とよたまひめ

豊玉姫 (Ⅰ)  和多都美神社 

 豊玉姫は綿津見(わたつみ)の宮に住んでいました。
ある日、豊玉姫のお付きの侍女が美しい器を持って、
水を汲もうと井戸に行きました。
すると井戸の底に光が写っています。
不思議に思って上を見ると、美しい男が枝の茂った桂の木に登っていました。
侍女はいぶかしく思いました。

 するとその男は、侍女に「水を下さい。」と言いました。
侍女は水を汲んで、持っていた玉器に入れて男に差し上げました。
ところが、その男は水を飲まないで、首飾りを外すと、玉を抜いて、
それを口に含んで、その玉器に唾と一緒にぱっと吐き入れました。
玉は器にくっついて、離れなくなりました。

 侍女は仕方なく、玉がついたままの器を豊玉姫に差し出しました。
姫はその玉を見て侍女に尋ねました。

「もしかしたら、宮の門の外に誰かいるのですか。」
「はい。井戸のそばの桂の木の上に男の人がいます。とても綺麗な人です。
王様の大綿津見(おおわだつみ)の神よりも貴いお方のようです。
その人が水を下さいと言うので、差し上げたら、
その水は飲まないで、この玉を吐いて入れたのです。
でも取れません。それで入れたまま持って帰りました。」
と侍女は言いました。

 そこで豊玉姫は変な事だと思って門の外に出て、その男を見ると、
一目惚れしてしまいました。
お互いにじっと見つめ合って恋に落ちました。

 豊玉姫は戻って父親に言いました。
「門の所に綺麗な男の人がいます。」
それを聞いて大綿津見の神が自ら出て見ると、
「おお、この方は天津日高(アマツヒコ)の御子の
虚空津日高(ソラツヒコ)様ですぞ。」
と言って、すぐに門の中に案内しました。
ソラツヒコはホオリノミコトという名前も持っています。

アシカの皮の敷物を八重に敷いて、その上に絹の敷物を八重に敷いて、
ホオリノミコトを座らせました。
それから百もの机に結納の品を置き、ごちそうを並べて、
娘の豊玉姫を妻として差し出しました。
こうして三年の間、二人は一緒に暮らしました。

 ある日、ホオリノミコトがタメ息をつきました。
豊玉姫はそのタメ息を聞いて父神に言いました。
「三年間ここに住まわれましたが、普段は嘆くようなことは無かったのに、
ゆうべ大きなタメ息をつかれました。何か訳があるのでしょうか。」

そこで、父神が婿に尋ねました。
「今朝、娘が言ったのですが、三年間ここに住んでいらっしゃって、
これまでは嘆く事もなかったのに、ゆうべ大きなタメ息をつかれたとか。
何か訳が有るのではありませんか。
また、この宮に来られたのは何故ですか。」

 そこでホオリノミコトは詳しく話をしました。
「私は3人兄弟で、一番下です。一番上の兄はホデリノミコトと言います。
その兄は海幸彦として魚を取って、
私は山幸彦として狩りをして毛皮を取っていました。

 ある時、私は兄に『お互いの道具を換えてみないか。』と持ちかけました。
三回頼んで、三回とも断られたけれども、ようやく『ちょっとだけなら』と、
交換してくれました。

 早速それで釣りをしたのですが、全く釣れなかった上に、
釣り針を失くしてしましました。

その後、兄が
『山サチはお前の道具。海サチは私の道具。さあ、元通りにしよう。』
と言って来ました。

 しかし、私が釣り針を失くしてしまったのが分かると、
返してくれと言って聞きません。
どうしようもないので、私の剣で500本の釣り針を作って、
償ったのですが、受け取ってくれませんでした。
それでさらに1000本作って償ったのですが、
『やはり元の釣り針がいる』と言います。

 私はどうしようもなくて、海辺で嘆いていたら、塩土の神がやって来て、
『どうして日の御子さまが泣いていらっしゃるのですか。』と聞いてきます。
それで事情を話すと、塩土の神は『よい考えがあります。』と言って、
竹で編んだ小船を作って、私を乗せてこう言いました。

『私がこの船を押し流します。
日の御子さまはそのまま潮の流れに乗って下さい。
すると、綿津見の神の立派な宮殿に着くでしょう。
その宮殿の門の所に井戸があって、桂の木が生えています。
その木の上で待っていると、海神の娘が出て来て、
相談に乗ってくれるでしょう。』
言われたままにしたら、こうやってこの宮殿に着いたのです。」

これを聞いて大綿津見の神は海中の大小の魚を呼び集めて、尋ねました。
「誰か、ホオリノミコトさまの釣り針を取った者はいないか。」
すると、答える者がいました。
「前に、鯛が喉に何かが刺さって物が食べられないと困っていました。
そいつが取ったのでしょう。」と。
そこで鯛の喉を調べると、釣り針が見つかりました。
すぐに取り出して、良く洗ってホオリノミコトに返しました。

その時に大綿津見の神はこんな事を教えました。
「この釣り針を兄上に返す時に、
『この釣り針はオボチ、スズチ、マヂチ、ウルヂ』
とおまじないを言って返して下さい。

そして、兄上が高い所に田んぼを作るなら、
あなたは低い所に田んぼを作って下さい。
兄上が低い所に作るなら、あなたは高い所に作って下さい。

私は水を支配していますから、三年の間で、
兄上が米がとれずに貧しくなるようにしてみせます。

もし、兄上がこれを恨んであなたに攻めて来たら、
潮満珠(しおみつたま)を出して溺れさせ、
もし困らせ過ぎたら潮乾珠(しおひるたま)を出して、
生かして懲らしめて下さい。」
と言って、潮満珠と潮乾珠を授けると、
すぐに和邇(ワニ=海亀)たちを呼び集めて、尋ねました。

「今から日の御子さまが葦原の中つ国にお帰りになる。
それぞれ何日で送り届けられるか申せ。」
それを聞いて、めいめいが自分の背丈から計算して言うと、
一尋和邇(ひとひろわに)が言いました。
「私は一日で送って還って来られます。」
「それなら、お前が送りなさい。
海の中を渡るときは、御子さまに怖い思いをさせてはならぬぞ。」
と言って、ホオリノミコトを和邇の背に乗せて、送り出しました。

 和邇は約束通りに、一日で送りました。
ホオリノミコトは和邇を返す時に、お礼に
身に付けていた紐のついた小刀をはずして、和邇の首に付けて返しました。
それからは、その一尋和邇は刀を持っている神という意味で、
サヒモチノ神と呼ばれるようになりました。

 さて、ホオリノミコトは大綿津見の神が詳しく教えてくれた通りにして、
その釣り針を兄のホデリノミコトに返しました。
そのために兄のホデリノミコトはだんだんと貧しくなって、
心がすさんでホオリノミコトを攻めようとしました。
そうすると、ホオリノミコトは潮満珠を出して、兄を溺れさせ、
助けを求めると、潮乾珠を出して救いました。
こうして悩ませ、苦しめた後に、ついにホデリノミコトは頭を地につけて、
ホオリノミコトに言いました。

「私はこれからは、あなたの昼夜の守り人と成って、お仕えします。」と。
こう言う訳で、ホデリノミコトは隼人の祖となって仕えるようになりました。
そして隼人の舞という形で溺れた時の様子を今に伝えています。
 

[PR]
by himeluna | 2009-10-02 13:36 | 豊玉姫
スペルボーン(Spellborn)