<   2010年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

                                   【古事記】   

住吉三神(住之江の神)
底筒男神・中筒男神・上筒男神
 
三神の誕生

 イザナギの命は橘の小戸の阿波岐が原でミソギながら、多くの神々を生んだあと、「上の瀬は流れが速い。下の瀬は流れが弱い。」と言って、初めて中の瀬に潜ってすすぎました。その時に生まれた神の名は、
  八十禍津日(やそまがつひ)の神。
  次に大禍津日(おおまがつひ)の神。
この二神は、そのけがらわしい国に行った時の穢れによって生まれた神です。つぎにその禍(まが)を直そうとして、生まれた神の名は
  神直毘(かむなおび)の神。
  大直毘(おおなおび)の神。
  次にイヅノメの神。
次に水の底にすすぐ時に生まれた神の名は、
  底津綿津見(そこつわたつみ)の神。
  次に底筒の男(そこつつのお)の命
中にすすぐ時に生まれた神の名は、
  中津綿津見の神。
  次に中筒の男の命
次に水の上にすすぐ時に生まれた神の名は、
  上(うは)津綿津見の神。
  次に上筒の男(うはつつのお)の命
この三柱の綿津見の神は、阿曇(あづみ)の連(むらじ)らが祖神(おやがみ)として、お仕えする神です。また、阿曇の連たちは、その綿津見神の子のウツシ日金作拆(ひがなさく)の命の子孫です。その底筒の男の命、中筒の男の命、上筒の男の命の三柱の神は、墨の江の三前(みまえ)の大神です。

                           ☆ ☆ ☆

天皇の崩御と神託

オキナガタラシ姫の命仲哀天皇の大后(おおきさき)で、神功皇后の事です。

仲哀天皇が筑紫の香椎(かしい)に宮を作られて、熊襲の国を討とうとされた時に、ご神託を聞くことになりました。天皇が琴を弾いて、オキナガタラシ姫が神懸かりをします。建内(たけうち)の宿禰(すくね)の大臣がサニワをしました。サニワとは降りた神が、どなたか、本物か偽物かなどを明らかにする人です。
オキナガタラシ姫が神を招き寄せて、託宣をしました。
「西の方に国がある。金銀を始めとして、目にも輝くいろいろな珍しい宝が沢山その国にある。私が今その国を帰服させて与えよう。」と。
そこで天皇が答えて申し上げました。
「高い所に登って西の方を見るけれども、国は見えません。ただ、大海があるだけです。」と言って、
「偽りをいう神だ。」
と言いながら琴を押し退けて、それ以上お弾きにならず、黙って座ったままになりました。

すると、その神は大変お怒りになって、
「そもそもこの天の下はそなたの治める国ではない。そなたは人間が行かねばならぬ、一本道に向かうがよい。」
と言われました。一本道とは死への道です。そこで、建内の宿禰の大臣が言いました。
「畏れ多いことです。我が天皇、やはりその琴をお弾き遊ばせ。」と。
そこで、そろそろと琴を取り寄せると、生半可(なまはんか)にお弾きになりました。すると、どれほどの時間も経たないで、琴の音が聞こえなくなりました。火をともして見ると、すでに崩御されていました。そこで驚き懼(おそ)れて、殯宮(もがりのみや)に亡骸を安置しました。

神の怒りを解くために、神へのお供え物を捧げ、国中の人々の犯した罪や穢れを払う大祓(おおはらえ)をしました。罪、穢れとは、生きながら獣の皮を剥ぐ罪、尾の方から剥ぐ罪、田の畔(あぜ)を壊す罪、水路を埋める罪、他(略)です。

この大祓を済ませると、再び建内の宿禰の大臣がサニワとなって、ご神託を求めました。
今度も、神が教え諭す様子は、全く先日の通りで、
「そもそも、この国は、皇后のお腹の中に宿る御子が治める国である。」
と諭されました。そこで、建内の宿禰の大臣が言うには
「畏れ多いことです。我が大神さま、今お懸かかりになっているお方のお腹に宿る御子は男御子か女御子か、どちらでしょうか。」
「男御子ぞ。」
とお答えになりました。さらに詳しく尋ねました。
「今、このように教えられる大神のお名前を知りたいのですが。」
と求めると、すぐにお答えになりました。
「これは天照大神の御心ぞ。また、底筒男(そこつつお)、中筒男、上筒男の三柱の住吉大神ぞ。今まことにその国を求めようと思うならば、天の神や国の神、また、山の神、川や海の神に、ことごとく御幣を奉り、住吉大神の御魂(みたま)を船の上に祀り、マキの木の灰をヒョウタンの器に入れ、また、箸と柏の葉で作った皿をたくさん作って、それを皆大海に散らして浮かべて、渡るがよい。」
と言われました。

 そこで、詳しく教えられた通りにして、軍勢を整えて、船を並べて、西の方の国に渡られると、海原の魚、大小を問わず、ことごとく御船を乗せて進みました。その上、追い風も吹いて、御船は波が寄せるのに任せて行きました。その御船を乗せた波は新羅の国に押し上がって、完全に国土の半分まで達しました。

そこで、新羅の国王は恐れをなして、奏上しました。
「これからは天皇の命令に従って、御馬を飼育する者となって毎年、貢物(みつぎもの)を載せた船を何艘も出して、船の底が乾く間もないようにします。棹(さお)や舵(かじ)が乾く間もないように、天地の運行がとどまることのないのと同じように、お仕えしましょう。」と申し上げました。

そう言う事で、新羅の国は御馬を飼育する部曲と定めて、百済の国は海外の直轄地と定めました。そして、御杖を占有権を表す印として、新羅王の門に突き立てて、住の江(すみのえ)の大神の荒御魂(あらみたま)を守護する神として祭り鎮めて、日本に戻られました。


◆日本書紀には荒魂を山口県下関市に祭る話が出ています。
【日本書紀】
遠征軍に従った神、表筒男・中筒男・底筒男の三柱の神は皇后に教えて言いました。
「我が荒御魂を穴門の山田の邑に祭らせよ。」
その時、穴門の直(あたい)の祖・ホムタチ・津守の連(むらじ)の祖・タモミの宿禰が皇后に言いました。
「神が居たいと思われる所を必ず定めて奉斎するのがよろしいかと。」
そこでホムタチを荒魂を奉斎する神主としました。よって、祠(やしろ)を穴門の山田邑に立てました。
(穴門の山田の邑は下記の下関の住吉神社です)


住吉三神を祭る主な神社 (マイペディアより)
福岡市博多区住吉(筑前国一の宮)三神の和魂をまつる。 例祭10月13日
下関市一宮 (長門国一の宮)   三神の荒魂をまつる。  例祭12月15日
大阪市住吉区住吉(摂津一の宮) 三神と神功皇后をまつる。例祭6月30日
壱岐市                  三神の和魂をまつる。  例祭11月9日



c0213541_219724.gif



[PR]
                                   【古事記】   

美夜受比売 

ミヤズ姫

ヤマトタケルの命は尾張の国に着いて、尾張の国造(くにつくり)の祖の
ミヤズ姫の家に行きました。そこで、姫と契りを交わそうと思いましたが、
また戻って来た時にそうしようと思って、約束をして、
東(あずま)の国に行って、山河の荒ぶる神、また、まつろわぬ人どもを
ことごとく平定しました。

こうして相模の国に着いた時、その国造が偽って言いました。
「この野の中に大沼があります。その沼の中にすむ神はひどく荒れすさぶ神です。」と。
そこでヤマトタケルの命は見てみようと野に入って行きました。
すると、その国造はその野に火を点けました。
こうして、騙されたのに気づいて、叔母のヤマト姫がくれた袋の口を開いて見ると、
火打ち石がその中に入っていました。
そこで、まず太刀で草を刈り取って、その火打ち石を打って、向かえ火を点けて、
こちらからも焼いて火を退けさせて、生還しました。
それから、その国造どもを切り滅ぼして、火をつけて焼きました。
こういう事から、そこを焼津といいます。

弟橘姫の入水

そこから走水(はしりみず―浦賀水道)の海を渡る時に、
その渡りの神が波を起こして船をぐるぐると廻して、進む事が出来ませんでした。
すると后(きさき)の弟橘姫(おとたちばなひめ)が言いました。
「私めが、御子に代わって海の中に入りましょう。
御子は派遣された勅命を成し遂げて、帝にご報告をなさいませ。」
と言って海に入ろうとする時に、菅で編んだ敷物を八重、皮の敷物を八重、
絹の敷物を八重、波の上に敷いて、その上に下りました。

すると、その荒波は自然と静まって、船が進む事が出来ました。
その時、弟橘姫が歌った歌。
   相模の小野で 燃える火の 
   火中に立って 私を思って下さったあなた
それから七日後に、弟橘姫の櫛が浜辺に打ち寄せられました。
そこでその櫛を拾って、お墓を作って納めました。 
               
あづまはや

ヤマトタケルの命が、そこからさらに奥に入って、
荒ぶる蝦夷(えみし)どもをことごとく平定し、また山河の荒ぶる神どもを平定して、
都へ戻って来る途中、足柄の坂の麓に着きました。
干し飯(かれひ)を食べている時に、その坂の神が白い鹿に化けて、現れ出ました。
そこで、食べ残したノビル(野草)の片端を持って、待ち受けて打ち付けると、
その眼に当たって殺してしまいました。その後、その坂に登って頂きに立つと、
亡くなった弟橘姫が思い出されて、三回「我が妻よ。」と嘆きました。
この事から、その国をアヅマと言うようになりました。

その国を越えて甲斐に出て、酒折(さかおり)の宮に居る時に歌を詠みました。
  新治(にいばり) 筑波を過ぎて 何日寝ただろうか。
と詠みました。
すると、かがり火の番をする老人が、その歌に続けて歌いました。
  日々を数えて 夜は9夜 日は十日過ぎました。
それを聞いたヤマトタケルの命は老人をほめて、
即座にアヅマの国造(くにのみやつこ)に任命しました。

再会

その国から科野(しなの)の国を越えて、科野の坂の神を平定して、
尾張の国に戻って来て、前に約束していたミヤズ姫のもとに行きました。
そこで、大宴会が行われた時、ミヤズ姫が大きな杯を捧げ持って来ました。
その時、ミヤズ姫の重ね着の衣の裾に、月のものの血が付いていました。
それを見て、ヤマトタケルの命は歌を詠みました。
  ひさかたの 天の香具山の上を 
  鋭い鎌(かま)のように 首を伸ばして飛んで行く 
  白鳥の首のように か細くて しなやかなあなたの腕を 
  枕にしようと 私は思うのだけど
  そんなふうに共寝をしようと 思うのだけど
  あなたの着ている 衣の裾に 月が立っているよ。

ミヤズ姫が歌で返しました。
  高い空で光輝く 日の御子よ
  天下を治める 我が君よ
  年が経ってしまったので、
  その間、月は何度も来ては過ぎ去って行きました。
  ほんと、ほんと、ほんと
  あなたを待ち切れないで、私の衣の裾に 月が立ってしまいました。

こう詠み交わしながら、二人は結ばれて、ヤマトタケルの命は
身につけていた草薙の剣をミヤズ姫の所に置いて、
伊吹山の神を討ち取りに出かけました。



c0213541_219724.gif



[PR]
                                   【古事記】   

大気都比売 (大宜都比売)(1)  
オオゲツヒメ
神の身体から五穀と蚕が生まれた


古事記の三か所に出て来ます。
「大都比売」と「大都比売」の表記には区別がありません。
同一の神かどうかは不明です。

◆オオゲツヒメはギ・ミ神から生まれた。
四国の粟の国の別の名前でもある。◆


イザナギの命イザナミの命のお二人は、話し合いました。
「今回生まれた子供は良くなかった。やっぱり、天つ神の所に行って、相談しよう。」
と言って、一緒に参上して天つ神の御意見を求めました。

そこで、天つ神の意見によって太占(ふとまに)で占って、告げられました。
「女が先に言ったのが良くなかった。また帰って、やり直しなさい。」
そこで、再び天下りして、天の御柱を同じように廻りました。
この時、イザナギの命が先に
「ああ、なんと素敵なお前よ。」
と言って、その後、イザナミの命が
「ああ、なんて素敵なあなた。」と言いました。

そうして再び、夫婦の交わりをして生んだ子供は
淡道(あわじ)の穂の狭別(さわけ)の島。
次に伊予の二名(ふたな)の島
この島は身体は一つで、顔が四つ有りました。顔ごとに名前が付いています。
   伊予の国はエヒメと言い、
   讃岐の国イヒヨリヒコと言い、
   粟の国オオゲツヒメと言い、
   土佐の国はタケヨリワケと言います。
次に隠岐の三つ子の島を生みました。またの名は天のオシコロワケ。
         (略)
次に生んだ神の名は、鳥の石楠船(いはくすぶね)の神。
   またの名は天の鳥船と言います。
次にオオゲツヒメの神を生みました。
次に火のヤギハヤオの神を生みました。
またの名は火のカガビコの神と言い、またの名を火のカグツチの神と言います。

この子を生んだために、イザナミの命は陰部を焼かれて病み臥すようになりました。


◆オオゲツヒメはスサノオの孫・ハヤマトの神の妻になる◆

大年の神(スサノオの命とカムオオイチヒメの間の子)が
カムイクスビの神の娘、イノヒメを妻として生んだ子は
   大国御魂(おおくにみたま)の神。
   次に韓(から)の神。
   次にソホリの神。
   次に白日(しらひ)の神。
   次に聖(ひじり)の神。

カヨヒメを娶って生んだ子は、
   オオカガヤトノオミの神。
   次に御年(みとし)の神。

アメチカルミヅヒメを妻として生んだ子は
   オキツヒコの神。
   次にオキツヒメの神。またの名はオオベヒメの神。
      これは人々が奉斎する竈の神である。
   次にオオヤマクヒの神。またの名はヤマスエのオオヌシの神。
      この神は近淡海(ちかつあわうみ)の国の日枝(ひえ)の山にまし、
      また葛野(かづの)の松の尾にまして、鳴鏑(なりかぶら)を持つ神です。
   次にニワツヒの神。
   次にアスハの神。
   次にハヒキの神。
   次にカガヤマトオミの神。
   次にハヤマトの神
   次にニワタカツヒの神。
   次にオオツチの神。またの名は土のミオヤの神。9柱。(※実際は10柱)

ハヤマトの神オオゲツヒメの神を妻として生んだ子は、
   若山クヒの神。
   次に若年の神。
   次にイモワカサナメの神。
   次にミヅマキの神。
   次に夏タカツヒの神。またの名は夏ノメの神。
   次に秋ビメの神。
   次にククトシの神。
   次にククキワカムロツナネの神。8柱。

◆オオゲツヒメはスサノオの命から殺された。◆

高天原から追放されたスサノオの命は食べ物をオオゲツヒメに乞いました。
すると、オオゲツヒメは鼻や口や尻からいろんな食べ物を取り出して、
いろいろと料理を作りそろえて献上しましたが、
スサノオの命はその様子を覗き見して、汚らわしいものを献上すると思って、
即座にオオゲツヒメを殺しました。

こうして、殺された神の体からは、頭から蚕が生じ、両目からは稲の種が生じ、
両耳からは粟が生じ、鼻からは小豆が、
陰部からは麦が、尻からは大豆が生じました。
これを見て、カミムスビノミオヤの命はこれを取らせて種としました。


※ オオゲツヒメが二か所に出てくるので、どうなっているのか、
  次回は系図を書いてみます。

良く似た話が日本書紀にも出て来ます。
ウケモチの神(保食神)と月読尊の話に変わっています。
南方系神話ーハイヌウェレ神話との関わりについては
 『ひもろぎ逍遥』大嶽神社(5)
「ウケモチの神から五穀と蚕が生まれたーハイヌウェレ神話と日本の神話」
http://lunabura.exblog.jp/15336975/ 
 

で考察しています。


c0213541_219724.gif



[PR]
                                   【古事記】   

大気都比売(2)

系図


オオゲツヒメは古事記に三か所に分かれて出て来ます。
そこでそれが全部同じ神だという前提で、系図を書いて見ました。
粟の国は別とする。)

c0213541_11302843.jpg

スサノオの命がオオゲツヒメを殺すと、死体から五穀と蚕が生まれました。
スサノオの命とオオゲツヒメは姉弟です。
そして、オオゲツヒメはスサノオの孫と結婚しています。
オオゲツヒメの住まいは葦原の中つ国です。


c0213541_219724.gif



[PR]
                                    【日本書紀】

保食神
 (うけもちのかみ)
神の身体から牛馬と五穀と蚕が生まれた
 
天照大神が天上にあって、言いました。
葦原の中つ国保食(うけもち)の神がいると聞いています。
そなた、月夜見尊(つくよみのみこと)、行って見て来なさい。」と。
月夜見尊は命令を受けて降りました。そして保食神の所に行きました。

保食神は首を回して国土を見ると、口から飯を出しました。
又、海を見ると、魚のひれの大きいもの、小さいものを口から出しました。
又、山を見ると、毛の荒い動物、柔らかい動物を口から出しました。
その各種の物を全部揃えて、沢山の机に並べて饗応しました。

この時、月夜見尊は顔色を変えて怒って言いました。
「けがわらしい。いやしい。どうして、口から吐き出したものを、
あえて私に食べさせようとするのか。」
と言って、即座に剣を抜いて、殺してしまいました。
それから天上に戻って、詳しくその状況を話しました。

すると、天照大神は大変怒って、
「お前は何と悪い神だ。もう会わない。」と言いました。
そこで月夜見尊と、一日一夜隔てて離れて住むようになりました。

この後、天照大神はまた天の熊人(くまひと)を遣わして、
どうなっているか見に行かせました。この時には保食神はすでに死んでいました。
すると、その神の頭頂からは牛と馬が生れていました。
額からは粟(あわ)がなっていました。眉の上には蚕(かいこ)が生まれていました。
眼の中には稗(ひえ)が生まれていました。腹の中には稲が生まれていました。
陰部からは麦と大豆や小豆が生まれていました。

天の熊人はこれを全部持ち帰って、献上しました。
天照大神は喜んで、
「これはこの世の青人草(人間―青い目の人とも言う)が食べて生きるものです。」
と言って、粟(あわ)稗(ひえ)麦豆を畑の種子としました。
また稲は水田の種子としました。
また天の邑君(むらきみー農民の長)を定めました。
そこで、その稲種を初めて天の狭田(さなだ)や長田に植えました。
その秋に実った穂は大変長く垂れて、豊作でした。
また口の中に蚕を含んで絹糸を引き出すことが出来るようになりました。
これから初めて養蚕が始まりました。


良く似た話が古事記にも出て来ます。
オオゲツヒメとスサノオの命の話に変わっています。
詳細は
 『ひもろぎ逍遥』大嶽神社(5)
「ウケモチの神から五穀と蚕が生まれたーハイヌウェレ神話と日本の神話」
http://lunabura.exblog.jp/15336975/ 
 

で考察しています。



c0213541_219724.gif



[PR]
スペルボーン(Spellborn)