阿波岐が原でミソギをする

伊邪那伎の命(4)

橘の小戸の阿波岐が原でミソギをする


身につけた物を脱ぎ棄てると神々が生まれた

 こうして、黄泉の国から戻って来たイザナギの大神は、
「私はひどく汚い所に行ってしまったんだなあ。
だから、身体を禊いで清めよう。」
と言って、竺紫(つくし)の日向の橘の小門の阿波岐(あはき)原に行って、
禊祓いをされました。

 そこで、投げ捨てた御杖に生まれた神の名は、撞立船戸(つきたつふなど)の神
次に、投げ捨てた御帯に生まれた神の名は、道の長乳歯(ながちは)の神。
次に投げ捨てた御袋に生まれた神の名は、時量師(ときはかし)の神。

次に投げ捨てた御衣に生まれた神の名はワヅラヒノウシの神。
次に投げ捨てた御褌(みはかま)に生まれた神の名は、道俣(ちまた)の神。
次に投げ捨てた御冠(みかがふり)に生まれた神の名は、
飽咋(あきぐひ)のウシノの神。

次に投げ捨てた左の御手の手巻に生まれた神の名は、奥疎神(おきざかるのかみ)
次に奥津ナギサビコの神。
次に奥津カヒベラの神。

次に投げ捨てた右の御手の手巻に生まれた神の名は、辺疎(へざかる)の神。
次に辺津ナギサビコの神。
次に辺津カヒベラの神。

以上の船戸の神から辺津カヒベラの神までの十二神は、
身につけるものを脱いだ事で生まれた神である。


水で身体を清めると神々が生まれた

 それから、
「上の瀬は流れが速い。下の瀬は流れが弱い。」と言って、
初めて中の瀬に潜って、すすいだ時に生まれた神の名は、
八十禍津日(やそまがつひ)の神。
次に大禍津日(おおまがつひ)の神。
この二神は、そのけがらわしい国に行った時の穢れによって生まれた神です。

つぎにその禍(まが)を直そうとして、生まれた神の名は
神直毘(かむなおび)の神。
大直毘(おおなおび)の神。
次にイヅノメの神。

次に水の底にすすぐ時に生まれた神の名は、
底津綿津見(そこつわたつみ)の神。
次に底筒(そこつつ)の男(お)の命。

中にすすぐ時に生まれた神の名は、
中津綿津見の神。
次に中筒の男の命。

次に水の上にすすぐ時に生まれた神の名は、
上(うは)津綿津見の神。
次に上筒(うはつつ)の男の命。

この三柱の綿津見の神は、阿曇(あづみ)の連(むらじ)らが
祖神(おやがみ)として、お仕えする神です。
また、阿曇の連たちは、その綿津見神の子の
ウツシ日金作拆(ひがなさく)の命の子孫です。

その底筒の男の命、中筒の男の命、上筒の男の命の三柱の神は、
墨の江の三前(みまえ)の大神です。


最後に三貴子が生まれた

それから、左の御目を洗う時に生まれた神の名は天照大御神。
次に右の御目を洗う時に生まれた神の名は、月読の命。
次に御鼻を洗う時に生まれた神の名は、建速(たけはや)スサの男の命。

(以上の八十禍津日(やそまがつひ)の神から建速スサの男の命までの
十四柱の神は身体をすすぐ事で生まれた神です。)


イザナギの命は三貴子に国を授けた

この時イザナギの神は大変喜んで言いました。
「私は子供を生みに生んで、最後の最後に三柱の貴い子が出来た。」と。
すぐに首にかけていた首飾りの玉のひもをゆらゆらと揺らして、
天照大御神に授けて言いました。
「そなたは高天の原を治めなさい。」
とお任せになりました。
その首飾りの玉の名は御倉板挙(みくらたな)の神と言います。
次に月読の命に、
「そなたは夜の食国(おすくに)を治めなさい。」
と言ってお任せになりました。
次に健速スサの男の命に言いました。
「そなたは海原(うなはら)を治めなさい。」
とお任せになりました。


スサノオの命は追放される

こういう事で、それぞれがお言葉に従って、
授けられた国を治めておいでになる中で、
スサノオの命は命ぜられた国を治めないで、
ヒゲが胸のところに伸びるまでひどく泣きました。

その泣く様子は、青い山は枯れるまで、川や海は干上がるほどでした。
そのために、悪い神の声はハエがワンワンとたかるように満ちて、
いろんな災いが起こるようになりました。

そこで、イザナギの命がスサノオの命に尋ねました。
「どうしてそなたは授けた国を治めないで泣きわめくのだ。」
「わたくしめは亡き母の国、根の堅洲国に行きたくて、泣いています。」
とスサノオの命は答えました。

すると、イザナギの大神は大変怒って言いました。
「それなら、そなたはこの国に住んではならない。」
と言って、そのまま、追放されました。

こうして、そのイザナギの大神は淡海(おうみ)の多賀に鎮座されています。


イザナギの命の禊の場所はこんな所?

橘の小戸のアワキが原が何箇所か候補に挙げられていますが、
阿曇族の聖地を探すうちに、
人に知られていない、阿波岐が原を見つけました。
ひもろぎ逍遥』の「志賀海神社(2)沖津宮と小戸
で紹介しています。
とても、美しい海です。

阿曇族の本拠地については、「志賀海神社」「志式神社」にて。
筑紫の「多賀神社」はもうすぐUPの予定です。

[PR]
スペルボーン(Spellborn)