カテゴリ:スセリ姫 Ⅰ・Ⅱ( 2 )

須勢理毘賣    出雲大社 
         
スセリ姫は根の堅洲国(ねのかたすくに)の大神であるスサノオの命の娘です。

 ある日、オオナムヂの神がスサノオの命を訪ねて、
根の堅洲国にやって来ました。
娘のスセリ姫が出て見て、一目ぼれをして、
二人はすぐに結ばれました。
そうして、宮殿に戻って来て、父神に言いました。
「とても、きれいな神が見えました。」と。

 それを聞いて、スサノオの命が出て行ってみて、
「これは、葦原の国のブサイク男と言う方だぞ。」
とおっしゃいながらも、すぐに宮殿に招いて、
蛇の部屋にお泊めになりました。

 妻のスセリ姫は「蛇の領巾」(ひれ)(スカーフ)を
オオナムヂの神に渡しながら、
「蛇が噛みつこうとしたら、この領巾を三回振って打ち払って下さい。」
と言いました。

そこで言われたとおりにすると、蛇は自然と静まりました。
こうして、ゆっくりと寝て、翌朝は無事に蛇の部屋から
出て来られました。

 また、次の日の夜はムカデと蜂の部屋に入れられました。
スセリ姫は「ムカデ蜂の領巾」を渡して、同じように教えたので、
やはりぐっすりと寝て、出て来られました。

 また次には、大きな音のでる矢を野原に射て、
その矢を取ってくるように言われました。
そこで、オオナムヂの神が野に出た時、
スサノオの命は火を付けて、野をぐるりと焼きました。

オオナムヂの神が逃げ出す方向が分からずにいたら、
ネズミが出て来て言いました。
「内はホラホラ。外はスブスブ。」
(土の中はほら穴だよ。外の目印はくぼんでいるよ。)

それを聞いて、足元を強く踏みつけると、
穴に落ち込んでしまいました。
その穴に隠れている間に、
火は焼けながら過ぎて行きました。

それから、ネズミが矢を加えて持って来ました。
その矢羽はネズミの子がみんな食べてしまっていました。

 何も知らないスセリ姫は夫は死んだと思い込んで、
葬式の道具を持って、泣きながら野原にやって来ました。
父神ももう死んだだろうと思って、野原に出て来ました。

 すると、オオナムヂの神がその矢を持って来たので、
スサノオの命は彼を宮殿に連れて帰り、
今度は大きな部屋に呼び入れて、
自分の頭のシラミを取らせました。

 その頭を見ると、ムカデがいっぱいいました。
スセリ姫はムクの木の実と赤土を持って来て、夫に渡しました。
そこでオオナムヂの命はムクノ木の実を食い破って、
赤土を含んで吐き出したので、
スサノオの命はムカデを食い破って吐き出していると思って、
可愛いやつだと思って寝てしまいました。

すると、オオナムヂの神はスサノオの命の長い髪を取って、
天井の横木に結びつけて、大きな岩で部屋の戸を塞いで、
スセリ姫を背負い、
スサノオの命の生太刀(いくたち)と生弓矢(いくゆみや)と、
天(あめ)の琴を取って逃げ出しました。
その時、その天の琴が木に触れて、
大地が揺れて鳴り響きました。

寝ていたスサノオの命が驚いて目を覚まして、
起きあがろうとして、結び付けられた髪で部屋を引き倒してしまいました。
髪をほどいている間に、お二人は遠くにお逃げになりました。

 スサノオの命が黄泉比良坂(よもつひらさか)まで追って行くと、
はるか向こうに逃げる二人を見て、オオナムヂの神に言いました。

「そなたが持っている生太刀・生弓矢で
そなたの異母兄弟たちを、坂の下に追い伏せ、川の瀬に追い払って、
おぬし、大国主の神と名乗って、現世の国の神となって、
私の娘のスセリ姫を正妻にして、
ウカノ山の麓で、大地深く宮殿の柱を立てて、
高天原に届くほどの高い柱を立てて、住め。こやつめ。」

 こうして、ブサイク男と呼んでいたのを、大国主の神と名付けました。

大国主の神はその太刀と弓矢で、自分の命を狙う異母兄弟を追い払い、
坂の下ごとに追い伏せて、川の瀬ごとに追い払って、
国造りをされました。


 さてさて。
実は大国主の命は根の堅洲国に来る前に、ヤガミ姫と結婚の約束をしていました。
異母兄弟達が求婚したのに、ヤガミ姫が大国主の命を選んだのです。
それで、兄弟たちから何度か殺されては復活しました。
それを心配したオオヤビコの神のアドバイスで
根の堅洲国に相談に行ったのです。

 ですから、大国主の命はスセリ姫を正妻として連れて帰りましたが、
その後、約束通りにヤガミ姫の所にも出かけて行って、妻にしました。
それから、彼女を宮に連れて帰ったのですが、
スセリ姫を恐れて、生まれた子供を木の股に挟んで残して、
実家に帰ってしまいました。

 そこで、この子の名前を木の股の神と言い、また御井の神とも言います。

 その後、大国主の命は、また別に、ヌナカワ姫とも結婚しました。

                               (Ⅱへつづく)
[PR]
須勢理毘賣  (Ⅱ) 



 スセリ姫は大変嫉妬されました。
そこで大国主の命は困って出雲から大和の国に行って住もうとして、
旅の支度をして出発される時に、
片方の手は馬の鞍にかけて、片足はアブミに載せて、お歌いになりました。

  ぬばたまの実のような、真黒な衣をすっきりと装って、
  沖の水鳥が首を曲げて胸を見るように、
  わが姿を見ると、似合っていない。
  浜辺の波がさっと引くように脱ぎ捨てよう。

  カワセミの羽根のように青い衣をすっきりと装って、
  沖の水鳥が首を曲げて胸を見るように
  わが姿を見るが、似合わない。
  浜辺の波がさっと引くように脱ぎ捨てよう。

  山の畑に蒔いて育てたアカネをついて
  作った汁で染めた赤い衣をすっきりと装って、
  沖の水鳥が首を曲げて胸を見るように、
  わが姿を見ると、これはいい。

  慣れ親しんだ妻のミコトよ。
  群鳥のように私が他の者たちと一緒に行ってしまうと、
  紐でつながれた鳥のように、みんなに引っ張られて行ってしまうと、

  泣きませんとそなたは言っても、
  山のあたりの一本のススキのように
  うなだれてそなたが泣く様子は
  朝の雨がいつのまにか霧になるように
  いつまでも涙に濡れて乾かないだろうよ。

  若草のようにしなやかな妻のミコトよ。
  私の語る事はこれだけだよ。


すると、スセリ姫は大きな杯を持って、
大国主の命の所へ行って、捧げてお歌いになりました。

  八千矛の名を持つ神の命である、私の大国主の命さま。
  あなたは男なので巡って行くどの島でも、
  廻って行くどの岬でも、行き先々に
  若草のように若々しい妻を持つのでしょうが、
  私は女なので
  あなた以外には男はいません。
  あなた以外には夫はいません。

  寝所の隔てのカーテンの下で、
  絹の布団の柔らかな肌触りの中で、
  タクの木で織った布の蒲団がさらさらとする中で、

  泡雪のように白く若々しい私の胸を
  タクの木で作った強い綱のように白い腕で、
  手で抱き締め、抱き締めては、ほどいて、

  玉のようなあなたの手と私の手を枕にし合って、
  足をからませて寝て下さい。
  さあ、豊御酒(とよみき)を召し上がれ。


それを聞いて、大国主の命は旅を取りやめて、
二人で永遠の愛を誓い、腕を組みあって、
今にいたるまで、ここに鎮まっていらっしゃいます。
これを神語(かみがたり)と言います。

          (古事記 大国主の神の巻より)

大国主の命の妻はいったい何人?
スセリ姫は嫉妬深いと言われるけど、
大国主の妻が多すぎると思いますねえ。
妻の数を数えようとしましたが、あきらめました。
子供は180人ほどだそうです。

大国主が舅(しゅうと)から奪った琴
「天の詔琴」(あめののりごと)と言います。
妻を背負って、太刀と弓矢に加えて、
さらに持って行ったのがこの琴です。
よほど大切なものなんだと思って調べました。

古代には、結婚する時に妻の実家から婿に琴を贈って、
夫婦の契りとしたそうです。

しかもこの天の詔琴は神懸かりをする時に使う特別の琴のようです。
これで思い出したのが、オキナガタラシ姫の神懸かりです。
この時も天皇が琴を弾いていました。(オキナガタラシ姫を見てね。)

ここでは、なにせスサノオの命の天の詔琴です。
大変な呪力があったのかもしれません。
これを持つ事が、支配者としての象徴にもなったのでしょうか。

スセリ姫の名前は星の名前?
「すせり」の意味が分かっていません。
すせりは「後ずさる」のすさるを思わせる響きです。

日本の星の名前を伝える家系があります。
その真鍋大覚氏の『灘の国の星』に
さそり座の赤い星、アンタレスではないかと言う説を
見つけました。
引用しますね。

「すせりは『しさり』即ち天頂の星座から離れて、
辺陬(へんすう)の地平線を彷徨する星のことでもあった。」
と書いてあります。
分かりやすく言い換えると、スセリの星は夜空の高い所には見られない。
低い所だけを通る、という意味です。


星座ソフトのステラ・シアターで調べてみると、
アンタレスは夏至の日には真夜中に南に輝いています。
星の出から入りまで見ると、南の空を低く移動して消えて行きます。
確かに地平線近くにいて、高く昇ることはありませんでした。

「すさる」という言葉のイメージに、なるほど、近い感じがします。


号外だよ
昔の中国人のレポート『魏志倭人伝』に日本人の夫婦の記事を発見。
『魏志倭人伝』にこんな事が書いてありましたよ。
「日本の身分の高い者は、みな4、5人の婦人がいる。
身分の低いものでも、2,3人いたりする。
婦人たちは浮気はせず、嫉妬もしない。」

母系社会であって、一夫多妻制の古代日本。
浮気も嫉妬もしない?
う~ん。
どうなってるの?
そうか、通い婚だったら、上手く行くか。
夫は日替わりで妻の家を訪問して行けば、別に喧嘩にもなりませんねえ。

でも、大国主の命の場合はスセリ姫を家に連れて帰って、
その後すぐにヤガミ姫を連れて来て、同居させたのでは、
嫉妬しないのはちょっと無理ですよね。

通い婚の事情はコノハナサクヤ姫サホ姫あたりでも伺えます。
こちらもカテゴリから入って読んでみてください。

『魏志倭人伝』に戻りますが、どうやら、中国の役人に報告した日本人は、
かっこつけて、都合のいいように言ったような気がしてきましたよ。


大国主の神とスセリ姫の歌。
いかがですか。
繰り返しのリズムがとても好きです。
その古代のリズムはなかなか訳せません (;一_一)
今回は特に意味を最優先しました。

大国主が視覚に訴えて、色彩豊かな歌を歌っていますが、
スセリ姫の方は、触覚に訴えて、勝負ありでした。

カワセミの羽根の色の美しさはインターネットで見てびっくりです。
ぜひ検索してご覧ください。
ヌバタマやアカネもきれいです。          綾杉るな 
 
 
 

[PR]
スペルボーン(Spellborn)