猿田彦の溺れ方は、さそり座の沈むようすを物語にした?

猿田彦の神(2)

猿田彦の溺れ方は、
さそり座の沈むようすを物語にした?


さそり座のシッポにある赤い星は、シャウラ星と言います。
それをかつては猿田の星とか、猿女の星とか呼んだ時代があったそうです。
ニニギノ命がアメノウズメに「名前を貰ってお仕えせよ」と言ったのは、
この赤い星が二人の星だからでしょうか。

その赤いシャウラ星を含むさそり座を、猿田彦の手ではないかと想像すると、
天秤座ひらぶ貝に見えて来ました。

そんな仮説を立てて、星座ソフトで時間の経過を見ていたら、
思いがけない事が起こりました。
なんと、ひらぶ貝が猿田彦の手を挟んだまま、沈んで行ったのです。
おおお。この猿田彦の死は星座の運行だ…。

そこで、それを再現してみました。

200年の6月21日の南の空のようすです。

①夏の日が暮れると、南の空にまず赤い猿太星(シャウラ)が出て来ます。
赤い星から連なる青い星が猿田彦の腕と手です。
その指をひらぶ貝(てんびん座)が挟んでいます。
ひらぶ貝の方が高い所にあります。
この二つの位置関係を覚えておいて下さい。

c0213541_1663496.jpg

②時間が経過するにつれて、ひらぶ貝のほうが高度を下げて来ます。
4時間経後には猿太星とひらぶ貝が並びます。

c0213541_1691567.jpg

③さらに2時間経つと、ひらぶ貝が先に沈んで行きます。
続けて猿太星が引っ張られるようにして、沈んでいきました。
そのあと、天の川の星雲や星団が次々に沈んで行きます。
その星団はまるで泡のように見えました。

c0213541_1695949.jpg


昔は夜空の星を覚えるために、こんな神話を作りだしたのではないでしょうか。
砂浜で、大人がそんな話をしてあげると、
子供が喜んで聞いているようすが目に浮かびます。

ピンク色の星座はアメノウズメの髪飾りです。
そうすると、夫を必死で引っ張って止めようとする、
悲しい姿が浮かびます。
神話の続きにはこんな部分もあったのかも知れません。
(アメノウズメの所でも、同じ話を紹介しています。
しばらくしたら、そちらを整理します。)
[PR]
by himeluna | 2010-03-16 16:14 | 猿田彦
スペルボーン(Spellborn)