「ほっ」と。キャンペーン

タグ:思金神 ( 4 ) タグの人気記事

                                   【古事記】   

大国主神(9)

建御雷の神


天照大御神は言いました。
「またどの神を遣わしたらよいだろうか。」と。
そこで思金の神(おもいかねのかみ)と諸神が言いました。
「天の安の川の川上の天の岩屋にいるイツノ尾羽張(オハバリ)の神を遣わすのがよろしいでしょう。もし、この神でないなら、その神の子の建御雷(たけみかづち)の男の神を遣わすのがよろしいでしょう。

その天の尾羽張の神は天の安の川の水を堰き止めて水を貯え、道をふさいでいるので、誰もは遣いには行けますまい。特別に天のカクの神を遣わして尋ねるとよいでしょう。」

こうして天のカクの神を遣わして、天の尾羽張の神に尋ねさせると、
「畏れ多い。お仕えしましょう。しかし、今の話は我が子建御雷の神を遣わしましょう。」と言って、すぐに子を奉りました。その時、天の鳥舟の神を添えて遣わしました。

こうして、建御雷の神天の鳥舟の神は出雲の国の伊那佐の小浜に天降りして、十掬剣(とつかつるぎ)を抜いて、さかさまに波頭に刺し立て、その剣の前に胡坐を組んで座り、大国主の神に尋ねて言いました。

天照大御神と高木の神の命令で、尋ねるために私を遣わされた。
『そなたが治める葦原の中つ国は我が御子が治める国ぞ。』との仰せである。そこで、なんじの心はいかがであるか。」
大国主の神は
「私めは申し上げますまい。我が子の八重事代主(やえことしろぬし)の神が答えるでしょう。しかし、我が子は鳥の遊びをして、魚を取っているので、御大(みほ)の前(さき)に行って、まだ帰って来ません。」と答えました。

そこで建御雷の神は、天の鳥船の神を遣わして、八重事代主の神を引き立てて来て、お尋ねになった所、
八重事代主の神は、父神に語って言いました。
「畏れ多い。この国は天つ神の御子に献上しましょう。」
と言って、そのまま船を踏みつけて傾かせて、青い芝で作った垣根(神域)を作り、天の逆手(呪術的な拍手?)を打って、身を隠しました。 

こうして建御雷の神は再び大国主の神に尋ねました。
「今、そなたの子、事代主の神は天つ御子に献上すると申した。他にまだ意見を申す立場の子はおられるか。」
「また我が子、建御名方(たけみなかた)の神がいます。これ以外にはいません。」
と答えました。

こう話していると、その建御名方の神が千引(ちびき)の大岩を指先で捧げ持って来て、
「誰だ。我が国に来てこそこそと話しているのは。何か言いたいなら力比べをしよう。私が先にあなたの手を掴もう。」と言いました。

そうしてその手を取ると、相手の手は、たちまちに突き立つ氷のようになり、また剣の刃になりました。建御名方の神は畏れて引き下がりました。次に建御雷の神が自分の番だと言って掴むと、若葦を掴むように掴みつぶして投げ飛ばしたので、建御名方の神はそのまま逃げ去りました。

それを建御雷の神は追いかけて、科野(しなの)の国の州羽(すは)の海に追い詰めて殺そうとした時、建御名方の神は言いました。
「どうか、私を殺さないで下さい。私はここに留まってどこにも行きません。また我が父、大国主の神の命令に従います。八重事代主の神の言葉通りです。この葦原の中つ国は天つ神の御子の命令通りにしますから。」と。   (つづく)



c0213541_219724.gif



[PR]

須佐之男の命(2) 
天の岩屋戸隠れと高天原からの追放まで


天の岩屋戸隠れ

それからは、スサノオの命は勝者としての振る舞いの度が過ぎて、
アマテラス大御神の耕作している田のあぜを壊し、その溝を埋めて、
またその大嘗(おおにえ…最初に収穫した米)を召し上がる御殿に
糞をし散らかしました。

スサノオの命がそんなことをしても、アマテラス大御神はとがめずに、
「糞をしたのは酔って吐き散らしたんでしょう。
私の大事な弟がしたんだから(大目に見ましょう)。
又田んぼのあぜを壊して、溝を埋めたのは、
土地が惜しいから広くしたいと思ったんでしょう。
私の大事な弟がしたんだから(考えあっての事でしょう)。」
と、悪い事も良い方に解釈してかばいましたが、
その悪い行為はやまずに、ますますひどくなりました。

アマテラス大御神が、忌み清めた機織りの御殿に行って、
神の御衣を織らせている時に、
その御殿の棟に穴を開けて、天の斑馬(ふちこま)を
尾の方から逆に皮を剥いで落とし入れたので、
天の機織女(はたおりめ)が驚いて、オサ(機織りの道具)で
陰部を突いて死んでしまいました。

アマテラス大御神はそれを見て畏れて、
天の岩屋戸を開いて、中に籠ってしまいました。
すると、高天の原はみな暗くなり、
葦原の中国(あしはらのなかつくに)も、ことごとく暗くなりました。
このために世の中は夜ばかりになりました。

すると、多くの神々の声はハエの飛ぶ音のように満ち満ちてて、
多くの災いが起こりました。

そこで、八百万(やおよろず)の神は天の安の河原に集まって、
タカミムスヒの神の子、オモイカネの神に考えさせました。

その結果、常世の国の長鳴き鳥を集めて鳴かせ、
天の安の河の川上の天の堅い石(鉄を鍛える為の金敷き)を取って来て、
天の金山の鉄を取って、鉄を鍛える工人の天津マラを求めて、
イシコリドメの命に命じて鏡を作らせ、
タマノヤの命に命じて、八尺の勾玉の沢山の連珠を作らせ、
天のコヤネの命フトダマの命を召して、
天の香具山の男鹿の肩の骨を丸抜きに抜いて、
天の香具山の天のハハカの木を採って、占いをさせて神意を伺わせました。

天の香具山の枝葉の茂ったサカキを根が付いたまま掘り取って、
上の枝に八尺の勾玉の沢山の連珠の付いたのを取り付け、
中の枝には八尺鏡(やたかがみ)を取り掛けて、
下の枝には木の皮で作った白い木綿(ゆう)と青い麻布を下げました。

これらの物をフトダマの命が布刀御幣(ふとみてぐら…神への贈り物)として捧げ、
アメノコヤネの命が神への祝詞を申し上げて、
アメノタヂカラオの命が岩戸の脇に隠れ立ちました。

アメノウズメの命は天の香具山の天の日影(ひかげ)をタスキにかけて、
天のツルマサキをかずらとして、
天の香具山の笹の葉を手に持てるように束ねて、
天の岩屋戸の前に、桶(おけ)を伏せて乗り、踏み轟かして神懸かりしました。
胸の乳房があらわに出て、裳のひもが解け、陰部まで押し下がって垂れました。
それを見て、高天原中に鳴り響くほど、八百万の神々がみんな大笑いしました。

 そこで、天照大御神は「変だ」と思って、天の岩屋戸を細めに開いて、
内側から言われました。
「私が籠っているので、天の原は自然と暗く、
また、葦原の中つ国もみんな暗いだろうと思ったのに、
どうして、アメノウズメは踊って、また、八百万の神もみんなで笑っているのか。」
と言いました。
そこで、アメノウズメが申し上げました。
「あなた様に増して、貴い神がいらっしゃいました。
それで、みんなで喜んで笑っているのです。」と。

そう申し上げる間に、アメノコヤの命と、フトダマの命はその鏡を差し出して、
天照大御神にお見せするので、天照大御神はますます変だと思って、
ちょっと戸から出て、ご覧になる時に、隠れて立っていたアメノタヂカラオの命が
その御手を取って引っ張り出しました。

すぐさま、フトダマの命が注連縄(しめなわ)を後ろに引き渡して、
申し上げました。
「これより、内側にはもうお戻りなさいますな。」
そうして、天照大御神が出て来られた時に、
高天の原も葦原の中つ国も、自然と明るくなりました。

スサノオの命の追放

その後、八百万の神々は協議して、
スサノオの命に千位(ちくら)の置き戸(多くのものを置く台)を背負わせ、
髯を切り、手足の爪も抜かせて、追放しました。

スサノオの命は食べ物をオオゲツヒメの神に乞いました。
すると、オオゲツヒメは鼻や口や尻からいろんな食べ物を取り出して、
いろいろと料理を作りそろえて献上しましたが、
スサノオの命はその様子を覗き見して、汚らわしいものを献上すると思って、
即座にオオゲツヒメを殺しました。

こうして、殺された神の体からは、
頭から蚕が生じ、両目からは稲の種が生じ、両耳からは粟が生じ、
鼻からは小豆が、陰部からは麦が、尻からは大豆が生じました。
これを見て、神ムスビノミオヤの命はこれを取らせて種としました。

                                        (つづく)


[PR]

高御産巣日神 (高木の神) (Ⅰ)

たかみむすひのかみ



 別天神(ことあまつかみ)五柱の出現

天と地が初めて開けた時、
高天の原(たかまのはら)に出現した神の名は
天の御中主(あめのみなかぬし)の神。

次に高御産巣日神(たかみむすひのかみ)。
次に神産巣日神(かみむすひのかみ)。
この三柱の神はみな独神(ひとりがみ)となって身を隠されました。

次に国土が出来たばかりで、浮いた油のようで、
クラゲのように漂っている時に、
葦の芽が牙のように大地を突き破って芽生えるように、
出現した神の名はウマシアシカビヒコヂの神。

次に、天の常立の神(あめのとこたち)の神。
この二柱の神もまた、独神(ひとりがみ)として、身を隠されました。

以上の五柱の神は特別な天(あま)つ神です。



豊葦原の国を手に入れるための相談 (高天原にて) 

天照大御神は、
「豊葦原(とよあしはら)の千秋(ちあき)の
長五百秋(ながいおあき)の水穂(みずほ)の国は
私の御子の正勝吾勝勝速日天忍穂耳命
(まさかつあかつかつはやひあめのおしほみみ)が治める国である。」
と命じて言われ、
その天忍穂耳命が天下りされました。

天忍穂耳命は天の浮橋にお立ちになったのですが、
「豊葦原の千秋の長五百秋の水穂の国はひどく騒いでいるなあ。」
と言って、戻って来て天照大神にその事を申し上げました。

そこで、高御産巣日神と天照大神は命じて、
天の安河の河原に八百万の神を集めて、
思金(おもいかね)の神に考えさせて、言われました。

「この葦原の中つ国は私の御子が治める国で、
私が委ねて与えた国である。
しかし、この国にはすばしこい荒ぶる国つ神どもが大勢いると思われる。
そこで、どの神かを使わして、帰順させてほしい。」と。

思金神や八百万の神が協議して言いました。
「天の菩比(あめのほひ)の神を遣わすのがよろしいでしょう。」と。

そこで天の菩比の神を遣わすと、
そのまま大国主の神に媚(こ)びて従って、
三年たっても戻って来ませんでした。

そこで高御産巣日神と天照大御神は多くの神々に尋ねられました。
「葦原の中つ国に遣わした天の菩比の神はずっと帰って来ない。
今度はどの神を遣わせばよいだろうか。」

そこで思金神が
「天津国玉の神の子、天の若日子(わかひこ)を
遣わすのがよいでしょう。」
と申し上げました。
これによって、天のマカコ弓、天のハハ矢を
天の若日子に授けて遣わしました。

天の若日子はその国に天下りすると、
すぐに大国主の神の娘の下照比賣(したてるひめ)を娶(めと)り、
またその国を自分の国にしようと思うようになって、
八年たっても戻って来ませんでした。

そこで天照大御神と高御産巣日神が他の神々に尋ねました。
「天の若日子はずいぶん経つのに戻って来ない。
また、誰か他の神を遣わして、
天の若日子が久しく留まる訳をたずねよう。」

そこで、諸神と思金神が
「雉(きじ)で、名前が鳴女(なきめ)という者を遣わしましょう。」
とお答え申し上げたので、鳴女に言われました。
「おまえが行って、天の若日子にこう尋ねよ。
『そなたを葦原の中つ国に使わしたのは、
その国の荒ぶる神どもを説得して帰順させよと言う事だった。
どうして、八年も経つのにまだ帰って来ないのか。』と。」

そこで鳴女は天下りして、天の若日子の家の門にある
湯津楓(ゆつかつら)の木に止まり、
天つ神の言われた通りに言いました。

すると、天の佐具賣(さぐめ)がこの鳥の言う事を聞いて、
天の若日子に言いました。
「この鳥は鳴き声がとても不吉です。射殺すべし。」
と進言すると、すぐに天の若日子は
天つ神が授けた天のハジ弓、天のカク矢を持って来て、
その雉を射殺しました。

すると、その矢は雉の胸を射通し、突き抜けて、
さかさまに高天原に射上げられて、
天の安河の河原にいる天照大御神と高木神の元に戻って来ました。

この高木神高御産巣日神の別の名です。

高木神がその矢を取って見ると、
血がその矢の羽についていました。
そこで、高木神は
「この矢は天の若日子に授けた矢だ。」
と言って、諸神に見せて言われました。

「もし、天の若日子が我々の命令に忠実で、
悪い神を射た矢が戻って来たのなら、
天の若日子には当たるな。
もし、反逆の心が有るなら、
天の若日子に当たって禍(わざわい)せよ。」
と言って、その矢を取って、
その矢が開けた中つ国との境の穴から、突き返すと、
天の若日子が朝、寝床に寝ている時、
その胸に当たって死んでしましました。
(これが還り矢の語源です。)

またその雉も戻って来ませんでした。
コトワザに「雉の頓使(ひたつかい)」(雉の行ったきり)
という謂われはここから来ています。



別天神

宇宙が混沌としていた時に、
出現した五柱の特別な神たち。
別天神(ことあまつかみ)と言います。

その中の二番目の神が高御産巣日神です。
別名、高木の神というのが文中に書いてありました。

ここで注目したいのは、
高木の神が常に天照大御神と一緒に
いるという事です。

高木の神には子供が二人いる
高木の神には思金神(おもいかねのかみ)という御子がいました。
諸神の中でいろいろとアイデアを出しています。
思金神は天照大御神が天の岩屋戸に籠もられた時に、
八百万の神が相談した折にも、アイデアを出した神です。
ここでも、具体的な案を次々に出しています。


高木の神にはもう一人子供がいます。
萬幡豊秋津師比賣の命(よろずはたとよあきつしひめ)です。
この姫と天忍穂耳が結婚して、
天の火明命(ほあかりのみこと)(ニギハヤヒ)と
ニニギノ命が生まれました。

天忍穂耳はニニギノ命が生まれたので、
天下りをニニギノ命に譲っています。

「独神」の訳について

高木神は独神と書かれていますが、
その訳が難しいのですが、
子供がいるので、
通説のとおりに、独身と訳すのは無理だという事が分かりました。
そのまま「ひとりがみ」としておきます。


弓矢の名が違う?

授けられた弓矢と使った弓矢の名前が違います。
古事記を書いた人が、
いくつかの話を合成して書いたので、
統一しそこなったのでしょうか…。


高木の神は以上の二か所と、もう二か所に出て来ます。
次回はこのつづきです。


[PR]
天宇受賣神 (Ⅰ) 

天照大御神(アマテラスオオミカミ)が天の岩屋戸を開いて
お籠りになりました。
すると、高天の原は暗く、葦原の中国(あしはらのなかつくに)は
さらに暗くなりました。

このために世の中は夜ばかりになりました。
すると、神々の声はハエの飛ぶ音のように、うるさいばかりになり、
多くの災いが起こりました。
そこで、八百万(やおよろず)の神が、天の安の河原にお集まりになって、
相談をされました。

タカミムスヒの神の子、オモイカネの神に考えさせました。

そうして、常世の国の長鳴き鳥を集めて鳴かせることにしました。
また、イシコリドメの命に鏡を、
タマノヤの命にヤサカ勾玉(まがたま)の首飾りを作らせました。
アメノコヤネの命とフトダマの命に男鹿の肩の骨で占いをさせました。(略)


それから、榊の枝の上の方にヤサカの勾玉を取り付け、
中の枝にはヤタの鏡を掛けて、
下の枝には白い綿と青い麻を下げさせました。


フトダマの命がこれらの物を神への贈り物として捧げ、
アメノコヤネの命が祝詞を申し上げて、
アメノタヂカラオの命が岩戸の脇に隠れ立ちました。

アメノウズメの命は天の香具山の天の日影(ひかげ)をタスキにかけて、
天のツルマサキをかずらとして、
天の香具山の笹の葉を手に持てるように束ねて、
天の岩屋戸の前に、桶(おけ)を伏せて乗り、踏み轟かして神懸かりしました。
胸の乳房があらわに出て、裳のひもが解け、陰部まで押し下がって垂れました。
それを見て、高天原中に鳴り響くほど、八百万の神々がみんな大笑いしました。 

 そこで、天照大御神は「変だ」と思って、天の岩屋戸を細めに開いて、
内側から言われました。
「私が籠っているので、天の原は自然と暗く、
また、葦原の中つ国もみんな暗いだろうと思ったのに、
どうして、アメノウズメは踊って、
また、八百万の神もみんなで笑っているのか。」
とおっしゃいました。

そこで、アメノウズメが申し上げました。
「あなた様に増して、貴い神がいらっしゃいました。
それで、みんなで喜んで笑っているのです。」と。

そう申し上げる間に、アメノコヤの命と、フトダマの命は
その鏡を差し出して、天照大御神にお見せするので、
天照大御神はますます変だと思われて、
ちょっと戸から出て、ご覧になる時に、
隠れて立っていたアメノタヂカラオの命がその御手を取って
引っ張り出しました。

すぐさま、フトダマの命がしめ縄を後ろに引き渡して、申し上げました。
「これより、内側にはもうお入りなさいますな。」

そうして、天照大御神が出て来られた時に、
高天の原も葦原の中つ国も、明るくなりました。

             * 

 それから、ずっと後のことです。
天照大御神の命で、ニニギノ命が葦原の中つ国に天降り(あまくだり)
なさろうとする時の事です。

天の八街(やちまた)に、上は高天の原を照らし、
下は葦原の中つ国を照らす神が立っていました。

それを見て、天照大御神と高木の神は、
アメノウズメの神に命じて言われました。

「そなたは力の弱い女であるが、敵対する神に会っても、
面と向かって気後れしない神である。
だから、そなた一人で行って尋ねなさい。
(我が御子の天降りする道の真ん中に立ち塞がっているのはどなたか。)」と。

そこで、アメノウズメの神が行って尋ねました。

すると、その神が答えて言いました。
「私は国つ神、名は猿田彦の神です。
こうして出て来たのは、天つ神の御子が天降りなさると聞いたので、
道案内をしようとして、参上しました。」

こうしてニニギノ命は、アメノコヤネの命、フトダマの命、
アメノウズメの命、イシコリドメの命、タマノヤの命、合わせて五人の
職人の長たちを連れて、天降りなさいました。

この時に、天照大御神は天の岩戸の時に作られたヤサカの勾玉と鏡、
草薙の剣、また、常世のオモイカネの神、タヂカラオの神、
アメノイワトワケの神をお伴として、お遣わしになりました。

そうして、天照大御神はニニギノ命に
「この鏡は我が御魂として、私に仕えるように仕えなさい。」
と言われました。

次に、オモイカネの神には
「高天原で政(まつりごと)をしたように、
中つ国でもニニギノ命を支えて、政をしなさい。」
とおっしゃいました。

こうして、ニニギノ命は天の石位(あまのいわくら)を離れ、
天の川を押し分けて、威風堂々と道をかき分けて、
天の浮橋にお立ちになって、
筑紫の日向の高千穂のクジフルタケに天降りなさいました。

それから、アメノオシヒの命とアマツクメの命の二人は
天の矢を入れる器を背負って、持ち手が丸い太刀を身につけ、
天のハジ弓を持ち、天のマカコ矢を手に挟み持ち、ご先導をしました。

 そうして、アメノオシヒの命がアマツクメの命に言いました。
「ここは韓国に向かい、カササの岬を通って、朝日のただ刺す国、
夕陽の照り映える国だ。だから、本当にいい所だぞ。」
そう言って、地中深く、高天の原にも届くような、宮柱を立てました。


 それから、ニニギノ命がアメノウズメの命におっしゃいました。
「われわれの先を案内して仕えてくれた、猿田彦の大神は、
出て来られた理由を直接尋ねたそなたがお送り申せ。
また、その神の御名をお前はもらって、お仕え申せ。」と。

                  *
 
 こうして、天孫降臨のお伴をしたアメノウズメの命は
猿女(さるめ)の君の先祖となりました。
猿女の君とは鎮魂祭の舞いや大嘗祭の前を歩いたりして奉仕する
祭祀関係の女官たちの事です。
この女官たちが猿田彦の名を付けているのはこれが由来です。

 その猿田彦の神がアザカにおられる時に、漁をして、
ひらぶ貝に手を挟まれて、海に沈んで溺れました。

 それで、海の底に沈まれた時の名を底ドク御魂と言い、
海水がぶくぶくと上がってくる時の名を、ツブタツ御魂と言い、
泡が水面で割れる時の名を、アワサク御魂と言います。

              *

その後の事です。
アメノウズメの命は、ある時、海辺で、
すべての魚、大きいものも小さいものも集めて、
「お前らは天つ神の御子にお仕え申すか。
(命を差し出して、献上用のお供え物になるか。)」
と尋ねたところ、
なぎさの魚たちは皆「お仕えします。」とお答えしましたが、
ナマコだけは、何も答えませんでした。

そこで、アメノウズメの命はナマコに言いました。
「お前の口は答えぬ口だ。」
と言って、紐小刀でその口を切り裂きました。
それ以来、ナマコの口は裂けるようになりました。

こうして、代々、島からの朝廷への貢物(みつぎもの)を献上する時には、
初物を猿女の君たちにお与えになりました。                                
                          



                            (Ⅱへつづく)
[PR]
スペルボーン(Spellborn)