カテゴリ:蘇我の稲目( 5 )

                                    【日本書紀】

蘇我の稲目(1)
そがのいなめ
稲目は大臣となる。

宣化天皇元年、春1月に都を檜隈(ひのくま)の廬入野(いほりの)に遷しました。それを宮の名としました。

2月1日に大伴の金村大連を大連(おおむらじ)とし、物部のアラカヒ大連を大連と、前任同様にしました。また蘇我の稲目宿禰を大臣(おおおみ)としました。阿部の大麻呂臣を大夫(まえつきみ)としました。

5月1日に宣化天皇の詔(みことのり)がありました。
「食糧は天下の根本である。黄金が万貫あっても、飢えを癒す事はできない。白玉が千箱あっても寒さを助けることは出来ない。

筑紫の国は遠近の国々が朝貢してくる所で、往来の関門にあたる所である。海外の国は海流を観測して来朝して賓客となり、空の雲を観察して朝貢して来る。

胎中天皇である応神天皇の時から私に至るまでに、稲モミを収蔵して、余剰米を蓄えている。凶作の年にそなえ、賓客を手厚くもてなす事ができる。国を安泰にするのに、これより優れた方法はない。

だから、私は阿蘇の君を遣わして、河内の国の茨田(まむた)郡の屯倉の稲モミを運ばせようと思う。蘇我大臣稲目の宿禰は、尾張連(おわりのむらじ)を遣わして、尾張の国の屯倉の稲モミを運ばせよ。

物部の大連アラカヒは新家(にいのみ)の連を遣わして、新家屯倉の稲モミを運ばせよ。阿部の臣伊賀の臣を遣わして、伊賀の国の屯倉の稲モミを運ばせよ。

宮家(みやけ)を那の津のほとりに作らせよ。また、かの筑紫・肥・豊の三つの国の屯倉は分散して遠いところにある。運んで移すのに遥かに隔たっている。もし使おうとしても、急に備える事が出来ない。諸郡に命じて、一部を分けて那の津のほとりに集めて、非常時に備えて、ひたすら人民の命とするように。急いで郡県に命じて、私の心を伝えよ。」

秋7月に物部アラカヒ大連は亡くなりました。この年太歳がありました。

宣化天皇2年。冬10月1日に、天皇は、新羅任那を攻撃したことを知って、大伴の金村大連に命じて、その子の(いわ)と狭手彦(さでひこ)を遣わして、任那を助けました。その時に磐は筑紫に留まって、その国の政治を行い、三韓に備えました。狭手彦は行って、任那を鎮圧し、また百済を救いました。

宣化天皇4年の春2月10日に、天皇は檜隈の廬入野(いおりの)の宮で崩御しました。73歳でした。


c0213541_219724.gif



[PR]
                                   【日本書紀】   

蘇我の稲目(2)

娘二人を天皇に嫁がせる。
三人の孫がのちに天皇になる。


欽明天皇元年。冬12月5日に天国排開広庭天皇(あめくに・おしはらき・ひろには・のすめらみこと)は即位しました。年は若干。先代の皇后を皇太后としました。

大伴の金村の大連物部の尾輿(おこし)の大連を大連(おおむらじ)として蘇我の稲目の宿禰の大臣を大臣(おおおみ)と、これまでどおりに任命しました。

欽明天皇2年の春3月に5人の妃を決めました。その中の一人に蘇我の大臣の稲目の宿禰の娘の堅塩(キタシ)姫がいました。7人の男子・6人の女子を生みました。子の名前。
大兄皇子(=橘豊日尊。のちの用明天皇)、
磐隈皇女(=夢皇女。伊勢の斎宮)、
アトリの皇子。
豊御食炊屋姫尊(とよみけ・かしきやひめのみこと。=額田部の皇女。のちの推古天皇
椀子(まろこ)の皇子
大宅皇女(おおやけのひめみこ)、
石上部皇子、山背皇子、大伴皇女、桜井皇子、肩野皇女、橘本稚皇子、舎人皇女。

もう一人、堅塩姫の同母妹、小姉君(おあねのきみ)も后となりました。子供は4人の男子、1人の女子。
茨城(うまらき)皇子、
葛城皇子、
泥部穴穂部(はしひとのあなほべ)の皇女、
泥部穴穂部皇子(=天香子皇子)、
泊瀬部(はつせべ)皇子
(のちの崇峻天皇)。

(つづく)


c0213541_219724.gif



[PR]
                                    【日本書紀】

蘇我の稲目(3)

百済伝来の仏像を礼拝する

欽明天皇13年、冬10月に、百済の聖明王は西部・姫氏(きし)達率(だちそち・官名)ヌリシチケイたちを派遣して、釈迦仏の金銅像一柱と幡蓋を(はたきぬがさ)若干、経論を若干巻献上しました。

仏の教えが流通して礼拝する功徳を称賛して、
「この法は諸法の中で最も優れています。解り難く、入るのにも難しく、中国の周公も孔子も知る事が出来ないような内容です。この法は無限で、福徳果報があって、この上もない菩提の境地を得られます。

例えば、願いを叶える宝珠を持って用いると、ことごとく意のままになるように、この妙法の宝も祈り願えば思いのままで、足りないことはありません。

遠くはインドから三韓に至るまでに、この教えに従い捧げ持ち、尊んで敬わないものはいません。

そこで、百済の王臣の明(めい)が謹んで、陪臣ヌリシチケイを遣わして帝国にお伝えして、国内に流通するようにと献上します。釈迦仏が、『私の法は東に伝わるだろうと』と言われた言葉を果たす事になります。」

この日、天皇は聞き終えると大変喜んで、使者に
「私は昔から今に至るまで、このような精妙な法を聞いたことがない。しかし、私自身では決定はすまい。」と言いました。そして、群臣に一人ずつ尋ねました。
「西の国が献上した仏の顔は端厳である。こんなものを見たことがない。敬うべきかどうか。」
蘇我の大臣の稲目の宿禰は、
「西の方の国々はみんなこれを礼拝しているのなら、豊秋つ日本だけが背くのはどうでしょうか。」と奏上しました。

物部の大連尾輿(おこし)と中臣の連鎌子(かまこ)は、
「我が国家で、天下に王として君臨される所以は、天地の社に常におられます180の神を、春夏秋冬に祭礼されるからです。

今あらためて他国の神を拝むようなことをされたら、国つ神の怒りを招く恐ろしい事になるでしょう。」と同じ意見を奏上しました。

天皇は
「それでは賛成している稲目の宿禰に授けて、試みに礼拝させよう。」と言いました。

稲目の大臣はひざまずいて受け取って喜びました。そして小墾田(おわりだ)の家に安置しました。丁重に出家の業を修養して、依り所としました。向原(むくはら)の家を清め払って寺としました。

後に国に疫病が起こって、多くの民が死にました。それは長く続き、大勢の人が亡くなりました。防いで治療する事が出来ませんでした。

物部の大連尾輿と中臣の連鎌子は共に天皇に、
「以前、私たちの意見をお聞き入れにならなかったので、この疫病が起こったのです。すぐに元通りにすれば、必ず恵みがあるでしょう。早く異国のものを投げ捨てて、日本の神々に幸いを求めてください。」と奏上しました。
天皇は、「その通りにせよ。」と言いました。

有司(つかさ)はすぐに蘇我の稲目の家の仏像を取って、難波の堀江に流し捨てました。また伽藍に火をつけました。燃え尽きて、跡形も無くなりました。その時、風も雲もないのに突然、磯城島宮の大殿が燃え上がりました。
(つづく)


c0213541_219724.gif



[PR]
                                    【日本書紀】

蘇我の稲目(4)

百済王子・余昌と亡き王について語る

欽明天皇14年、秋7月4日、天皇は樟勾宮(くすのまがりのみや)に行幸しました。

蘇我の大臣の稲目の宿禰は勅命を受けて、王辰爾(おうじんに)を遣わして、船の関税を調べて記録させました。そして、王辰爾を船長(ふねのつかさ)とし、姓(かばね)を与えて船史(ふねのふびと)としました。今の船連(ふねのむらじ)の祖先です。

欽明天皇16年、春2月、百済の王子・余昌(よしょう)は弟の王子・恵(けい)を倭国に派遣して、
聖明王は敵に殺されました。」と奏上しました。(15年に新羅によって殺される。)
天皇はそれを聞いて悼みました。すぐに恵王子のいる津に使者を出して、慰労して許勢の臣に尋ねさせました。
「日本に留まられるか。または本国に戻られるおつもりか。」と。
恵王子は
「天皇の御徳を頂いて、願わくは、亡き父王の仇を討ちたいと思っています。もし憐れんで、兵器を沢山戴けるならば、恥をすすぎ、仇を討つのが私の願いです。私が日本に留まるかどうかは、仰せに従います。」答えました。

しばらくして、蘇我の臣が訪ねて来て、言いました。
「そなたの父、聖王は天の道、地のことわりを悟っていて、その名は四方八方に知れ渡っていた。思い起こせば、国の安定を保ち、日本の隣国を統治して、千年も万年も天皇にお仕えしようと思った人だった。

思ってもいなかった。こうして急に天に昇り、水のように流れ去って戻らず、暗い玄室に永遠の休みにつかれようとは。心が痛くてしかたがない。悲しくてしかたがない。心ある者なら皆悼まずにはいられない。

もしかしたら何かの咎(とが)があって、こんな災いを招いたのだろうか。今からどんな手段で国家を鎮めたらいいのだ。」

王子の恵が答えました。
「わたしめは知恵が足らず、神の大計も分かりません。ましてや、禍福の成り立ちや国家の存亡の事など。」と。

蘇我の卿(まえつきみ)は、
「むかし大泊瀬天皇(雄略天皇)の御世に、そなたの国、百済は高句麗に攻められて(南方に遷都し)、まるで積み重なった卵のように危うかった。

そこで、我が天皇は神祇官の長官に命じて、天地の神を敬って策を授けていただいた。
祝者(はふり)が神託を受けて報告したのは、『国を建てた神を謹んで勧請して、滅ぼうとする百済国王を救えば、必ず国家は治まって、人民は安らかになるであろう。』という事であった。

そこで天皇は神を勧請して、そちらに持って行かせて救われた。だから国は安泰になったのだ。その国を建てた神とは、天地が開けて別れた時、草木が物を言う時代に、天から降って国家を作った神だ。

この頃はそなたの国はうち捨てて祭っていないと聞く。まさに今、その過ちを悔い改めて、神の宮を修理して、神の御霊(みたま)をお祭りすればば、国は栄えるであろう。そなた、この事を忘れてはならないぞ。」と言いました。
(つづく)


c0213541_219724.gif



[PR]
                                    【日本書紀】

蘇我の稲目(5)

高句麗の捕虜の姫らを妻に貰い受ける

欽明天皇16年、秋7月4日、天皇蘇我の大臣稲目の宿禰穂積の磐弓の臣らを派遣して、吉備の五つの郡(こおり)に白猪屯倉(しらいのみやけ)を設置させました。

欽明天皇17年、春1月に、百済の恵王子は帰国を願い出ました。そこで、天皇は兵器と良馬を沢山授けました。また多くの褒美を与え、人々は感嘆しました。

阿倍の臣、佐伯の連、播磨の直(あたい)を派遣して、筑紫の国の舟師(ふないくさ)を率いて、守りながら百済に送りました。

その時、特別に筑紫の火の君筑紫の君の子、火の中の君の弟)を派遣して、勇士1000人を率いて守らせて、ミテの津に送らせ、海路の要害の地を守らせました。

秋7月6日、蘇我の大臣稲目の宿禰らを備前の児島郡に派遣して、屯倉を設置させました。葛城の山田の直瑞子(みつこ)を監査役にしました。

冬10月に、蘇我の大臣稲目の宿禰を倭の国の武市の郡に派遣して、百済人の大身狭(おおむさ)の屯倉を、高句麗人の小身狭(おむさ)の屯倉を設置させました。紀の国には海部(あま)の屯倉を置きました。

欽明天皇23年8月に、天皇は大将軍大伴の連狭手彦(さでひこ)を派遣して、兵数万を率いて高句麗を討たせました。狭手彦は百済の計略を用いて、高句麗を打ち破りました。

その王は垣を越えて逃げました。狭手彦はついに勝って、宮殿に入り、珍しい宝物の数々と・七織物のカーテンと鉄屋(くろがねのいえー内容不明)を手に入れて帰還しました。(鉄屋は高句麗の西の高殿の上にあったもので、織物のカーテンは王の奥の部屋のものという)七織物のカーテンは天皇に献上しました。

甲二領、金細工の太刀二振り、彫刻を施した銅の鐘三つ、五色の幡二棹、美女姫(おみなひめ)に侍女の吾田子(あたこ)を付けて、蘇我の稲目の宿禰の大臣に送りました。大臣はその二人を召し入れて妻にして、軽の曲殿(まがりどの)に住まわせました。
(鉄屋は長安寺にあるが、どこの国にあるのかは分からない。)

欽明天皇31年の春3月の1日に、蘇我の大臣稲目の宿禰は亡くなりました。

ひとりごと
崇仏論争がどんなものか知りたくて、訳してみましたが、日本書紀には載ってないようです。何か他に史料があるのでしょうね。
稲目は仏教に帰依しながらも、日本の神への信仰も捨ててはいないように見受けられます。

彼の仕事は屯倉の設置や収税などがメインのようです。
稲目だけを拾ったのですが、途中、任那や新羅などの戦いが沢山描かれています。高句麗からの戦利品が天皇と稲目に送られた事から、彼はよほどの実力者だったんですね。孫たちが天皇になるのはもう少し先の事です。

鉄屋は何か分からないそうですが、簡単に移動できるものだという事が伺えます。長安寺の場所が分からなくなっていると、書いてありましたが、朝倉市に長安寺がありますが…。斉明天皇の朝倉広庭宮の跡地の候補地のそばだけど、関係ないかな…。お寺だから同じ名前があちこちにあるのでしょうね。



c0213541_219724.gif



[PR]
スペルボーン(Spellborn)