人気ブログランキング |

ニギハヤヒ(4)長髄彦は防戦に成功したが、敵軍は再び攻撃して来た。

                                    【日本書紀】
饒速日命(4)

 長髄彦は防戦に成功したが、敵軍は再び攻撃して来た。  

〔神武天皇の巻のつづき〕

イワレビコ命(天皇)たちは、速吸の門、宇佐、岡の水門、安芸の国、吉備の国、難波を経て、河内の国草香邑の白肩の津に至った。

夏4月9日にイワレビコ命の軍勢は武器と馬をととのえて、歩いて竜田に向かいました。しかし、その道は狭く険しく、並んで行く事が出来ませんでした。いったん戻って、さらに東の肝駒(いこま)山を越えて、中のクニに入ろうとしました。

それを長髄彦が聞いて、
「天神の御子たちがやって来るのは、きっと我が国を奪おうとしているのだろう。」
と言って、すぐに従えていた軍勢を決起させて、進路をさえぎって、クサカエの坂で対戦しました。流れ矢がイツセの命の肱脛(ひじはぎ)に当たりました。イワレビコ命の軍勢は進軍して戦う事が出来なくなりました。

イワレビコ命は憂いましたが、閃きを心に浮かべて言いました。
「私は日の神の子孫なのに、日に向かって敵を討ったのは天の道に逆らっていた。いったん退いて弱い事を神に示して、神々を祀って、背中に日の神の威光を背負ってお蔭をいただいて敵を襲うのがよい。こうすれば刃に血を塗る事もなく、必ず敵はおのずから敗れるだろう。」と。
皆、「もっともです。」と賛同しました。

そこで、軍勢に命じて、
「しばし留まる。進軍せず。」と言いました。すぐに軍勢を引いて、退却しました。敵は追って来ませんでした。退却して草香の津に着いて、楯を立てて雄たけびをしました。そこで改めて、その津を盾津と呼ぶようになりました。今蓼津(たでつ)というのは訛りです。
その後、イツセの命は傷が悪化して亡くなる。イワレビコ命は八咫烏を得て、エウカシ、エシキなど次々に討っていった。

12月4日にイワレビコ命の軍勢はついに長髄彦を攻撃しました。何度も交戦して、勝つ事が出来ませんでした。その時、急に空が陰って氷雨が降り出しました。すると、金色の神々しいトビが飛んで来て、イワレビコの弓のハズに止まりました。そのトビは稲光のように光り輝きました。

その為に、長髄彦の軍勢は皆まぶしさに目がくらんで戦えなくなりました。長髄とはムラの名前です。それを人の名前に付けていました。イワレビコ命の軍勢のトビの瑞祥が起こったので、時の人はトビのムラと名付けました。今、鳥見(とみ)というのは訛りです。

イワレビコの命はイツセの命がクサカエの戦いで矢に当たって亡くなった事を忘れず、恨み続けて、敵を殺そうと思っていました。

c0213541_219724.gif



スペルボーン(Spellborn)