人気ブログランキング |

大国主神(2)八十神

                                   【古事記】   

大国主神(2)

八十神

こうして、八上姫八十神に答えて、
「わたしは、みなさんの求婚には応えられません。大穴牟遅神と結婚します。」と言いました。八十神は怒って、大穴牟遅神を殺そうと話し合って、伯伎(ははき)の国手間(てま)の山の麓に着いて言いました。
「赤いイノシシがこの山にいる。私たちが追い落とすから、お前は下で待って受け止めろ。ちゃんと受け止めなければお前を殺すぞ。」
と言って、イノシシに似た大石を火で焼いて、転がして落としました。

大穴牟遅神は八十神が落とした焼け石を受け止めて、やけどをして死にました。
それを知った母神は泣き憂い、天に上って神ムスヒの命に訴えると、すぐにキサ貝姫(赤貝)とウムギ姫(はまぐり)を遣わして、治療して生き返らせました。その時、キサ貝姫は赤貝を削った粉を集めて、ウムギ姫はハマグリの汁で練って塗りこむと、大穴牟遅神は麗しい男に蘇って出歩くようになりました。

それを見た八十神はまた大穴牟遅神をだまして山に連れて行って、大木を切り倒してクサビを打ち込み、その隙間に入らせると、クサビを外して打ち殺しました。

それを知った母神は泣きながら我が子を探し求めて見つけると、すぐにその木を折って、大穴牟遅神を引っ張り出して生き返らせて言いました。
「そなたがここにいたら、最後には八十神に殺されてしまう。」
と言って、すぐに木の国オオヤビコ神の所にこっそりと行かせました。

八十神は大穴牟遅神を探し求めて、ついに見つけると矢をつがえて、こちらに渡すように求めると、オオヤビコ神は(住処の)木の股からこっそりと逃がしながら言いました。
スサノオの命のいらっしゃる根の堅洲国(かたすくに)に行きなさい。きっと大神が力になってくれるでしょう。」と。


c0213541_219724.gif



スペルボーン(Spellborn)