アメノウズメの神 (Ⅰ)

天宇受賣神 (Ⅰ) 

天照大御神(アマテラスオオミカミ)が天の岩屋戸を開いて
お籠りになりました。
すると、高天の原は暗く、葦原の中国(あしはらのなかつくに)は
さらに暗くなりました。

このために世の中は夜ばかりになりました。
すると、神々の声はハエの飛ぶ音のように、うるさいばかりになり、
多くの災いが起こりました。
そこで、八百万(やおよろず)の神が、天の安の河原にお集まりになって、
相談をされました。

タカミムスヒの神の子、オモイカネの神に考えさせました。

そうして、常世の国の長鳴き鳥を集めて鳴かせることにしました。
また、イシコリドメの命に鏡を、
タマノヤの命にヤサカ勾玉(まがたま)の首飾りを作らせました。
アメノコヤネの命とフトダマの命に男鹿の肩の骨で占いをさせました。(略)


それから、榊の枝の上の方にヤサカの勾玉を取り付け、
中の枝にはヤタの鏡を掛けて、
下の枝には白い綿と青い麻を下げさせました。


フトダマの命がこれらの物を神への贈り物として捧げ、
アメノコヤネの命が祝詞を申し上げて、
アメノタヂカラオの命が岩戸の脇に隠れ立ちました。

アメノウズメの命は天の香具山の天の日影(ひかげ)をタスキにかけて、
天のツルマサキをかずらとして、
天の香具山の笹の葉を手に持てるように束ねて、
天の岩屋戸の前に、桶(おけ)を伏せて乗り、踏み轟かして神懸かりしました。
胸の乳房があらわに出て、裳のひもが解け、陰部まで押し下がって垂れました。
それを見て、高天原中に鳴り響くほど、八百万の神々がみんな大笑いしました。 

 そこで、天照大御神は「変だ」と思って、天の岩屋戸を細めに開いて、
内側から言われました。
「私が籠っているので、天の原は自然と暗く、
また、葦原の中つ国もみんな暗いだろうと思ったのに、
どうして、アメノウズメは踊って、
また、八百万の神もみんなで笑っているのか。」
とおっしゃいました。

そこで、アメノウズメが申し上げました。
「あなた様に増して、貴い神がいらっしゃいました。
それで、みんなで喜んで笑っているのです。」と。

そう申し上げる間に、アメノコヤの命と、フトダマの命は
その鏡を差し出して、天照大御神にお見せするので、
天照大御神はますます変だと思われて、
ちょっと戸から出て、ご覧になる時に、
隠れて立っていたアメノタヂカラオの命がその御手を取って
引っ張り出しました。

すぐさま、フトダマの命がしめ縄を後ろに引き渡して、申し上げました。
「これより、内側にはもうお入りなさいますな。」

そうして、天照大御神が出て来られた時に、
高天の原も葦原の中つ国も、明るくなりました。

             * 

 それから、ずっと後のことです。
天照大御神の命で、ニニギノ命が葦原の中つ国に天降り(あまくだり)
なさろうとする時の事です。

天の八街(やちまた)に、上は高天の原を照らし、
下は葦原の中つ国を照らす神が立っていました。

それを見て、天照大御神と高木の神は、
アメノウズメの神に命じて言われました。

「そなたは力の弱い女であるが、敵対する神に会っても、
面と向かって気後れしない神である。
だから、そなた一人で行って尋ねなさい。
(我が御子の天降りする道の真ん中に立ち塞がっているのはどなたか。)」と。

そこで、アメノウズメの神が行って尋ねました。

すると、その神が答えて言いました。
「私は国つ神、名は猿田彦の神です。
こうして出て来たのは、天つ神の御子が天降りなさると聞いたので、
道案内をしようとして、参上しました。」

こうしてニニギノ命は、アメノコヤネの命、フトダマの命、
アメノウズメの命、イシコリドメの命、タマノヤの命、合わせて五人の
職人の長たちを連れて、天降りなさいました。

この時に、天照大御神は天の岩戸の時に作られたヤサカの勾玉と鏡、
草薙の剣、また、常世のオモイカネの神、タヂカラオの神、
アメノイワトワケの神をお伴として、お遣わしになりました。

そうして、天照大御神はニニギノ命に
「この鏡は我が御魂として、私に仕えるように仕えなさい。」
と言われました。

次に、オモイカネの神には
「高天原で政(まつりごと)をしたように、
中つ国でもニニギノ命を支えて、政をしなさい。」
とおっしゃいました。

こうして、ニニギノ命は天の石位(あまのいわくら)を離れ、
天の川を押し分けて、威風堂々と道をかき分けて、
天の浮橋にお立ちになって、
筑紫の日向の高千穂のクジフルタケに天降りなさいました。

それから、アメノオシヒの命とアマツクメの命の二人は
天の矢を入れる器を背負って、持ち手が丸い太刀を身につけ、
天のハジ弓を持ち、天のマカコ矢を手に挟み持ち、ご先導をしました。

 そうして、アメノオシヒの命がアマツクメの命に言いました。
「ここは韓国に向かい、カササの岬を通って、朝日のただ刺す国、
夕陽の照り映える国だ。だから、本当にいい所だぞ。」
そう言って、地中深く、高天の原にも届くような、宮柱を立てました。


 それから、ニニギノ命がアメノウズメの命におっしゃいました。
「われわれの先を案内して仕えてくれた、猿田彦の大神は、
出て来られた理由を直接尋ねたそなたがお送り申せ。
また、その神の御名をお前はもらって、お仕え申せ。」と。

                  *
 
 こうして、天孫降臨のお伴をしたアメノウズメの命は
猿女(さるめ)の君の先祖となりました。
猿女の君とは鎮魂祭の舞いや大嘗祭の前を歩いたりして奉仕する
祭祀関係の女官たちの事です。
この女官たちが猿田彦の名を付けているのはこれが由来です。

 その猿田彦の神がアザカにおられる時に、漁をして、
ひらぶ貝に手を挟まれて、海に沈んで溺れました。

 それで、海の底に沈まれた時の名を底ドク御魂と言い、
海水がぶくぶくと上がってくる時の名を、ツブタツ御魂と言い、
泡が水面で割れる時の名を、アワサク御魂と言います。

              *

その後の事です。
アメノウズメの命は、ある時、海辺で、
すべての魚、大きいものも小さいものも集めて、
「お前らは天つ神の御子にお仕え申すか。
(命を差し出して、献上用のお供え物になるか。)」
と尋ねたところ、
なぎさの魚たちは皆「お仕えします。」とお答えしましたが、
ナマコだけは、何も答えませんでした。

そこで、アメノウズメの命はナマコに言いました。
「お前の口は答えぬ口だ。」
と言って、紐小刀でその口を切り裂きました。
それ以来、ナマコの口は裂けるようになりました。

こうして、代々、島からの朝廷への貢物(みつぎもの)を献上する時には、
初物を猿女の君たちにお与えになりました。                                
                          



                            (Ⅱへつづく)
[PR]
スペルボーン(Spellborn)