大国主神(8)アヂシキ高日子根の神

                                   【古事記】   

大国主神(8)

アヂシキ高日子根の神

天の若日子の妻の下照姫の泣く声は、風に乗って響き、天に届きました。

天にいる天の若日子の父の、天津国玉の神とその妻子が聞いて、天下りして泣いて悲しんで、そこに喪屋を作って、川雁をキサリ持ち(死者の食べ物を持つ)とし、鷺をハハキ持ち(ほうきを持つ)とし、カワセミを御食人(みけびとー食べ物を司る)とし、雀を碓女(うすめー米をつく)とし、雉を泣き女と定めて、八日八夜、歌舞をしました。

この時,アヂシキ高日子根の神が来て天の若日子の喪を弔う時、顔形が余りに似ていたので、天の若日子の父もまたその妻も泣いて言いました。
「我が子は死んではいなかった。我が君は死んではいなかった。」と言って、手足に取りすがって泣きました。親でさえ、間違うほど二人はそっくりでした。

すると、アヂシキ高日子根の神は大変怒って、
「私は親しい友達だったから弔いに来たんだ。私をなんで穢れた死人と間違えるんだ。」
と言って、身に帯びていた十握剣(とつかのつるぎ)を抜いて、その喪屋を切り倒し、足で蹴散らしました。

この場所は美濃の国の藍見川の川上の喪山です。切り倒した太刀は大量(おおはかり)と言い、別名・神度剣(かむどのつるぎ)と言います。

こうして、アヂシキ高日子根の神が怒って飛び去った時、その妹の高ヒメの命はその名前を教えて、人違いだという事をはっきりさせておこうと思い、歌を詠みました。
  天にいる 機織り女が 
  首にかけている 玉の御統(みすまるーネックレス)
  御統の穴あきの玉が光輝くように
  谷を二つも光り輝かせる 雷光の神
  アヂシキ高日子根の神は この方ですよ。
と歌いました。この歌は鄙振り(ひなぶりー田舎風の歌)です。
    (つづく)


c0213541_219724.gif



スペルボーン(Spellborn)