葛城襲津彦(2)娘と孫を天皇に嫁がせた。

                                   【古事記】   

葛城襲津彦(2)

ソツビコの娘は天皇に嫁ぎ、三人の皇子が天皇になった。
  
【仁徳天皇の巻】

大雀(おおさざき)命仁徳天皇)は難波の高津宮で、天下を治めました。この天皇は葛城のソツビコの娘、イワノヒメの命を娶って、生まれた御子は大江のイザホワケの命。次に墨江(すみのえ)の中津王。次に蝮(たぢひ)のミヅハワケ命、次にヲアサヅマワクゴ宿禰の命。四柱。

又、前述した日向の諸縣(もろがた)の君・牛諸(うしもろ)の娘、髪長姫を娶って、生まれた御子はハタビノオオイラツコ(=大日下王)。次に、ハタビノ若郎女(=ナガヒヒメの命=若日下部命)二柱。
又異母妹八田若郎女を娶りました。また異母妹ウヂノ若郎女を娶りました。この二柱には御子がありませんでした。
この大雀天皇の御子たちは合せて六王です。男王5柱。女王1柱。

そのうち、イザホワケの命は天下を治めました。(履中天皇)
次に蝮のミヅハワケの命も天下を治めました。(反正天皇)
次にヲアサヅマワクゴの宿禰の命もまた、天下を治めました。(允恭天皇)

この天皇の御世に大后イワノヒメの御名代(みなしろ)として、葛城部を定め、
また皇太子イザホワケの命の御名代として、壬生部(みぶべ)を定め、
またミヅハワケの命の御名代として、蝮部(たぢひべ)を定め、
また大日下の王の御名代として、大日下部を定め、
若日下部の王の御名代として、若日下部を定めました。

又、秦人(はたびと)を使役して茨田(まむだ)の堤及び、茨田の三宅を作り、又、丸邇(わに)の池依網(よさみ)の池を作り、又難波の堀江を掘って海に通わせ、又小椅(おばし)の江を掘り、又墨江の津を定めました。

※御名代…天皇、皇后、皇子、皇女の名を後世に残し伝えるために、ちなんだ名をつけて設置された部民。

ソツビコの孫も天皇に嫁がせた

【履中天皇の巻】

仁徳天皇の皇子・イザホワケの命はイワレの若櫻の宮で、天下を治めました。この天皇は葛城のソツビコの子・葦田の宿禰の娘、名は黒比売を娶って、生まれた御子は市の辺のオシハの王。次に御馬(みま)の王。次に妹青海(あをみ)の郎女(=飯豊郎女)。三柱。

c0213541_20111185.gif


古事記は以上、系図のみでした。次回から、日本書紀です。



c0213541_219724.gif



[PR]
by himeluna | 2010-12-08 20:16 | 葛城襲津彦かづらきそつひこ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://himeluna.exblog.jp/tb/15508284
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
スペルボーン(Spellborn)