<   2010年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

                                   【古事記】   

饒速日命(1)
(ニギハヤヒ・天の火明の命)
天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊
あまてる・くにてるひこ・あめのほあかり・くしたま・にぎはやひのみこと

ニギハヤヒはニニギの兄である。

それまでのあらすじ
天照大御神に天降りを命ぜられた天の忍穂耳命葦原の中つ国に向かうが、騒がしいと言って、戻って来た。そこで天照大御神と高木の神は、次々に使者を送って葦原の中つ国(出雲)を制圧した。そこで、天照大御神は改めて天の忍穂耳命に天降りを命じた。ところが…。

【ニニギノ命の天下りの巻】

天照大御神高木の神の命令で、太子(ひつぎのみこ)の天の忍穂耳命に言いました。
「今、葦原の中つ国を平定したとの報告があった。だから、以前にその国をそなたに与えたのだから、天降りして、治めなさいませ。」と。
そこで太子の天忍穂耳命が答えて申し上げました。
「私めが天降りしようと支度をする間に、子供が生まれました。名前は天ニキシ国ニキシ天津日高日子番(あまつひこひこほ)のニニギノ命です。この子を降臨させましょう。」

この御子は高木の神の娘の萬幡豊秋津師比賣命(よろずはたとよあきづしひめ)と結婚して生まれた子供で、長男が天の火明命(あめのほあかり)。次男が日子ホノニニギの命です。

こういう事で、天の忍穂耳の言葉が受け入れられました。
忍穂耳の命はニニギノ命に勅命を伝えて、
「この豊葦原の水穂の国はそなたが治める国であると言ってお与えになった。だから、命ぜられた通りに天降りしなさい。」と言いました。             

【イワレビコの東征の巻】

それまでのあらすじ
イワレビコ(神武天皇)は兄のイツセの命たちと高千穂の宮を発って東に向かった。豊の国の宇佐、筑紫の岡田の宮、安芸の国のタケリの宮、吉備の国の高島の宮を経て、浪速の渡に着いた。(一方、ニギハヤヒはナガスネヒコの妹と結婚していた。)


ナガスネヒコはイワレビコを迎え撃つ
イワレビコの軍勢は、浪速(なみはや)の渡(わたり)を経て、青雲の白肩(しらかた)の津に船で泊まりました。この時、トミノナガスネヒコが軍勢を率いて待ち構えて、戦を挑んできました。そこで船に載せていた楯を持って上陸しました。こうして、そこを楯津といいます。今は日下(くさか)の蓼津(たてつ)と言います。

トミビコと戦った時に、兄のイツセの命はトミビコの猛烈な矢の攻撃に会って、手を負傷しました。そこで言いました。
「私は日の神の御子だから、日に向かって戦うのはよくない。それで、賤(いや)しいヤツにやられて深手を負った。この先、遠回りして、背に日を負う方向から撃とう。」と言って、南の方に進路を取って行く時に、血沼(ちぬ)の海について、その手の血を洗われました。そこで、その地を血沼と言うようになりました。

そこから廻って行って、紀の国の男之水門(おのみなと)に着いて、
「賤しいヤツの矢を受けて死ぬのか。」と雄たけびして、亡くなりました。この謂われから、この水門を名付けて、男の水門と言います。お墓は紀の国の竈山(かまやま)にあります。
  
途中のあらすじ
イワレビコたちは熊野で神剣・フツの御魂と八咫烏を得て、吉野、宇陀、忍坂と進軍して行った。

久米の子らの歌
さてその後、イツセの命を殺したトミビコを再び攻撃しようとした時に、歌った歌。
  力満ちている 久米の猛者たちが
  粟(あわ)畑に生えている臭いニラ、
  そいつの根元を、その芽ごと横ざまに切り払うように
  撃たずにおくものか。

と歌いました。またこうも歌いました。
  力満ちている 久米の猛者たちが
  垣根の元に植えた山椒の木。
  噛めばピリリと辛い、あの辛さを忘れない。
  撃たずにおくものか。

と歌いました。さらに、
  神風の吹く 伊勢の海の 大岩に 
  這いずりまわる キサゴ(巻貝)のように
  這いずってでも、撃たずにおくものか。

又、兄師木(えしき)弟師木(おとしき)を攻撃する時、軍勢はさすがに疲れてしまいました。そんな時に歌った歌。
  楯を並べて イナサの山の 木々の間を 
  行ったり来たりして守って戦ったので
  俺はもう腹が減ってしかたがない。
  島の鳥、ウを飼う鵜飼部(食糧班)よ、今すぐ助けに来てくれ。

ニギハヤヒは天津瑞を献上する
こうして、ついに邇藝速日(にぎはやひ)の命がイワレビコの元にやって来て、申し上げました。
天つ神の御子が天降り(あまくだり)されたと聞きました。そこで後を追って天降って来ました。」
そう言って、天津瑞(あまつしるしー天つ神の子孫である証拠の品)を献上して、お仕え申しました。

ニギハヤヒの命がトミビコの妹のトミヤビメを妻にして、生まれた子供のウマシマヂの命は、物部の連(むらじ)の穂積臣、ウネベの臣の祖先となりました。
こうして、イワレビコの命は荒ぶる神どもを平定し、まつろわぬ人どもを退け払い、畝火(うねび)の白檮原(かしはら)の宮で 天下を治めました。


天津瑞(あまつしるし)
古事記ではどんな品物であったかは書いてありません。
日本書紀では「天羽羽矢1隻と歩靫」となっています。
旧事本紀では「十種神宝(とくさのかんだから)」となっています。
(1、おき津鏡 2、辺津鏡 3、八握剣 4、生玉、5、死反玉 6、足玉 7、道反玉 8、蛇比礼 9、蜂比礼 10、品物比礼)

天津瑞は、いわゆる三種の神器ではないんですね。
ニギハヤヒのセリフが問題です。
天つ神の御子が天降りされたと聞きました。」
と言っています。この天つ神の御子は文脈ではイワレビコになります。天降りをしたのはニニギノ命だったはずですよね。現代人の感覚で訳してはいけないのかな。
トミビコをニギハヤヒが殺した事は日本書紀の方に書いてあります。
日本書紀とは趣がかなり違います。

c0213541_191419.gif

※ホアカリ=ニギハヤヒで系図を書きましたが、別人とした方がうまくいくのかなあ。
『ひもろぎ逍遥』
◆ニギハヤヒを祀る神社
天照神社 福岡県宮若市儀長
http://lunabura.exblog.jp/15581560/ 

◆ホアカリの命を祀る神社
志式神社 福岡市東区奈多
(5)哀しき祭神たち 
http://lunabura.exblog.jp/13130472/


c0213541_219724.gif



[PR]
                                    【日本書紀】

饒速日命(2) 

(ニギハヤヒ・ホアカリの命) 
天照国照彦天火明櫛玉饒速日
あまてる・くにてるひこ・あめのほあかり・くしたま・にぎはやひのみこと

日本書紀編纂時には、出自が二説になってしまっていた。

日本書紀に出て来る順に訳して行きます。

〔神代下 第九段〕
ニニギノ命が降臨した地に人が一人いました。自ら事勝国勝長狭(ことかつくにかつながさ)と名乗っていました。ニニギノ命が
「ここには国があるか。」と尋ねました。
「ここには国があります。どうぞご自由にしてください。」と答えました。

そこでニニギの命は留まりました。その国に美人がいました。名をカシツ姫と言います。(亦の名をカムアタツ姫。亦の名を木花咲耶姫。)ニニギの命はその美人に尋ねました。
「そなたは誰の娘であるか。」
「私は天神の大山祇神(おおやまつみ)の娘です。」
ニニギの命はそれを聞いて召しました。そして、一夜で妊娠しました。ニニギノ命は偽りだろうと思って、
「天神の娘と言っても、一夜で妊娠することがあろうか。私の子ではあるまい。」
と言いました。

カシツ姫は怒り恨んで出入り口の無い室(むろ)を作って、その中に籠って誓って言いました。
「私が孕んだ子が、もし天孫の御子でなかったら、きっと焼け滅ぶだろう。もし本当に天孫の御子ならば、無事だろう。」と。
そうして、火をつけて室を焼きました。

初めに起こる煙から生まれた子をホノスソリノ命と名付けました。(隼人の始祖です。)次に、熱が冷めた時に生れた子を彦ホホデミの命と名付けました。次に生れた子をホアカリの命と名付けました。(尾張の連の始祖です。)

一書に曰く
木花開耶姫ニニギノ命に会って言いました。
「私は天孫の御子を妊娠しました。ひそかに生む訳にはいかないので、こうして参上しました。」
ニニギの命は木花開耶姫に言いました。
「天つ神の御子といっても、どうして一夜の契りで妊娠させる事ができようか。そもそも私の子供ではないのではないか。」
木花開耶姫はひどく恨んで、すぐに戸の無い室(むろ)を作らせて、誓って言いました。
「私が妊娠した子供がもし他の神の子供ならば、不幸な結果になろう。本当に天孫の御子なら無事に生きられよう。」と言って、その室の中に入って、火をつけて室を焼きました。
その時に、炎がはじめに起る時に生れた子をホノスセリの命と名付けました。次に、火が盛んになった時に生まれた子をホアカリの命と名付けました。次に生れた子を彦ホホデミの尊と名付けました。(亦の名はホノヲリの尊。)

また一書に曰く、
初め炎が明るい時に生れた子はホアカリの命。次に炎が盛んな時に生れた子はホノススミの命

また一書に曰く
その火の初め明るい時に、踏み雄たけびを上げて生れた子が自ら名乗りました。
「われは天神の子。名はホアカリの命。わが父はどこにおられます。」と。

また一書に曰く、
天のオシホネの尊、タカミムスヒの尊の娘・タクハタチヂ姫ヨロヅハタ姫の命(またはホノトハタ姫の子、チヂ姫の命)を娶りました。そうして天のホアカリの命を生みました。その天のホアカリの命の子、天のカグヤマは尾張の連らの遠祖です。

また一書に曰く、
天のキセの命アタツ姫を娶ってホアカリの命が生まれました。

また一書に曰く、
マサカアカツカチハヤヒ天のオシホミミの尊タカミムスヒ尊の娘・天ヨロヅタクハタチハタ姫を娶って生れた子を天照国照彦ホアカリの命と名付けました。次に天ニギシ国ニギシ天津彦ホノニニギノ尊。

感想
日本書紀にはホアカリの命について、7つの異なる伝承が書かれていました。(見落としがあるかもしれません。)ここでは編者が少なくとも9つの歴史書を集めて、比較検討しています。
日本書紀を編纂した頃には既に、ホアカリの命は、
「父・ニニギノ命、母・木花開耶姫の子供説」と、
「父・オシホミミの命・母・ヨロヅハタ姫の子供説」
と二説が出来ていて、編纂者は順に並べる事で対処しているのが分かりました。
この混乱が古事記でも、矛盾した世代・年齢として表れているようです。
(系図は(1)を参照して下さい)
    (つづく)



c0213541_219724.gif



[PR]
                                    【日本書紀】

 饒速日尊(3)
 

 塩土の翁がニギハヤヒの降りた美しい国を教える

〔神武天皇〕

カムヤマトイワレビコ天皇の実名はヒコホホデミです。ヒコナギサタケウラヤフキアヘズの尊の第四子です。母は玉依姫です。海童(わたつみ)の娘です。イワレビコ天皇は生まれながらに明達で、意志が堅固でした。15歳で皇太子となりました。成長して日向国の吾田の邑のアヒラツ姫を娶って妃としました。タギシミミの命が生まれました。45歳になって兄弟たちや子供たちに言いました。

「昔、わが天神、タカミムスヒの尊とオオヒルメの尊がこの豊葦原の瑞穂の国を挙げて、わが天孫ヒコホノニニギの尊に授けた。その時、ホノニニギの尊は天のいわくらを開き、雲の道をかき分けて、先ばらいとともにやって来た。この時はまだ太古で、開けていなかった。暗いながらも正しい道を養って、この西の辺境の地を治めてきた。

皇祖は代々神、聖として善行・威光を積み重ねて長年がたった。天祖が天降りしてよりこのかた、179万2470年余りになる。しかし、遠方の地までは恩沢が行き届いていない。ムラごとに君がいて、村ごとに長がいて、境を隔てていさかいが絶えない。

さて、そこで、塩土の翁に尋ねたところ、
『東の方に美しい地が有ります。青山が四方を囲んでいます。その中に天磐船(あめのいわふね)に乗って飛んで降りた者がいます。』と言った。

私が思うに、その地は必ず大業(あまつひつぎ)を開き広めて、天の下に光り居るのにふさわしいだろう。まさしく天地四方の中心であろう。その飛んで降りて来た者というのは、饒速日(ニギハヤヒ)と言うではないか。是非とも行って都を作ろう。」と言いました。

皇子たちも「もっともです。私たちも常にそう思っていました。早く実行なさってください。」と応えて言いました。その年、太歳が甲寅(きのえとら)にありました。

その年の冬10月5日に天皇はみずから皇子たちや・舟師を率いて東征しました。


c0213541_219724.gif



[PR]
                                    【日本書紀】
饒速日命(4)

 長髄彦は防戦に成功したが、敵軍は再び攻撃して来た。  

〔神武天皇の巻のつづき〕

イワレビコ命(天皇)たちは、速吸の門、宇佐、岡の水門、安芸の国、吉備の国、難波を経て、河内の国草香邑の白肩の津に至った。

夏4月9日にイワレビコ命の軍勢は武器と馬をととのえて、歩いて竜田に向かいました。しかし、その道は狭く険しく、並んで行く事が出来ませんでした。いったん戻って、さらに東の肝駒(いこま)山を越えて、中のクニに入ろうとしました。

それを長髄彦が聞いて、
「天神の御子たちがやって来るのは、きっと我が国を奪おうとしているのだろう。」
と言って、すぐに従えていた軍勢を決起させて、進路をさえぎって、クサカエの坂で対戦しました。流れ矢がイツセの命の肱脛(ひじはぎ)に当たりました。イワレビコ命の軍勢は進軍して戦う事が出来なくなりました。

イワレビコ命は憂いましたが、閃きを心に浮かべて言いました。
「私は日の神の子孫なのに、日に向かって敵を討ったのは天の道に逆らっていた。いったん退いて弱い事を神に示して、神々を祀って、背中に日の神の威光を背負ってお蔭をいただいて敵を襲うのがよい。こうすれば刃に血を塗る事もなく、必ず敵はおのずから敗れるだろう。」と。
皆、「もっともです。」と賛同しました。

そこで、軍勢に命じて、
「しばし留まる。進軍せず。」と言いました。すぐに軍勢を引いて、退却しました。敵は追って来ませんでした。退却して草香の津に着いて、楯を立てて雄たけびをしました。そこで改めて、その津を盾津と呼ぶようになりました。今蓼津(たでつ)というのは訛りです。
その後、イツセの命は傷が悪化して亡くなる。イワレビコ命は八咫烏を得て、エウカシ、エシキなど次々に討っていった。

12月4日にイワレビコ命の軍勢はついに長髄彦を攻撃しました。何度も交戦して、勝つ事が出来ませんでした。その時、急に空が陰って氷雨が降り出しました。すると、金色の神々しいトビが飛んで来て、イワレビコの弓のハズに止まりました。そのトビは稲光のように光り輝きました。

その為に、長髄彦の軍勢は皆まぶしさに目がくらんで戦えなくなりました。長髄とはムラの名前です。それを人の名前に付けていました。イワレビコ命の軍勢のトビの瑞祥が起こったので、時の人はトビのムラと名付けました。今、鳥見(とみ)というのは訛りです。

イワレビコの命はイツセの命がクサカエの戦いで矢に当たって亡くなった事を忘れず、恨み続けて、敵を殺そうと思っていました。

c0213541_219724.gif



[PR]
                                    【日本書紀】

饒速日尊(5)

ニギハヤヒ命は妻の兄・長髄彦を殺して、
イワレビコ命に帰順する

〔神武天皇の巻のつづき〕

その時、長髄彦はすぐに使者を出して、イワレビコ命に告げました。
「昔、天神の御子が天磐船(あまのいわふね)に乗って天から降りました。名付けて、櫛玉饒速日命(くしたま・にぎはやひ)と言います。この方が私の妹のミカシキヤ姫(=長髄姫=トミヤ姫)を娶って、ついに子供も生まれました。名前をウマシマデの命と言います。

このような事情で、私は饒速日命を君としてお仕えしています。天神の子がどうして二人もおられましょうか。あなたはどうして、さらに天神の子だと名乗って人の国を奪おうとするのですか。あなたは偽りの御子ではないかと思うのですが。」

イワレビコ命は、
「天神の子供は大勢いる。そなたが君とする人が本当に天神の子なら、必ずしるしの物を持っているはずである。それを見せよ。」
と言いました。長髄彦はニギハヤヒ命の天羽羽矢(あまのははや)を一隻、また歩靫(かちゆき)を持って、イワレビコ命に見せました。イワレビコ命はこれを見て、
「本物だ。」と言って、戻って自分の所有する天羽羽矢一隻と歩靫を長髄彦に見せました。

長髄彦はその天表(あまつしるし)を見て、畏れかしこまりました。しかし、武器を構えていて、その勢いを中途で止められませんでした。またなおも間違った考えを持ったまま、捨てる気持ちになりませんでした。

ニギハヤヒの命
はもともと天神が大切に思っているのは、ただ天孫だけだと知っていました。それに比べて、長髄彦のひととなりはねじけた性格で、天孫と人との違いを教えても理解出来ないのを見て、ついに殺してしまいました。そして、衆人を率いてイワレビコ命に帰順しました。

イワレビコ命はもともとニギハヤヒ命は天から降ったという事を知っていました。そうして、今、忠誠心を示しました。それを褒めて寵愛しました。この人が物部氏の遠祖です。

虚空見つ日本の国(そらみつやまとのくに)
神武31年。夏、4月1日に天皇(イワレビコ命)は巡幸しました。腋上(わきがみ)のホホマの岡に登って、国のようすを見て言いました。
「ああなんと!国を手に入れた。内木綿(うつゆふ)のまさき国といっても、(狭い国だといっても、)蜻蛉が並んで飛んで行くように、山々が並んでいるなあ。」と。
そこから初めて秋津島の名が起りました。

昔、イザナギの尊がこの国を名付けて、
「日本は浦安(心やすらぐ)の国、細戈(くわしほこ)が十分にある国、磯輪上(しわかみ)の秀真国(ほつまくにーすくれた国)。」と言われました。

また大己貴(おおあなむち)の大神が名付けて「玉垣の内の国」と言われました。

ニギハヤヒの命は天岩船に乗って、大空を翔け巡ってこの国を見下ろして天下りされました。そして「そらみつ日本の国」と言われました。

太歳とは天皇の一世一代の歴制。太陽暦の四季の初日の立春立夏立秋立冬と春分夏至秋分当時と太陽暦の朔望が一致する日。合計16通りある。菊の紋章は日月を祭祀する天皇の象徴。(『儺の国の星』真鍋大覚)


ニギハヤヒを祀る神社 
福岡県の饒速日尊の伝承を追ってみました。(『ひもろぎ逍遥』)
      笠置山⇒穂掛神社⇒天照神社
天照神社 旧 福岡県鞍手郡宮田町磯光字儀長 現在は宮若市
  (1)ついにニギハヤヒの宮へ行きました。
    http://lunabura.exblog.jp/15581560/
 
  (2)奉納された稲穂の由来
  (3)九州の物部氏の分布図 日本の太陽神は二系統ある 
 
穂掛神社 笠置山の麓にある美しい渓流に聖地はあった
    天照神社の元宮 
    http://lunabura.exblog.jp/15664680/ 
 


c0213541_219724.gif



[PR]
                                   【古事記】  

葛城襲津彦(1) (曾都毘古) 
かづらきのそつびこ
葛城襲津彦は建内宿禰の子供である。

〔孝元天皇の巻〕

建内宿禰の父はヒコフツオシの信(マコト)の命です。母は山下影姫です。(山下影姫は木の国の造(みやつこ)の祖、ウヅヒコの妹)父には別の妻・葛城のタカチナ姫がいて、子供にウマシウチの宿禰がいます。
この建内宿禰の子供は合わせて9人です。男7人、女2人。

波多の八代の宿禰。(波多臣、林臣、波美臣、星川臣、淡海臣、長谷部君の祖。)
次に許勢の小柄(おから)の宿禰。(許勢臣、雀部臣、軽部臣の祖。)
次に蘇賀の石河の宿禰。(蘇我臣、川辺臣、田中臣、高向臣、小治田臣、桜井臣、岸田臣らの祖。)
次に平群の都久の宿禰。(平群臣、佐和良臣、馬御機連らの祖。)
次に木の角(つぬ)の宿禰。(木臣、都奴臣、坂本臣の祖。)
次に久米のマイト姫
次にノノイロ姫
次に葛城の長江のソツビコ 。(玉手臣、的臣、生江臣、阿藝那臣らの祖。)
又、若子(わくご)の宿禰は(江野財臣の祖。)

c0213541_2285247.gif


c0213541_219724.gif



[PR]
                                   【古事記】   

葛城襲津彦(2)

ソツビコの娘は天皇に嫁ぎ、三人の皇子が天皇になった。
  
【仁徳天皇の巻】

大雀(おおさざき)命仁徳天皇)は難波の高津宮で、天下を治めました。この天皇は葛城のソツビコの娘、イワノヒメの命を娶って、生まれた御子は大江のイザホワケの命。次に墨江(すみのえ)の中津王。次に蝮(たぢひ)のミヅハワケ命、次にヲアサヅマワクゴ宿禰の命。四柱。

又、前述した日向の諸縣(もろがた)の君・牛諸(うしもろ)の娘、髪長姫を娶って、生まれた御子はハタビノオオイラツコ(=大日下王)。次に、ハタビノ若郎女(=ナガヒヒメの命=若日下部命)二柱。
又異母妹八田若郎女を娶りました。また異母妹ウヂノ若郎女を娶りました。この二柱には御子がありませんでした。
この大雀天皇の御子たちは合せて六王です。男王5柱。女王1柱。

そのうち、イザホワケの命は天下を治めました。(履中天皇)
次に蝮のミヅハワケの命も天下を治めました。(反正天皇)
次にヲアサヅマワクゴの宿禰の命もまた、天下を治めました。(允恭天皇)

この天皇の御世に大后イワノヒメの御名代(みなしろ)として、葛城部を定め、
また皇太子イザホワケの命の御名代として、壬生部(みぶべ)を定め、
またミヅハワケの命の御名代として、蝮部(たぢひべ)を定め、
また大日下の王の御名代として、大日下部を定め、
若日下部の王の御名代として、若日下部を定めました。

又、秦人(はたびと)を使役して茨田(まむだ)の堤及び、茨田の三宅を作り、又、丸邇(わに)の池依網(よさみ)の池を作り、又難波の堀江を掘って海に通わせ、又小椅(おばし)の江を掘り、又墨江の津を定めました。

※御名代…天皇、皇后、皇子、皇女の名を後世に残し伝えるために、ちなんだ名をつけて設置された部民。

ソツビコの孫も天皇に嫁がせた

【履中天皇の巻】

仁徳天皇の皇子・イザホワケの命はイワレの若櫻の宮で、天下を治めました。この天皇は葛城のソツビコの子・葦田の宿禰の娘、名は黒比売を娶って、生まれた御子は市の辺のオシハの王。次に御馬(みま)の王。次に妹青海(あをみ)の郎女(=飯豊郎女)。三柱。

c0213541_20111185.gif


古事記は以上、系図のみでした。次回から、日本書紀です。



c0213541_219724.gif



[PR]
                                    【日本書紀】

葛城襲津彦(3)
かづらきのそつひこ 
襲津彦は新羅の人質・ミシコチを
護送する途中、逃げられてしまう。
新羅の草羅城を攻め落として捕虜を連れて帰る。

  
【神功皇后の巻】
それまでのあらすじ
神功皇后の軍勢は新羅に攻め入って、勝利する。新羅の王ハサムキムミシコチハトリ干岐(かんき)を人質として差し出した。高麗(こま)と百済も服従。これが三韓である。

神功摂政5年の春3月7日に、新羅の王ウレシホツ、モマリシチ、ホラモチたちを派遣して、貢ぎ物を持って来ました。それは先に人質となった、ミシコチ伐旱(ほつかんー新羅の官位)を返してほしいという心情からでした。

新羅の使者たちはミシコチ伐旱に謀り事を教えました。ミシコチは皇太后に欺いて言いました。
「使者のウレシホツとモマリシチたちが私めに言いました。
『新羅の王は、私めが久しく還らないので、妻や子供たちを皆捕えて奴婢としてしまった。』と。
願わくば、しばらく本土に還って、真偽を確認したいのですが。」と。

皇太后(神功皇后)は許可しました。葛城の襲津彦(そつびこ)を付けて派遣しました。共に対馬に着いて、鉏海(さひのうみ)の湊に泊まりました。その時、新羅の使者のモマリシチたちが密かに船と水手(かこ)を手配して、ミシコチ旱岐(かんき)を乗せて新羅に逃がしました。

その時、人形を作ってミシコチの布団の中に置いて、偽って病人のふりをさせて、襲津彦に言いました。「ミチコチが急に病気になって死にそうです。」と。

襲津彦は人を送って病人を見に行かせました。そこで騙された事が分かって、新羅の使者三人を捕えて牢屋に入れて、火をつけて焼き殺しました。そして、新羅に行って、蹈鞴津(たたらのつ)に行き、草羅城(さわらのさし)を攻め落として帰国しました。この時の捕虜たちは今の桑原、サビ、高宮、忍海(おしぬみ)たちの、四つの邑の漢人(あやひと)らの始祖です。

※西暦 205年の事です。

                                           (つづく)
c0213541_219724.gif



[PR]
                                    【日本書紀】

葛城襲津彦(4)

ソツビコは新羅の攻撃を命ぜられる。
沙至比跪は新羅でなく、加羅国を攻撃する。


【神功皇后の巻】

神功摂政62年新羅が貢物をしませんでした。その年に襲津彦を派遣して、新羅を攻撃させました。

百済記によると、
壬午年に新羅は貴国(=日本)に仕えませんでした。貴国は沙至比跪(さちひこ)を派遣して討伐させました。新羅人は美女を二人飾り立てて湊に迎えに行かせました。沙至比跪はその美女を受けて、寝返りして加羅国を討伐しました。加羅の国王コホ旱岐(かんき)とコハククチ、アシュチ、コクサリ、イラマス、ニモンチたちは人民を連れて百済に逃げました。百済は手厚く待遇しました。

加羅の国王の妹のケデンチは大倭に行って、申し上げました。
天皇は沙至比跪(サチヒコ)を派遣して新羅の攻撃を命じました。それなのに、新羅の美女を与えられて、その命令を捨てて、攻撃しませんでした。寝返って、我が国を滅ぼしました。兄弟も人民も皆さすらっています。悲しみに耐えません。それを伝えに参りました。」
天皇は大変怒って、すぐにモクラコンシを派遣して軍勢を率いて、加羅に行って、その国を取り返したと伝えます。

ある本には
沙至比跪(サチヒコ)は天皇の怒りを知って、あえて表だって帰国しませんでした。そのまま潜伏しました。そのに仕えていました。比跪はひそかに使者を出して、天皇の怒りが解けているかどうか尋ねさせました。

妹はそこで、夢を見たことにして言いました。
「ゆうべの夢に沙至比跪が出て来ました。」
天皇は大変怒って言いました。
「比跪がどうして出て来たのだ。」。
妹は帝の言葉を伝えました。比跪は許されていない事を知って、石穴に入って死んだと言います。
※文脈を変えずに訳しています。日本書紀は襲津彦=沙至比跪として書いていると思われますが、襲津彦はこの先にも登場します。

※神功摂政62年は西暦262年。注によると、百済記の記述は壬午年で、382年と解釈されています。その差120年。

※加羅国は二つの可能性があるそうです。広義の加羅は任那地方全体をさして、狭義では「高霊」の加羅がある。地図の中央に赤字で「高霊」と表示しています。


c0213541_21434988.jpg

古代朝鮮の地図は、時代によって変遷があるのですが、確かめようがないので、
今回は「伽耶文化展」の本を参考にしました。
c0213541_219724.gif



[PR]
                                    【日本書紀】

葛城襲津彦(5)

ソツビコ兄弟は加羅に留まった弓月人民の
日本への亡命を助ける。

【応神天皇の巻】

応神天皇14年の春2月に百済の王衣縫(きぬぬい)の工女を献上しました。マケツと言います。この人は今の来目(くめ)の衣縫の始祖です。

この年、弓月の君が百済から来朝しました。その理由を奏上するに、
「私めは自分の国の人夫120県を率いて帰化しようとしました。ところが新羅人が邪魔をしたので、みんな加羅国に留まっています。」と。

そこで葛城襲津彦を派遣して、弓月の人民を加羅に集めました。しかし、三年たっても襲津彦は戻って来ませんでした。

応神天皇15年の秋8月6日に百済の王アチキを派遣して良馬二匹を献上しました。(略)

応神天皇16年の春2月に王仁(わに)が来朝しました。そこで皇太子のウヂノワキ
イラツコ
の師としました。いろいろな漢書を王仁に習いました。(略)
この年、百済のアクヱ王は亡くなりました。そこで、天皇はトキ王を召して言いました。
「そなた、国に帰って位を継げ。」と。そして、また東韓の地を与えました。東韓は甘羅城(カムラのさし)高難城(カウナンのさし)・爾林城(ニリムのさし)を指します。

8月に平群(へぐり)のツクの宿禰・的(いくは)の戸田の宿禰を加羅に派遣しました。その時、天皇は精兵を授けて、言いました。
「襲津彦は長らく帰ってこない。きっと、新羅が邪魔をしていて、滞っているのだろう。そなたら、急いで行って新羅を撃って、その道を開け。」

そこで、ツクの宿禰たちは精兵を進軍させて、新羅との国境に臨みました。新羅の王は、恐れて罪に服しました。その結果、弓月の人民を率いて、襲津彦と共に帰国しました。


アクヱ王(阿花王)…応神天皇3年。百済のシンシ王が即位して日本に礼をしなかった。そこで、紀角宿禰・羽田八代宿禰・石川宿禰・ツクの宿禰を派遣して、その無礼を責めた。そうして、百済国はシンシ王を殺して謝罪した。紀角宿禰たちはすぐにアクヱを王に即位させて、帰国した。

トキ王(直支王)…阿花王の長子。人質として日本に来ていた。三国史記によると、405年。

皇太子ウヂノワキイラツコはその後、自殺している。

弓月の君秦(はた)氏の祖先。中国の帝秦(しん)氏の後裔とされている。


c0213541_1602476.gif

c0213541_219724.gif



[PR]
スペルボーン(Spellborn)