伊邪那伎の命(3) 黄泉の国に妻を捜しに行く

伊邪那伎の命(3) 

黄泉の国に妻を捜しに行く



黄泉の国の食べ物を食べてしまった妻


 イザナギの命は、亡くなってしまったイザナミの命に会いたいと思って、
黄泉の国に追って行きました。
イザナミの命はそれを聞いて、御殿の閉ざされた戸から出て、夫を迎えに出ました。
イザナギの命は説得して言いました。
「いとしい私の妻よ、私とそなたと作った国はまだ、出来上がっていない。
だから、戻ってくれ。」

イザナミの命が答えて、言いました。
「悔(くや)しいです。もっと早く来て下さったらよかったのに。
私は、黄泉の国の食べ物を食べてしまいました。
けれども、いとしいあなたがこんな所まで来て下さったなんて、畏れ多い事。
それなら、私も戻りたいから、しばらく黄泉の国の神と交渉して来ます。
それまで、私を見ないでください。」

約束を破って妻の亡骸を見てしまう

 こうして、御殿の中に帰って行った妻を待つ間、
イザナギの命はひどく長く待たされて、待ちきれなくなってしまいました。
そこで、ミズラに結った髪の左に刺したユツツマ櫛(ぐし)の端っこの
太い所を一本、折って、火を灯して中に入って見ると、
妻の亡骸にはウジがモゾモゾとたかっていて、

頭には大雷(おおいかづち)がいて、
胸には火雷(ほのいかづち)がいて、
腹には黒雷がいて、
陰部には析雷(さきいかづち)がいて、
左の手には若雷がいて、
右の手には土雷がいて、
左の足には鳴雷(なりいかづち)がいて、
右の足には伏雷(ふしいかづち)がいて、
合わせて八柱の雷神が生まれていました。

イザナギは逃げる

 イザナギの命はそれを見て恐れをなして逃げて帰りました。
イザナミの命は「私に恥をかかせた。」と言って、
すぐに黄泉の国のシコメを遣(つか)わして追い掛けさせました。

それを見て、イザナギの命が黒い髪飾りを取って投げ捨てると、
たちまちにブドウの実がなりました。
黄泉の国のシコメがこれを拾って食べている間に、逃げて行きましたが、
さらに追い掛けて来たので、
右のミズラに刺したユツツマ櫛を取って投げ捨てると、
たちまちにタケノコが生えて来ました。
シコメがこれを抜いて食べている間に、さらに逃げました。

 この後、イザナミの命はさっきの八柱の雷神に
千五百(ちいお)の黄泉国の軍勢を添えて追わせました。
すると、イザナギの命は身に付けていた十拳剣(とつかのつるぎ)を抜いて、
後ろ手に振りながら逃げて行きました。
軍勢はさに追いかけて来て、黄泉ひら坂(よもつひらさか)のふもとに着きました。
その時、イザナギの命が、そこに、なっていた桃の実を三つ取って、
待ち構えて投げつけると、みんな逃げて帰りました。

そこで、イザナギの命はその桃の実に言いました。
「お前は、私を助けてくれたようにして、
葦原の中つ国にいるすべての青人草(あおひとくさ=人々)が
苦しい瀬に落ちて憂(うれ)い悩む時に助けてあげなさい。」
と言って、オオカムヅミの命と名を授けました。

夫婦の絶縁

 最後に、イザナミの命がみずから追いかけて来ました。
そこで、イザナギの命は千引(ちびき)の岩を
その黄泉ひら坂(よもつひらさか)に引いて塞いで、その岩を間に置いて、
互いに向かい合って立ち、イザナギの命が絶縁の言葉を言い渡しました。
すると、イザナミの命は
「いとしいあなた。
こんな事をするなら、あなたの国の人々を一日に千人、くびり殺します。」
と言いました。

そこで、イザナギの命が言いました。
「いとしいわが妻よ、そなたがそんな事をするなら、
私は一日に千五百の産屋を建てよう。」
こういう事から、一日に必ず千人死に、一日に必ず千五百人生まれるようになりました。


 こうして、そのイザナミの命を名づけて、黄泉津大神(よもつおおかみ)と言います。
また、一説には、追いついたという意味で道敷(ちしき)の大神と名付けたと言います。

 また、その黄泉の坂で塞いだ岩は道反(ちがえし)の大神と名付け、
また、塞がっている黄泉戸(よみど)の大神とも言います。
その黄泉比良坂(よもつひらさか)は、
今、出雲の国の伊賦夜(いふや)坂と言います。

                                          (つづく)
[PR]
スペルボーン(Spellborn)