る靫をつけて、
また、手首にはイツの竹鞆(たかとも…音の鳴る手首ガード)をつけて、
弓を振り立てて、地面を股まで、めりこむように踏みならして、
土を淡雪のように蹴ちらして、勇ましい雄たけびをあげて待ち構えました。

アマテラス大御神は
「どうして、天に昇って来たのだ。」と尋ねました。
スサノオの命は
「わたしめは悪い考えは持っていません。
ただ、イザナギの大御神が私に泣きわめいている訳をお尋ねになりました。
そこで、『わたしめは亡き母の国に行きたいと思って泣いているのです。』と答えました。

すると、大御神は『そなたはこの国に住んではならない。』と言われて、
私を追放されました。だから、事情をお話しておこうと思って参上しました。
他意はありません。」と申し上げました。

すると、アマテラス大御神は
「それなら、そなたの心が清く正しいのがどうして分かる。」と言いました。
そこでスサノオの命は答えて、
「それぞれウケイ(うらない)をして子を生みましょう。」と言いました。

宗像三女神の誕生

そこで、天の安の河(天の川)を中に置いて、ウケイをする時に、
アマテラス大御神が先に、スサノオの命の佩(は)いた十拳剣(とつかのつるぎ)
貰い受けて、三段に折ってユラユラと揺らして、
天の真名井の水で振りすすいで、噛みに噛んで、フッと吹き捨てた時、
息吹きの霧に生まれた神の名は、タキリビメの命。
またの名は奥津島(おきつしま)ヒメの命と言います。

次に、イチキシマヒメの命。またの名はサヨリビメの命と言います。
次にタギツヒメの命。三柱です。

天の忍穂耳の命らの誕生

続けて、スサノオの命はアマテラス大御神の左のみずらに巻いている
八尺(やさか)の勾玉のたくさん連なった珠をもらって、ユラユラと揺らして、
天の真名井の水で振りすすいで、噛みに噛んで、フッと吹き捨てた時、
息吹きの霧に生まれた神の名は、マサカツアカツカチハヤヒ天の忍穂耳の命

また、右のみずらに巻いている珠をもらって、噛みに噛んで、フッと吹き捨てた時、
息吹きの霧に生まれた神の名は天のホヒノ命

また、髪飾りに巻き付けていた珠をもらって、噛みに噛んで、フッと吹き捨てた時、
息吹きの霧で生まれた神の名は天津ヒコネの命
又、左の手に巻いていた珠をもらって、噛みに噛んで、フッと吹き捨てた時、
息吹きの霧に生まれた神の名はイクツヒコネの神

また右手に巻いていた珠をもらって、噛みに噛んで、フッと吹き捨てた時、
息吹きの霧に生まれた神の名は、熊野クスビの命。合せて五柱でした。

そこで、アマテラス大御神がスサノオの命に言いました。
「後の方で生まれた五柱の男子は、私の物から生まれたので、私の子だ。
先に生まれた三柱の女子は、そなたの物から生まれたので、そなたの子だ。」
と。

こうして、最初に生まれた神、タキリビメの命は宗像の奥津宮にまします。
次にイチキシマヒメの命は宗像の中津宮にまします。
次にタキツヒメの命は宗像の辺津宮にまします。
この三柱の神は宗像の君らが斎きまつる三柱の大神です。
こうして、スサノオの命がアマテラス大御神に言いました。

「私の心は清く、正しかった。だから、私の生んだ子は手弱女(たおやめ)でした。
ウケイの結果から言うと、私の勝ちですね。」と言いました。


                                       (つづく)
[PR]

須佐之男の命(2) 
天の岩屋戸隠れと高天原からの追放まで


天の岩屋戸隠れ

それからは、スサノオの命は勝者としての振る舞いの度が過ぎて、
アマテラス大御神の耕作している田のあぜを壊し、その溝を埋めて、
またその大嘗(おおにえ…最初に収穫した米)を召し上がる御殿に
糞をし散らかしました。

スサノオの命がそんなことをしても、アマテラス大御神はとがめずに、
「糞をしたのは酔って吐き散らしたんでしょう。
私の大事な弟がしたんだから(大目に見ましょう)。
又田んぼのあぜを壊して、溝を埋めたのは、
土地が惜しいから広くしたいと思ったんでしょう。
私の大事な弟がしたんだから(考えあっての事でしょう)。」
と、悪い事も良い方に解釈してかばいましたが、
その悪い行為はやまずに、ますますひどくなりました。

アマテラス大御神が、忌み清めた機織りの御殿に行って、
神の御衣を織らせている時に、
その御殿の棟に穴を開けて、天の斑馬(ふちこま)を
尾の方から逆に皮を剥いで落とし入れたので、
天の機織女(はたおりめ)が驚いて、オサ(機織りの道具)で
陰部を突いて死んでしまいました。

アマテラス大御神はそれを見て畏れて、
天の岩屋戸を開いて、中に籠ってしまいました。
すると、高天の原はみな暗くなり、
葦原の中国(あしはらのなかつくに)も、ことごとく暗くなりました。
このために世の中は夜ばかりになりました。

すると、多くの神々の声はハエの飛ぶ音のように満ち満ちてて、
多くの災いが起こりました。

そこで、八百万(やおよろず)の神は天の安の河原に集まって、
タカミムスヒの神の子、オモイカネの神に考えさせました。

その結果、常世の国の長鳴き鳥を集めて鳴かせ、
天の安の河の川上の天の堅い石(鉄を鍛える為の金敷き)を取って来て、
天の金山の鉄を取って、鉄を鍛える工人の天津マラを求めて、
イシコリドメの命に命じて鏡を作らせ、
タマノヤの命に命じて、八尺の勾玉の沢山の連珠を作らせ、
天のコヤネの命フトダマの命を召して、
天の香具山の男鹿の肩の骨を丸抜きに抜いて、
天の香具山の天のハハカの木を採って、占いをさせて神意を伺わせました。

天の香具山の枝葉の茂ったサカキを根が付いたまま掘り取って、
上の枝に八尺の勾玉の沢山の連珠の付いたのを取り付け、
中の枝には八尺鏡(やたかがみ)を取り掛けて、
下の枝には木の皮で作った白い木綿(ゆう)と青い麻布を下げました。

これらの物をフトダマの命が布刀御幣(ふとみてぐら…神への贈り物)として捧げ、
アメノコヤネの命が神への祝詞を申し上げて、
アメノタヂカラオの命が岩戸の脇に隠れ立ちました。

アメノウズメの命は天の香具山の天の日影(ひかげ)をタスキにかけて、
天のツルマサキをかずらとして、
天の香具山の笹の葉を手に持てるように束ねて、
天の岩屋戸の前に、桶(おけ)を伏せて乗り、踏み轟かして神懸かりしました。
胸の乳房があらわに出て、裳のひもが解け、陰部まで押し下がって垂れました。
それを見て、高天原中に鳴り響くほど、八百万の神々がみんな大笑いしました。

 そこで、天照大御神は「変だ」と思って、天の岩屋戸を細めに開いて、
内側から言われました。
「私が籠っているので、天の原は自然と暗く、
また、葦原の中つ国もみんな暗いだろうと思ったのに、
どうして、アメノウズメは踊って、また、八百万の神もみんなで笑っているのか。」
と言いました。
そこで、アメノウズメが申し上げました。
「あなた様に増して、貴い神がいらっしゃいました。
それで、みんなで喜んで笑っているのです。」と。

そう申し上げる間に、アメノコヤの命と、フトダマの命はその鏡を差し出して、
天照大御神にお見せするので、天照大御神はますます変だと思って、
ちょっと戸から出て、ご覧になる時に、隠れて立っていたアメノタヂカラオの命が
その御手を取って引っ張り出しました。

すぐさま、フトダマの命が注連縄(しめなわ)を後ろに引き渡して、
申し上げました。
「これより、内側にはもうお戻りなさいますな。」
そうして、天照大御神が出て来られた時に、
高天の原も葦原の中つ国も、自然と明るくなりました。

スサノオの命の追放

その後、八百万の神々は協議して、
スサノオの命に千位(ちくら)の置き戸(多くのものを置く台)を背負わせ、
髯を切り、手足の爪も抜かせて、追放しました。

スサノオの命は食べ物をオオゲツヒメの神に乞いました。
すると、オオゲツヒメは鼻や口や尻からいろんな食べ物を取り出して、
いろいろと料理を作りそろえて献上しましたが、
スサノオの命はその様子を覗き見して、汚らわしいものを献上すると思って、
即座にオオゲツヒメを殺しました。

こうして、殺された神の体からは、
頭から蚕が生じ、両目からは稲の種が生じ、両耳からは粟が生じ、
鼻からは小豆が、陰部からは麦が、尻からは大豆が生じました。
これを見て、神ムスビノミオヤの命はこれを取らせて種としました。

                                        (つづく)


[PR]

スサノオの命(3) 

出雲


スサノオの命はこうして追放されて、
出雲の国の肥の河上、名は鳥髪(とりかみ)という所に降りました。
この時、箸がその川上から流れて来ました。
そこでスサノオの命は人がその川上に住んでいると思って、
尋ね求めて遡って行くと、老夫と老女が二人いて、
乙女を中に置いて泣いていました。

スサノオの命は「お前たちは誰だ。」と尋ねました。
老父が答えました。
「私めは国つ神、大山津見の神の子です。
私めの名前は足名椎(あしなづち)と言い、妻の名は
手名椎(てなづち)と言い、娘の名前はクシナダ姫と言います。

また、「お前はなぜ泣いているのだ。」
と尋ねると、
「私の娘は、もともと八人いたのですが、
この高志(こし)のヤマタのオロチが毎年来て食べてしまいました。
今また、やって来る時が来たのです。だから泣いています。」
と答えて申しました。

「その姿かたちはどんな風なのか。」と尋ねると、
「その目は赤いほおづきのようで、身体は一つで、頭が八つ、
尻尾も八つ付いています。
また、その体にコケとヒノキと杉の木が生えて、その長さは谷が八つ、
丘が八つ分あって、その腹を見ると、いつも血がただれています。」
と申し上げました。

そこで、スサノオの命はその老父に言いました。
「この、お前の娘を私にくれまいか。」
「畏れ多くも、お名前を存じません。」と答えました。
そこで応えて言いました。
「私は天照大御神の弟だ。こうして、今、天から降りて来た所だ。」
と言いました。
それを聞いてアシナヅチとテナヅチは、
「そうでしたら、畏れ多い事です。娘を差し上げましょう。」
と申し上げました。

そこで、スサノオの命はその乙女を湯津爪櫛(ゆつつまぐし)に変えて、
ミヅラに刺して、アシナヅチ・テナヅチに言いました。
「そなたたちは、八回繰り返して醸造した酒を作り、又垣根をぐるりと作り、
その垣根に八つの門を作り、門毎に八つの桟敷(さじき)を作り、
その桟敷毎に酒を入れる器を置いて、器ごとに酒をなみなみと入れて待ちなさい。」
と言いました。

そこで、言われたとおりに準備をして待った時、
例のヤマタのオロチが、言われた通りにやって来ました。
ヤマタのオロチは酒を見つけると、器ごとに頭を垂れてつっこんで、
その酒を飲みました。
そして、酔っぱらうと、居座って寝込んでしまいました。
それを見計らって、スサノオの命は帯びていた十握剣(とつかのつるぎ)を抜いて、
そのオロチをずたずたに切ったので、肥の河は血に染まって流れました。

ところが、そのオロチの尾を切った時に剣の刃が欠けてしまいました。
「怪しい。」と思って、剣の先で裂いてみると、
都牟刈(つむがり)の太刀がありました。
その太刀を取り出して、「不思議なものだ」と思って、
アマテラス大御神にその話をして献上しました。
これが草薙の太刀です。

こうして、スサノオの命はクシナダ姫と住む宮を作る場所を出雲の国で探しました。
須賀の地に着いたとき、言いました。
「ここ来たら、すがすがしい気持ちがする。」
と言って、そこに宮を作りました。
こうして、その地を今でも須賀と言います。

このスサノオの命が初めて須賀の宮を作った時、そこから雲が立ち上りました。
それを見て歌を詠みました。その歌は、
  八雲立つ 出雲八重垣 
  妻籠みに(つまこみに) 八重垣作る その八重垣を
       (雲が立つよ。 出雲の八重に造った垣根の家に
        妻と籠る為に 八重垣を作った その家に
        愛し合う二人を隠してくれるように)

それから、アシナヅチを召して、
「そなたは我が宮の(おびとー長官)に任命する。」と告げました。
また名前を与えて、稲田の宮主の須賀の八耳(やつみみ)の神と名付けました。

こうして、クシナダ姫と結ばれて生まれた子の名前は、
ヤシマジヌミの神と言います。
又、大山津見の神の娘、カムオオイチ姫を妻として生れた子は
大年(おおとし)の神ウカノミタマの神
(略)
ヤシマジヌミの神の6代目に、大国主の神が生まれました。
                                  (つづく)


c0213541_219724.gif



[PR]

スサノオの命(4)

娘のスセリ姫と大国主の神の結婚

         
―その大国主の神オオナムヂの神とも言います。
兄たち八十神に何度も殺されそうになって、
ついに大木の間に挟まれて殺されてしまいました。―

その時、御祖(みおや)の命は泣きながら探し求めて、見つける事が出来て、
その木を折って、オオナムヂの命を引っ張り出して、生き返らせて言いました。
「そなたがここにいたら、いつか八十神に殺されてしまうでしょう。」
と言って、木の国のオオヤビコの神の所へ、逃げさせました。
しかし、八十神は追いかけて来て、弓に矢をつがえて、こちらに渡すように言うと、
オオヤビコの神は木の股からこっそりと逃がして言いました。
「スサノオの命のおわします根の堅洲国(ねのかたすくに)に向かいなさい。
きっとその大神が何とかして下さるでしょう。」と言いました。

オオナムヂの命は言われた通りに、スサノオの命の御所に行くと、
娘のスセリ姫が出て来て、一目ぼれをして、二人はすぐに結ばれました。
そうして、宮殿に戻って来て、父神に言いました。
「とても、きれいな神が見えました。」と。
それを聞いて、スサノオの命が出て行ってみて、
「これは、葦原の国のブサイク男と言う方だぞ。」
とおっしゃいながらも、すぐに宮殿に招いて、蛇の部屋にお泊めになりました。

妻のスセリ姫は「蛇の領巾」(ひれ)(スカーフ)をオオナムヂの神に渡しながら、
「蛇が噛みつこうとしたら、この領巾を三回振って打ち払って下さい。」
と言いました。
そこで言われたとおりにすると、蛇は自然と静まりました。
こうして、ゆっくりと寝て、翌朝は無事に蛇の部屋から出て来られました。

また、次の日の夜はムカデと蜂の部屋に入れられました。
スセリ姫は「ムカデ蜂の領巾」を渡して、同じように教えたので、
やはりぐっすりと寝て、出て来られました。

また次には、大きな音のでる矢を野原に射て、
その矢を取ってくるように言われました。
そこで、オオナムヂの神が野に出た時、
スサノオの命は火を付けて、野をぐるりと焼きました。

オナムヂの神が逃げ出す方向が分からずにいたら、ネズミが出て来て言いました。
「内はホラホラ。外はスブスブ。」
(土の中はほら穴だよ。外の目印はくぼんでいるよ。)
それを聞いて、足元を強く踏みつけると、穴に落ち込んでしまいました。
その穴に隠れている間に、火は焼けながら過ぎて行きました。
それから、ネズミが矢をくわえて持って来ました。
その矢羽はネズミの子がみんな食べてしまっていました。

何も知らないスセリ姫は夫は死んだと思い込んで、葬式の道具を持って、
泣きながら野原にやって来ました。
父神ももう死んだだろうと思って、野原に出て来ました。

すると、オオナムヂの神がその矢を持って来たので、
スサノオの命は彼を宮殿に連れて帰り、今度は大きな部屋に呼び入れて、
自分の頭のシラミを取らせました。

その頭を見ると、ムカデがいっぱいいました。
スセリ姫はムクの木の実と赤土を持って来て、夫に渡しました。
そこでオオナムヂの命はムクノ木の実を食い破って、赤土を含んで吐き出したので、
スサノオの命はムカデを食い破って吐き出していると思って、
可愛いやつだと思って寝てしまいました。

すると、オオナムヂの神はスサノオの命の長い髪を取って、
天井の横木に結びつけて、大きな岩で部屋の戸を塞いで、スセリ姫を背負い、
スサノオの命の生太刀(いくたち)と生弓矢(いくゆみや)と、
天(あめ)の琴を取って逃げ出しました。

その時、その天の琴が木に触れて、大地が揺れて鳴り響きました。
寝ていたスサノオの命が驚いて目を覚まして、起きあがろうとして、
結び付けられた髪で部屋を引き倒してしまいました。
髪をほどいている間に、お二人は遠くにお逃げになりました。

スサノオの命が黄泉比良坂(よもつひらさか)まで追って行くと、
はるか向こうに逃げる二人を見て、オオナムヂの神に言いました。
「そなたが持っている生太刀・生弓矢で、そなたの異母兄弟たちを、
坂の下に追い伏せ、川の瀬に追い払って、
おぬし、大国主の神と名乗って、現世の国の神となって、
私の娘のスセリ姫を正妻にして、ウカノ山の麓で、大地深く宮殿の柱を立てて、
高天原に届くほどの高い柱を立てて、住め。こやつめ。」

こうして、ブサイク男と呼んでいたのを、大国主の神と名付けました。
大国主の神はその太刀と弓矢で、自分の命を狙う異母兄弟を追い払い、
坂の下ごとに追い伏せて、川の瀬ごとに追い払って、国造りをされました。


『古事記』に載っているスサノオの命の話はここまでです。

            *


娘と子孫が結婚?
さすが神さまなので長生きなのでしょう。
系図が複雑なので、書いておきます。

c0213541_2235144.gif


琴を弾く男の埴輪があります。
髪はミズラに結っています。
クシナダ姫を櫛に変えてこのミズラに差したんですね。
膝の上の琴に注目。
意外と小さいです。
琴を弾くのは男性で、香椎宮神功皇后が神懸かりをする時にも、
仲哀天皇がこれを弾いていました。

c0213541_22363585.jpg


c0213541_22371670.jpg


これは、鳥取県・青谷上手遺跡の弥生の琴の復元です。
(いずれも、福岡県古賀市歴史資料館)

琴と言えば、あの大きな琴を想像していました。
膝の上に乗る楽器とは、いつも弾けていいですね。
どんな調べを奏でたのでしょうか。 ♪

c0213541_219724.gif



[PR]
スペルボーン(Spellborn)