「ほっ」と。キャンペーン
                                    【日本書紀】

神功皇后(2)

穴門豊浦宮から岡湊、香椎宮へ


仲哀8年春1月4日に仲哀天皇の一行は筑紫に行幸しました。その時、岡の県主(あがたぬし)の祖・熊鰐(くまわに)は天皇の行幸を聞いて、あらかじめ五百枝(いほえ)の賢木(さかき)を土から抜き取って、根の付いたまま九尋の船の舳先に立てて、上の枝には白銅鏡を掛け、中の枝には十握剣を掛け、下の枝には八坂瓊(やさかに)を掛けて、周防のサバの浦に迎えに行きました。そして魚や塩の産地を献上しました。
そして
「穴門から向津野の大済(おおわたり)に至るまでを東門とし、名護屋の大済を西門としています。没利(もとり)島阿閉(あへ)島を御筥(みはこ)とし、柴島をミナヘ(鍋や器)としています。逆見(さかみ)の海を塩の産地としています。」と奏上して、海路を案内して行きました。

山鹿の岬から廻って、岡の浦に入りました。岡の湊に来ると、船が進まなくなりました。
天皇は熊鰐に尋ねました。
「そなた熊鰐は嘘偽りのない忠誠心を持ってやって来たと聞いている。どうして船が進まなくなったのだ。」
熊鰐が奏上しました。
「御船が進まないのは、私の罪ではありません。この浦の口に男女の二神がいます。男神を大倉主と言い、女神をツブラ姫と言います。きっとこの神々の御心でしょう。」と。

天皇は祈祷して神意を尋ね、船頭の倭国の菟田(うだ)の人、伊賀彦を祝人(はふり)として祭らせると船が進むようになりました。

皇后は別の船に乗っていて、洞海(くきのうみ)から内海を通って行きました。まもなく、潮が引いて、動かなくなりました。その時、熊鰐が戻って来て、洞海の方から皇后を迎えに来ました。

ところが船が立ち往生しているのを見て、畏れ入って、すぐに魚が泳ぐ沼池を作らせて、鳥たちが集まって来るようにしました。皇后は鳥たちが群れ集まって魚を狙うようすを見て、ようやく機嫌を直しました。潮が満ちて来ると船は岡の津に停泊しました。

また筑紫の伊都の県主(あがたぬし)の祖・イトテが天皇が行幸したのを聞いて、五百枝(いほえ)の賢木を抜き取って、船の艫舳(ともへ)に立てて、上の枝には八坂瓊(やさかに)を掛けて、中の枝には白銅鏡を掛け、下の枝には十握剣(とつかのつるぎ)を掛けて、穴門の引島に迎えに来ました。

そうして、
「私めが、わざわざこれらの物を献上する訳は、天皇が八坂瓊が優美に曲がっているようにあまねく治めて下さいますよう、また白銅鏡のように山川海原を明確にご覧になれますように、そうして、この十握剣を掲げて天下を平定してくださいますようにという意味からです。」と言いました。

天皇はイトテを褒めて、「いそし」と言いました。これから、イトテの本国を名付けて、伊蘇(いそ)の国と言うようになりました。今、伊都と言うのは訛っているのです。
21日に儺県(なのあがた)に着いて、橿日の宮に居を構えました。

いよいよ仲哀天皇と神功皇后は筑紫に行幸しました。
青い色の所は『ひもろぎ逍遥』で、レポートした神社です。これらの伝承を調べたお蔭で、いつのまにか、日本書紀のこの部分の背景が見渡せるようになっていました。(すごい、上達ぶりですね~)

岡県主の祖の熊鰐は山口県まで迎えに来て、岡の湊まで道案内をし、その先は伊都国から迎えに来たイトテの案内で香椎宮に入っていったのが分かります。迎えに来た彼らは、味方である証拠として、三種の神器をアピールしています。この演出は景行天皇の時にも記述があります。

地図 伊都県 岡県 儺県 穴門豊浦宮


このページの伝承を残す神社は『ひもろぎ逍遥』で、詳しく書いています。

岡湊神社 福岡県遠賀郡芦屋町船頭町 岡水門は大倉主神と熊鰐と神功皇后の伝承の舞台

高倉神社 福岡県遠賀郡岡垣町高倉
(1)日本書紀そのままに残る古社
神功皇后の船を止める男女の二神の宮
(2)弥生の風景そのままに
伊賀彦は水銀産出の国から来て、ここに留まった
(3)草薙の剣を取り戻して造られた7振りの剣から
江戸時代までは八剣神社とも呼ばれていた

神武天皇社 福岡県遠賀郡芦屋町 イワレビコ命はここから東征を始めた?

平原遺跡 福岡県糸島市 曽根遺跡群 伊都国の日の巫女が眠る墓・原田大六氏が救った遺跡だよ
橿日宮(香椎宮) 福岡県福岡市東区 古宮を訪ねて ほか


c0213541_219724.gif



[PR]
                                    【日本書紀】

葛城襲津彦(4)

ソツビコは新羅の攻撃を命ぜられる。
沙至比跪は新羅でなく、加羅国を攻撃する。


【神功皇后の巻】

神功摂政62年新羅が貢物をしませんでした。その年に襲津彦を派遣して、新羅を攻撃させました。

百済記によると、
壬午年に新羅は貴国(=日本)に仕えませんでした。貴国は沙至比跪(さちひこ)を派遣して討伐させました。新羅人は美女を二人飾り立てて湊に迎えに行かせました。沙至比跪はその美女を受けて、寝返りして加羅国を討伐しました。加羅の国王コホ旱岐(かんき)とコハククチ、アシュチ、コクサリ、イラマス、ニモンチたちは人民を連れて百済に逃げました。百済は手厚く待遇しました。

加羅の国王の妹のケデンチは大倭に行って、申し上げました。
天皇は沙至比跪(サチヒコ)を派遣して新羅の攻撃を命じました。それなのに、新羅の美女を与えられて、その命令を捨てて、攻撃しませんでした。寝返って、我が国を滅ぼしました。兄弟も人民も皆さすらっています。悲しみに耐えません。それを伝えに参りました。」
天皇は大変怒って、すぐにモクラコンシを派遣して軍勢を率いて、加羅に行って、その国を取り返したと伝えます。

ある本には
沙至比跪(サチヒコ)は天皇の怒りを知って、あえて表だって帰国しませんでした。そのまま潜伏しました。そのに仕えていました。比跪はひそかに使者を出して、天皇の怒りが解けているかどうか尋ねさせました。

妹はそこで、夢を見たことにして言いました。
「ゆうべの夢に沙至比跪が出て来ました。」
天皇は大変怒って言いました。
「比跪がどうして出て来たのだ。」。
妹は帝の言葉を伝えました。比跪は許されていない事を知って、石穴に入って死んだと言います。
※文脈を変えずに訳しています。日本書紀は襲津彦=沙至比跪として書いていると思われますが、襲津彦はこの先にも登場します。

※神功摂政62年は西暦262年。注によると、百済記の記述は壬午年で、382年と解釈されています。その差120年。

※加羅国は二つの可能性があるそうです。広義の加羅は任那地方全体をさして、狭義では「高霊」の加羅がある。地図の中央に赤字で「高霊」と表示しています。


c0213541_21434988.jpg

古代朝鮮の地図は、時代によって変遷があるのですが、確かめようがないので、
今回は「伽耶文化展」の本を参考にしました。
c0213541_219724.gif



[PR]
                                    【日本書紀】

葛城襲津彦(8)

福岡県の葛城・平群・曽我
(今回は、福岡県の古代の地名の資料です。)


※簡単に朝鮮半島と往来していた
訳をしていて思ったのは、ソツビコたちに大変機動性がある事です。軍はもちろん、弓月の君王の妹なども日韓を簡単に往来しています。ですから、この話の舞台は、福岡市の早良区や西区を中心とした話ではないかと思うようになりました。
当時の朝鮮半島への航路は唐津経由か志賀島経由でした。

和名類聚抄』によると、福岡市西部を中心に平群曾我、額田、田部などがあった事が書いてあります。大和地方と似た構成です。ですから、渡来人たちは福岡市にまず、拠点を置いて、それから大和地方に移動したと考えるのがナチュラルです。そうすると、どちらにも平群などがある理由が分かります。


※『和名抄』に早良郡に平群や曽我があった事が書いてあった。
「早良郡」ウィキペディアより (早良郡で検索すると出て来ます。)
『和名類聚抄』によれば、毘伊(ひい、現在の城南区樋井川付近)、能解(のけ、現在の福岡市早良区野芥付近)、額田(ぬかだ、現在の西区野方付近)、早良(さわら、現在の城南区鳥飼付近)、平群(へぐり、現在の早良区羽根戸から金武付近)、田部(たべ、現在の早良区小田部付近)、曽我の7郷があったとされる。

※真鍋大覚氏による伝承

『儺の国の星・拾遺』
p244
筑紫で孝元帝(前214~158)から清寧帝(480~484)の間に玄界灘の交易を掌握していた平群は近東系の出であって、月氏のササンの子孫であったと思われる。筑前早良の由来は「ささのあまのはら」で、平群氏が百済人をここに租界させた。
p245
昔、祖先に「かひ」と「とひ」の二つの氏族があった。「かひ」とは夏至を元日とする氏族であり、「とひ」は冬至を元日とする氏族であった。かすかな口伝ではあるが、平群氏は望旦夏至に固執し、曾我氏は朔旦冬至に改革したと説かれる。

皇極帝(645)年はまさに暦法の採否をめぐって中大江皇子の激烈な論争と対決が背景にあったことを心得なければならない。
「そが」は素娥と書き、月の東洋的異称であった。これに対して、「へぐり」は平群と書き、月の西洋的異称であった。

和名抄には筑前国早良郡の条に、まだ平群、蘇我の郷名が記録されているが、今はない。
所は脇山であって、改名の由来は文書にはない。月を女人に事寄せる泰西の民族の伝統に「わき」なる異邦人の租界の古称を重ねて作り上げたものと古老は語っていた。
賀茂の氏族は日本の開拓者であった。刀剣の類を作り上げるよりも、むしろ百姓の鋤鍬の方を主としていた。北方系の胡人であった。

『儺の国の星』
p155 
早良戸栗(へぐり)は、かつての平群氏の故郷であった。
p196
大和の笠置の山々の名は、筑紫の葛城から神功皇后(201~269)の御宇に遷したものと伝えられる。葛城の峰は香椎宮から太宰府の東の空に連なる。

葛城氏竈門山系と水縄山系を領有して南方貿易を独占していたのに対し、平群氏背振山系と志摩山系を治めて北方貿易を掌握していました。せふりの語源は「へぐり」に在ったと語られますが、日繰(ひぐり)すなわち天文暦法の家系を示す古語であります。

香椎宮から太宰府の東の峰は犬鳴連峰の事でしょうか。
水縄=耳納
ウィキペディアと眞鍋氏を合せて解釈して地図を描いてみました。

c0213541_21321536.jpg

なお、「賀茂」が野芥の北にあります。

大和にこれと重なる構成の地名があるのは教科書で学びます。
葛城襲津彦は筑紫の出身で、大和に移住したものと考えると、うまくいきそうです。
それに前後して、多くの氏族の移住もあったのでしょう。
父親の「竹内(つくしうち)の宿禰」は「筑紫の内の宿禰」と考えました。

※日本書紀中の的(いくは)臣について
ソツビコの子孫が的(いくは)臣です。阿藝那臣も子孫です。藝の字は曇の写し間違いだと思いました。安曇那臣が正しいと思います。的臣は福岡の筑後川流域・浮羽(うきは)で、阿曇那臣は福岡市です。



c0213541_219724.gif



[PR]
                                    【日本書紀】

葛城襲津彦(9) 
 
大和の豪族たちの分布図
 
お馴染みの大和地方の豪族たちの分布図を描いてみました。
福岡県のと比較してみたいですね。

c0213541_1665530.jpg

c0213541_219724.gif


[PR]
福岡県の豪族たち
c0213541_21573297.jpg

筑紫の君・磐井の時代です。
よく分からなかったのが長峡県主と上膳県主の場所です。
もう少し左よりかな。
王塚古墳とか飯塚の立石遺跡とか、どこ所属なのか分かりません。
遠賀川中流域はどうなっているのでしょうか。
地元の方、教えてください。

c0213541_219724.gif



[PR]
                                    【日本書紀】

斉明天皇(2)(皇極天皇)
生没(594~661)在位(655~661)

筑紫の朝倉橘広庭の宮


この年(斉明6年)、百済の為に新羅を討とうと決定して、すぐに駿河(するが)の国に命じて船を造らせました。船が出来上がって、続麻郊(おみの)に曳航していった時、その船が夜中に何故か前後(へとトモ)が入れ替わってしまいました。それを見た人々は敗戦の予兆だと思いました。

信濃の国では「蠅が群がって西に向かって巨坂(おおさか)を飛び越えた。その大きさは十人の広げた手で囲むほど。高さは天に届いた。」と言いました。これも救援軍が負ける前兆ではないかと噂しました。

童謡が歌われました。(意味は分かりませんー綾杉)
  まひらくつのくれつれをのへたをらふくのりかりが
  みわたとのりかみをのへたをらふくのりかりが
  甲子とわよとみをのへたをらふくのりかりが

斉明天皇7年の春1月6日に、天皇が乗船された船が西に行って、初めて海路に出ました。
8日に御船は岡山県大伯(おおく)の海を通りました。その時、大田姫皇女(おおたのひめみー中大兄皇子の娘で大海人皇子の妃)が女の子を出産しました。そこでその地名をとって大伯皇女(おおくのひめみこ)と名付けました。

14日に御船は伊予の熟田津(にぎたつ)の石湯行宮(いわゆのかりみや)に停泊しました。
3月25日に御船は航路に戻って那の大津に着きました。磐瀬行宮(いわせのかりみや)に住みました。天皇は名を改めて長津の宮とされました。

夏4月に百済の福信が使者を派遣し、手紙をたてまつって、百済の王子・余豊璋を返してほしいと願いました。(ある本には4月に天皇は朝倉の宮に遷宮されたといいます。)

5月9日に天皇は朝倉橘広庭宮(あさくらのたちばなのひろにわのみや)に遷宮されました。この時に朝倉神社の木を切り払って広庭宮を作ったために、神の怒りにふれて雷が落ちて、御殿を壊してしまいました。

また、この宮の中に鬼火が現れました。このせいで大舎人(とねり)や色々な近侍たちが大勢病気になって死にました。
23日に耽羅(たむら)国(済州島)が初めて王子アハギたちを人質として差し出しました。
6月に伊勢王(いせのおおきみ)が亡くなりました。
秋7月の24日に斉明天皇は朝倉宮で崩御されました。(68歳)

8月1日に皇太子・中大兄皇子は天皇の御遺体を磐瀬宮に移しました。この夜、朝倉山の上に鬼が出て、大笠を付けて、喪儀を見ていました。人々は怪しみました。

冬10月7日に天皇の喪船は海路で帰って行きました。途中の湊で皇太子が天皇をしのんで歌を詠みました。
 あなたの目が恋しい。
 こうして舟泊まりしていると、こんなに恋しいとは。
 あなたの目をもう一度見たい。
23日に天皇の喪船は難波に戻って来ました。 
11月7日に天皇の御遺体を飛鳥川原でモガリしました。9日までモガリをしました。

(日本世紀の本には、11月に福信が捕らえた唐人・続守言(しょくしゅげん)たちが筑紫についたという。ある本には、この年に百済の佐平・福信が献上した唐の捕虜106人、近江の国の墾田(はりた)に住まわせたという。その前年にすでに福信は唐の捕虜を献上したとも言っている。ここに異説を書いておく。定めよ。)

c0213541_22443727.jpg

7世紀の地図です。   (高句麗+百済)VS(唐+新羅)
この二年後に白村江の戦いがあります。
百済の福信が日本に来た時期が当時すでに幾つもの説が出てしまって分からなくなっています。
橘広庭宮は三か所ほど候補地が挙がっています。町は須川に石碑を立てています。
磐瀬宮(長津宮)は福岡市の高宮八幡宮付近だと言われています。
            福岡県那珂郡安徳村梶原です。
朝倉でのモガリの宮は朝倉市の恵蘇八幡宮・木の丸殿です。詳細は『ひもろぎ逍遥』に書いています。



c0213541_219724.gif



[PR]
スペルボーン(Spellborn)